医療・医薬・福祉

公益財団法人 日本糖尿病財団、糖尿病領域に係る革新的な研究を助成するための「第1回 日本糖尿病財団・ノボ ノルディスク ファーマ研究助成」の募集を11月1日より開始

ノボ ノルディスク ファーマ株式会社

公益財団法人 日本糖尿病財団 (理事長:岩本安彦、所在地:東京都文京区) は、ノボ ノルディスク ファーマ株式会社 (代表取締役社長:オーレ ムルスコウ ベック、本社:東京都千代田区) が資金提供を行う「第1回 日本糖尿病財団・ノボ ノルディスク ファーマ研究助成」の募集を2021年11月1日より開始することをお知らせします。

この「日本糖尿病財団・ノボ ノルディスク ファーマ研究助成」は、糖尿病研究のより一層の発展に貢献することを目的に、今年設立されました。助成対象課題は「糖尿病と心血管疾患や腎症に関する研究 (ノボ ノルディスク ファーマ株式会社の製品に関する臨床研究を除く)」です。

<日本糖尿病財団・ノボ ノルディスク ファーマ研究助成概要>
● 応募方法:日本糖尿病財団ホームページより申請書をダウンロードし、A3用紙に両面印刷して1枚にまとめ、
       原本およびコピー10部を日本糖尿病財団に送付する
● 募集期間:2021年11月1日から2022年1月11日 (必着)
● 応募要件:日本国内に在住する研究者であり、所属する施設長の推薦を受けていること。
       但し、昨年度に日本糖尿病財団から助成を受けている方、および本年度の同時募集研究助成の
       重複応募は不可とする
● 推薦者:推薦者は施設長 (学長・学部長・病院長・研究所長) とし、1施設、1推薦者から原則1件とする
● 選考方法:日本糖尿病財団選考委員会において選考し、理事会で決定する。
       2022年2月末日までに応募者および推薦者に採否を通知する
● 研究助成金:1件100万円以内とし、20件程度。2022年3月中に交付する
● 研究助成金の使途:研究助成金の交付対象となる経費は、研究に要する物品の購入費用等、
           研究推進に必要な費用とする
● 研究期間:2022年4月1日から2023年3月31日までの1年間

本研究助成への詳しい応募方法および申請用紙の取得は、日本糖尿病財団のホームページをご確認ください。
http://www.j-df.or.jp/grant.html ) (11月1日、18時サイト公開予定)

公益財団法人 日本糖尿病財団について
日本糖尿病財団は、平成3年9月に設立された厚生労働省認可の財団法人です。その後、公益法人改革に伴い、行政庁 (内閣府) より公益財団法人の認可を得、平成25年4月1日に公益財団法人に移行しました。糖尿病に関する調査研究の実施および助成、ならびに糖尿病に関する正しい知識の普及・啓発活動の実施および助成、糖尿病に関する国際交流活動の実施および助成、糖尿病に関する印刷物の刊行など、さまざまな事業を行い、もって国民の健康の増進に寄与することを目的としています。

ノボ ノルディスクについて
ノボ ノルディスクは、1923年創立のデンマークに本社を置く世界有数のヘルスケア企業です。私たちのパーパスは、変革を推進し、糖尿病および肥満症、血液系希少疾患、内分泌系希少疾患などのその他の深刻な慢性疾患を克服することです。その目的達成に向け、科学的革新を見出し、医薬品へのアクセスを拡大するとともに、病気の予防ならびに最終的には根治を目指して取り組んでいます。ノボ ノルディスクは現在80カ国に約4万5,800人の社員を擁し、製品は約170カ国で販売されています。日本法人のノボ ノルディスク ファーマ株式会社は1980年に設立されました。詳細はウェブサイトをご覧ください。(www.novonordisk.co.jp)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)