医療・医薬・福祉

振動医学をベースにそれぞれのウェルネスをサポートするWELLC表参道<ウェルク表参道>のクリニックに、新メニュー「免疫サポート外来」が登場

株式会社WELLC
 株式会社WELLC<ウェルク>(東京都渋谷区、代表取締役:東谷加都子)は、それぞれのウェルネスを医療・美容・周波数から支える施設、WELLC表参道のクリニック部門「WELLCクリニック(表参道ウェルネス統合医療クリニック)」にて、免疫サポート外来を11月10日よりスタートします。  免疫サポート外来では、「ウイルスや細菌による感染症から身を守るための自然免疫と粘膜免疫の活性化」、「ワクチンの副反応を最小限にとどめるためのワクチン接種前後の対策」、「新型コロナウィルスの後遺症ケア」の3つのアプローチを柱に、一人ひとりに最適化した免疫サポートを提案します。バイオレゾナンス診断とともに、分子栄養療法、漢方、点滴などを使った統合医療により、その人全体にアプローチして免疫状態を整えていきます。



【免疫サポート外来 治療メニュー】

●自然免疫・粘膜免疫強化プログラム

自然免疫を高めることでコロナウイルスをはじめとする感染症にかかりにくい状態にしていくためのプログラムです。粘膜免疫や自然免疫や活性化させることで、ウイルスの種類や変異、外的刺激の種類(花粉、ホコリなど)に関わらず、対抗していくことができる身体に。
(診察料 8,800円、漢方、サプリメント代別途)

●ワクチン副反応ケアプログラム

ワクチン接種の副反応を最小限に抑えるための接種前後に行うプログラムです。点滴、サプリメント、周波調整等などをカスタマイズし、解毒の要である肝臓の機能を高めることで、副反応の主な原因となるワクチン内の防腐剤や添加物、ウイルスの外毒素の排出を促します、通常、ワクチン接種の前・後、それぞれ1回にて終了します。ご希望のかたには、コロナワクチン抗体検査も可能です。
(診察料・ハーモナイズ治療 11,000 円、コロナワクチン抗体検査5.500円 点滴、サプリメント代別途)

●コロナウィルス後遺症回復プログラム

コロナウイルス感染後の後遺症(倦怠感、呼吸トラブル、味覚障害など)に悩まされている方のためのプログラムです。ウイルスの外毒素の解毒に最適な治療プラグラムを一人ひとりに合わせて設計し、回復をサポートします。
(診察料 11,000円、点滴等の治療費別途)

*いずれのプログラムも、はじめての方には初診料 5,500円がかかります。

【WELLCクリニック(表参道ウェルネス統合医療クリニック) 概要】

WELLCクリニックは、症状として表れている肉体の物質的な部分に加え、その物質の分子、素粒子が放つ振動エネルギー的な部分まで含めた“その人の全体”を診断し、西洋医学・代替療法・振動医学(バイオレゾナンス療法)を組み合わせた統合医療によって、お一人おひとりがより健康な状態になるための方法を提案するクリニックです。治療を目的とした「統合医療内科外来」、理想的なウェルネスを維持するための「ウェルネスドッグ外来」、肌と髪の美しさを追求した「ホリスティック美容外来」、骨と筋肉からウェルネスにアプローチする「カイロプラクティック外来」に加え、今回新たに「免疫サポート外来」がスタートします。

●バイオレゾナンス検査・診察について

バイオレゾナンス測定とは、生体の(バイオ)共鳴反応(レゾナンス)を測定することです。当院では、身体全身の各部位の周波数を調べて不調な部分や、さらにその不調を生み出した原因(有害物質蓄積、栄養バランス、精神のバランス、骨など身体のゆがみ、睡眠、生活習慣、遺伝、体質、老化、電磁波など)を経験豊富な専門医が特定していき、身体全身の改善に向けて、治療方針や改善メニューを組み立てます。


●院長 森嶌淳友

心臓外科として、西洋医学の最先端医学を専門としながら、人間を全体で診るという伝統医療や東洋医療的考えを取り入れ、統合医療を約10年にわたり実践。バイオレゾナンスというドイツ発祥の振動医学機器を用いて、のべ2万人以上の患者を治療。日本ホロス統合医療機構代表理事を務め、統合医療、振動医学の教育にも従事。

クリニック名 :WELLCクリニック(表参道ウェルネス統合医療クリニック)
所在地     :東京都港区北青山3-9-8 ノースアオヤマビルB1
院長      :森嶌淳友
外来      :統合医療内科外来、ウェルネスドッグ外来、ホリスティック美容外来 免疫サポート外来
診療日時    :月・水・木・金・ 土:10:00~13:00・15:00~19:00(土は18:00まで)
休診日     :火曜、日曜、祝日
電話番号   :03-5962-6485

ホームページ :https://wellc.co.jp/clinic
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)