教育・資格・人材 医療・医薬・福祉

【好評につき第2回ウェビナー】障害者雇用×フルリモートで働く当事者の声を聞く

株式会社ニュータイプ・ラボ
一般企業で活躍する障害当事者の働き方とは?

障害者雇用のコンサルティングや在宅雇用支援を行う株式会社ニュータイプ・ラボ(本社:長崎県五島市、代表取締役社長:佐藤 啓)は、2021年11月24日(水)、一般企業に勤め、在宅勤務を行う障害者人材の仕事の様子や経験談を聞くオンラインセミナーを開催いたします。2021年10月に開催された大好評のセミナーの第2弾となります。当事者の体験からヒントを得て、採用する人物像や働き方の再構成、仕事づくりについて考えを深めることのできる内容です。


人事・採用ご担当者様からお聞きする障害者雇用についての「三大お悩み」をご存知でしょうか。



その人に合う業務が切り出せない
配属現場で対応が難しそう
雇用した人材が定着しにくい

そのようなお悩みについてご相談を受けることが多い理由の一つは、実際に働き、活躍する障害者人材の姿を知る機会が少ないからです。
どのような業務を行い、どのような場で、どのような人と一緒に働いているのか知ることができれば、雇用したい人材像とのすり合わせや、アサインする業務の組み立ての第一歩につながり、求人内容を練り直したり、現場と調整したり、新年度の採用計画に反映させたりすることができます。

2021年10月20日に開催されたセミナーでは、一般企業でフルリモート勤務を行う障害当事者の方へのインタビューを行い、参加された方から以下のようなご意見・ご感想が寄せられました。

想像していなかった業務を担当されていたので驚いた。業務の切り出しができそうな気がする。
メンタルケアを丁寧に行える体制があれば、障害者の方が安心して働けるのだとわかった。
ニュータイプ・ラボのスタッフを信頼して話している様子が分かった。
在宅でできる仕事ではないと決めつけていたことを取り組んでいる方がいると知って、可能性を感じた。

好意的なご意見と、10月にご参加できなかった方のために、同様に障害をもちながら第一線で活躍する方の声を聞くオンラインセミナーを企画しました。

【在宅&障害者雇用セミナー】
働く障害者メンバーに聞く
11月24日(水)14:00~15:00
・オンラインで開催(zoom)
・ご参加無料
お申し込みページ▽
https://newtypelab.jp/registration

障害者雇用に取り組みたい
障害者の採用を見直したい
障害者人材を育成したい

とお考えの方だけでなく、
ダイバーシティに取り組みたい、新たな人材採用の可能性を考えたいとお考えの人事・採用ご担当者様のご参加をお待ちしております。

当日は、障害者雇用に関するご質問や、テレワーク導入事例など広くご質問を承ることも可能です。
年末、そして新たな年度に向けて、人材採用・教育の計画を見直すきっかけづくりに、ぜひ本ウェビナーをご活用ください。

お問い合わせや採用マッチングのご相談、シミュレーションのご依頼はこちらにて承っております。
〇お問い合わせフォーム
https://newtypelab.jp/contact

【担当】
株式会社ニュータイプ・ラボ
広報担当:大庭
〒853-0017 長崎県五島市武家屋敷1-7-12
TEL:0120-861-831
E-mail:info@newtypelab.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)