広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

バイオシミラーの市場規模、2026年に447億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「バイオシミラーの世界市場 (~2026年):製品 (モノクローナル抗体 (インフリキシマブ・リツキシマブ・トラスツズマブ)・インスリン・インターフェロン・エタネルセプト・グルカゴン・カルシトニン)・適応症 (癌・慢性疾患・血液疾患・自己免疫疾患)・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を11月1日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/mama1031216-biosimilars-market-by-product-monoclonal.html




バイオシミラーの市場規模は、2021年の156億米ドルからCAGR23.5%で成長し、2026年には447億米ドルに達すると予測されています。市場成長の主な要因は、慢性疾患の発生率の上昇と、費用対効果の高さからバイオシミラーの需要が高まっていることです。また、各国の規制当局の承認やその他の規制がバイオシミラーの採用を後押ししていることも、市場の大きな推進要因となっています。一方、バイオシミラーの開発・製造が複雑であることや、基準となる生物学的製剤メーカーからの抵抗が、今後の市場の成長を抑制することが予想されます。


牽引要因:バイオシミラー医薬品の費用対効果からの需要増加

American Journal of Managed Careによると、バイオシミラー医薬品の価格は、親医薬品やブランド品に比べて約20~30%低く設定されています。つまり、バイオシミラー医薬品を採用することで、患者はコスト削減と効果の高い治療を受けることができます。バイオシミラーは、革新的な生物製剤に比べて研究開発コストが低いことで、バイオシミラー医薬品価格も低くなります。同時に、メーカー間の価格競争を通じて、基準となる生物製剤の価格自体を引き下げる効果があります。このように、バイオシミラー医薬品が提供するコスト効果は大きく、今後数年間で需要が拡大することが予想されます。

抑制要因製造過程の複雑さ

バイオシミラー医薬品の開発は、非常に複雑でコストのかかるプロセスであり、多額の投資、技術的能力、臨床試験の専門知識、科学的基準、品質システムを必要とします。ジェネリック医薬品の開発とは異なり、バイオシミラーメーカーは、オリジナルのイノベーター企業と同様の臨床試験や承認後の安全性モニタリングプログラムに投資する必要があります。バイオシミラーの製造におけるもう1つの重要な課題は、製造プロセス中の変動を制御する能力です。製造されたバイオシミラーは、安全性と有効性の観点から、設定された品質基準に準拠する必要があります。規制機関は、製造プロセスが製品の有効性や安全性に影響を与えていないこと、バイオシミラーと生物学的製剤の間にばらつきがないことを証明するために、前臨床および臨床データの追加を要求する場合があります。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1031216-biosimilars-market-by-product-monoclonal.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)