広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

医薬用アイソレータの市場規模、2028年に105億6,030万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「医薬品アイソレーター:タイプ別、圧力別、構成別、アプリケーション別、エンドユーザー別、地域別の世界市場分析、市場規模予測(~2028年)、COVID19の影響」(The Insight Partners)の販売を11月2日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/tip1028724-pharmaceutical-isolator-market-forecast-covid.html




医薬用アイソレータの市場規模は、2021年の59億6,607万米ドルからCAGR8.5%で成長し、2028年には105億6,030万米ドルに達すると予測されています。医薬用アイソレーターは、医療・医薬品環境において、毒性プロセスや無菌充填プロセスに使用される細菌学的に密閉された筐体です。また、無菌状態を崩さずに製品の出入りや廃棄物の排出を可能にするトランスファーシステムも含まれます。

医薬用アイソレータ市場は、タイプ、圧力、構成、アプリケーション、エンドユーザー、地域別に分類されます。地域別には、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、南・中央アメリカ市場に分けられます。

医薬用アイソレータの導入を支える規制の枠組み

医薬用アイソレータは、従来のクリーンルームよりも優れた無菌環境を提供します。チャンバー内を正圧または負圧にすることで、オペレーターの干渉による汚染を防ぎます。また、無菌医療製品の製造に関連する薬事規制に準拠して、長期間にわたる無菌状態を実現します。さらに、ほとんどの専門家は、医薬用アイソレータの技術進歩が規制機関によって妨げられることはないと考えています。クリーンルームと比較してアイソレータが採用されるには、米国食品医薬品局(US FDA)と欧州医薬品庁(European Medicines Agency)が定めたアイソレータに関するガイドラインが重要な役割を果たしています。適切に設計された正圧アイソレーターは、そのメンテナンス、モニタリング、コントロールのための適切な手順に支えられており、従来の無菌製剤製造に比べて、加工中の微生物汚染の機会が少ないなどの利点があります。さらに、FDAは、医薬品製造の重要な分野におけるオペレーターの排除を認めており、今後数年間で医薬品用アイソレータの採用が促進されると予想されています。トレンド分析によると、米国ではアイソレータ技術を使用する医薬品施設の数が増加しています。1998年には、アイソレーターでの無菌充填を行っている施設はわずか84施設でした。これが2000年には174施設、2002年には201施設、2004年には258施設と増加しています。無菌処理を行う施設数の増加は、高活性医薬品の生産量の増加と関連しています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tip1028724-pharmaceutical-isolator-market-forecast-covid.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)