エンタテイメント 美容・健康

きゃりーぱみゅぱみゅさんが登壇 サイエンスヘアケアブランド「curuput(キュルプット)」発表イベント プロデュース商品をPR「皆さんにも#きゅるん髪 を体感してほしい」とコメント

株式会社I-ne
#きゅるん髪 に導くシャンプー&トリートメント イベント事後レポート

株式会社I-ne (本社:大阪府大阪市北区)が展開するサイエンスヘアケアブランド【curuput(キュルプット)】は、2021年11月1日(月)にブランドプロデューサーのきゃりーぱみゅぱみゅさん登壇の「curuput発売記念プレス発表会」を開催しました。



■curuputプロデューサーきゃりーぱみゅぱみゅさんが
「皆さんにもきゅるん髪を体感してほしい。」とコメント




発表会冒頭、「curuput」のプロデューサーであるきゃりーぱみゅぱみゅさんが白衣風の白ジャケット姿で登壇、きゃりーぱみゅぱみゅさんはcuruputの企画・商品開発をはじめとするプロデュースを行っており、商品の特徴やこだわりポイントに関して「これまでブリーチやカラーを重ね、枝⽑や切れ⽑などの悩みと向き合ってきました。ダメージをケアするためのアイテムを⾊々試したけれど、なかなか理想のシャンプー、トリートメントに出会えずにいました。そこで、いい香りで、髪の⽑もきれいになるシャンプー・トリートメントを自分で作れたらと思い、このcuruputのシャンプー、トリートメントを開発しました。こだわりが詰まった理想のヘアケア商品なので、皆さんにもきゅるん髪を体感してほしいです。」とコメント。プロデューサーきゃりーぱみゅぱみゅさんが、普段とは一味異なる力強さを持ったプレゼンテーションを披露しました。

■デビュー10周年きゃりーぱみゅぱみゅさんが
「自分の髪が美しくなって自分を好きになれました。」とコメント



今年デビュー10周年を迎えたきゃりーぱみゅぱみゅさん、10という数字にかけ「curuputに関する10のこと」をテーマにトークセッションを実施。curuputに関して「実際にcuruputのシャンプー、トリートメントを使って、ツルンツルンを通り越してキュルンキュルンだな!と思いました。」とコメント。また、10周年を振り返り「今年デビュー10周年を迎えることができました。10周年はあっという間に過ぎていって楽しい思い出がたくさんあります。その中で髪色にこだわってきたと同時に、髪のダメージに悩んできました。しかし、curuputを使うようになってから、自分の髪が美しくなって自分を好きになれました。是非、皆さんにも利用してもらいたいです。」とプロデュース商品をアピールしました。







新商品情報

リリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000486.000012002.html



【商品特徴】



1.すでにある髪のダメージを集中補修≪ディープダメージケア処方≫
2.カラーや日々のダメージに着目≪先行トリプルケア処方≫
3.きゃりーぱみゅぱみゅさんこだわりの香り
 #1 Shampoo:甘く爽やかなグリーンアップルの香り
 #2 Treatment:甘く華やかなホワイトラズベリーの香り
 #3 Hair Mask:爽やかな甘さに包まれるスイートオレンジの香り

【商品情報】
・商品名:キュルプット ディープダメージケアセット
・セット内容:ディープダメージケアシャンプー、ディープダメージケアトリートメント、ディープダメージケアヘアマスクサシェ2回分
・発売日:2021年11月1日(月)
・価格:2,970円(税込)
・販路:全国ドラッグストア、バラエティショップ、オンラインストア、ECモール (楽天市場) ※一部店舗除く



curuput




ダメージをおそれない。
ずっと自由に、自分らしく。

ダメージをおそれない。ダメージをあしたに引きずらない。
未来を不安にさせるものはいろいろあるけれど、
こころを自由にして、好きなことにまっすぐ進む。
ずっと自分らしくあり続けるために。

・公式サイト https://curuput.jp/
・公式TikTok https://www.tiktok.com/@curuput_official
・公式Twitter https://twitter.com/curuput_ine
・公式Instagram https://www.instagram.com/curuput_official/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)