医療・医薬・福祉 その他

多言語対応のヘルスケアサービス「WELL ROOM」始動

三菱地所株式会社
~日本の企業で働く外国人従業員をサポート~

 三菱地所株式会社は、WELL ROOM株式会社(代表取締役:下田 拓海、三菱地所100%子会社)を設立し、多言語対応のヘルスケアサービス「WELL ROOM」(https://wellroom.jp)を2021年11月2日に開始しました。


 本サービスは、日本人や外国人の区別なく従業員の健康維持・管理をサポートしたい法人に向けたB to B to E(employee)のWebサービスです。主に従業員数50名未満の中小企業やスタートアップ企業等を対象としており、多言語や異文化に対応した健診実施医療機関の紹介やメンタルヘルス相談サービス、産業医相談サービスを提供することで、日本で働く外国人が日本人と同じレベルでヘルスケアのサービスを享受できる環境づくりを支援し、日本で働く外国人の生活上で抱える課題や不安解消を目指します。
「WELL ROOM」利用画面イメージ図
 近年、在留外国人数は日本全国で増加基調にありますが、多言語対応の医療機関が少ないことから、健康や医療に関するサポートが十分とは言えない状況です。特にコロナ禍においては、相談相手が日本に少ない傾向にある在留外国人のメンタルヘルス対応も問題となっており、早急な解決が求められています。三菱地所グループはこれまでも、まちづくりを通じて、人やまちの課題解決に向き合って参りましたが、本サービスを、丸の内エリアをはじめとする様々な企業に提供することで、更なるまち全体の付加価値向上に貢献して参ります。
 なお、本事業は、当社が従来の不動産業に捉われない幅広い事業を育成することを目的として実施している「新事業提案制度」にて提案・採択されました。今後も既存ビジネスとのシナジーが期待される新事業をはじめ、まちづくりに関わるあらゆるサービスの提供を目指していきます。

■「WELL ROOM」サービスとは
【サービスの特徴】
1. 多言語対応により、外国人/日本人の区別なく従業員の一貫した健康管理を実現
2. 外国語対応可能な健診実施医療機関の紹介や予約管理をシステムにて提供
3. メンタルヘルス相談や産業医相談のサービスをリーズナブルな料金で提供

【サービス詳細】
1.健診実施医療機関の紹介
・従業員の法定健診実施にあたり、外国語対応ができる健診実施医療機関を紹介
・問診票/結果表の翻訳のほか、従業員の健診予約管理などもシステム上で可能
2.メンタルヘルス相談サービス
・コロナ禍で注目されているメンタルヘルスについて、「WELL ROOM」が提携する医師や臨床心理士に従業員がオンラインで相談が可能
※現在は日本語/英語/中国語/スペイン語/ポルトガル語の5か国語に対応
3.産業医相談サービス
・「WELL ROOM」が提携する産業医経験豊富な医師から、顧客企業は健康管理に関する助言や指導等を受けることができ、従業員の面接指導等も一定の範囲で対応可能
※現在は、日本語/英語に対応

事業概念図

【サービス導入のメリット】
●企業
・外国人/日本人の区別なく従業員全員の健康を管理できる
・従業員数50人未満で産業医設置義務の無い企業であっても、産業医へ相談できる
・従業員のメンタルヘルスをケアし、休職や離職のリスクを軽減できる
●導入企業の従業員(在留外国人/日本人)
・母国語に対応した各種ヘルスケアサービスが無料で利用できる
・会社や上司への許可が無くても、メンタルヘルスの相談ができる
●健診実施医療機関
・新たな顧客層にアプローチでき、健診予約数増加に寄与する
・問診票や健診結果表の翻訳などの各種多言語対応サポートにより、外国人受診者に対応できる

【2021年11月2日時点の提携予定医療機関】(敬称略・五十音順)
※提携医療機関は今後増える予定です。
・一般財団法人 日本健康管理協会 新宿健診プラザ
・一般財団法人 明治安田健康開発財団 明治安田新宿健診センター
・医療法人社団ミッドタウンクリニック
・聖路加国際病院附属クリニック 予防医療センター

■ WELL ROOM株式会社について       
会社名 WELL ROOM株式会社(読み方:ウェルルーム 英語表記:WELL ROOM Co., Ltd.)
所在地 〒100-8133 東京都千代田区大手町一丁目1番1号
設立日 2021年4月9日
資本金 2億円(資本準備金を含む)
株主   三菱地所株式会社(100%子会社)
事業内容 在留外国人対応ヘルスケアポータルサイト「WELL ROOM」の企画・開発・運用
代表取締役 下田 拓海(本事業提案者/2018年度三菱地所入社)
URL https://wellroom.jp

■(参考)在留外国人を取り巻く環境
【在留外国人数の推移】
・日本における在留外国人数は、令和2年末時点で約288万人と、近年増加基調※1にあり、今後も増加傾向が続くことが予測されています。
(出所)法務省「在留外国人統計表」より作成


【在留外国人の抱える課題】
・在留外国人は、特に医療や健康に関して悩みを抱えている人が多いことが分かっています。
(出所)東京都国際交流委員会「東京都在留外国人向け情報伝達に関するヒアリング調査報告書」(2018年3月)より作成
(出所)当社調べ「在留外国人へのアンケート調査」(調査会社:Guidable株式会社)

                                                以 上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)