素材・化学・エネルギー 医療・医薬・福祉

独自開発のプレートにより細胞への遺伝子導入を効率化導入困難だった細胞への活用も期待される「STFプレート」を開発した「サイトパスファインダー」株式投資型クラウドファンディングを開始

株式会社サイトパスファインダー
この技術が遺伝子研究の未来を変える!

バイオインフォマティクスベンチャーの株式会社サイトパスファインダー(東京都 代表取締役:齋藤 優子)は、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、2021年11月9日(火)より募集による投資申込みの受付を開始することをお知らせします。


                                           2021年11月1日
報道関係各位
                                    株式会社サイトパスファインダー

独自開発のプレートにより細胞への遺伝子導入を効率化
導入困難だった細胞への活用も期待される「STFプレート」を開発した「サイトパスファインダー」
株式投資型クラウドファンディングを開始
~この技術が遺伝子研究の未来を変える!~


バイオ(生物学)とインフォマティクス(情報学)を融合した研究を実施するバイオインフォマティクスベンチャーの株式会社サイトパスファインダー(東京都 代表取締役:齋藤 優子)は、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、2021年11月9日(火)より募集による投資申込みの受付を開始することをお知らせします。

【当社プロジェクトページ】
https://fundinno.com/projects/292

当社プロジェクトとクラウドファンディング実施目的について
「固相トランスフェクションを応用した製品開発で、人々の健康に関与する研究の役に立ちたい」

株式会社サイトパスファインダーは、産総研から技術移転ベンチャーとして独立後、細胞などへ遺伝子を導入する技術である「固相トランスフェクション(以下、STF)」を改良・確立し、商品化してきました。現在は、STFの技術を活用した遺伝子研究の実験に使用する研究支援ツール製造販売も行なっているほか、核酸医薬品や遺伝子・細胞治療や再生医療などの分野にもつながるビジネスにも取り組んでいます。弊社は、上記技術を基にバイオインフォマティクス研究に利用できる支援ツールとして、独自のSTFプレートを開発しました。
この度、STFをバイオインフォマティクス研究だけでなく、将来、遺伝子治療、再生医療などの医療分野でも活用すること、欧米市場への展開などを目指し、2021年11月1日より株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOにおいて、募集案内の事前開示を開始いたしました。弊社は今回の資金調達により資本力の充実を図り、事業の成長に繋げます。募集期間は2021年11月9日~2021年11月11日、上限とする募集額は 60,000,000円(1口 10万、1人 5口まで)です。



サイトパスファインダーの強みは、ターゲットとする顧客の幅がとても広いことです。例えば、国内外にて新薬開発を行なっている企業、製品に使用される素材が遺伝子レベルで毒性がないか検査する機関、体の機能にどんな影響があるかを研究する食品会社、化粧品の機能性を研究する企業などがあります。また、国内のみならず海外もターゲットにすることができ、年々市場規模も増加していく非常に大きなマーケットを有している点も強みです。
今後、弊社内の製造機器を変更し、製造方法を改良することで、より大量の遺伝子編集細胞を作成できるプレート開発に着手する予定です。本製品は、ゲノム編集、遺伝子工学、遺伝子組み換え、生物、食品、化粧品、農業バイオテクノロジー、ヒト幹細胞、細胞工学など、多様な分野での活用を目指すことで企業として成長してまいります。





■会社概要
・会社名:株式会社サイトパスファインダー

・所在地東京都千代田区五番町5番地1 JS市ヶ谷ビル6F
・代 表:齋藤 優子
・設 立:2004年12月
・事業内容:固相トランスフェクション技術の開発・改良・確立・商品化

URL : https://www.cytopathfinder.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)