広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

リアルタイム追跡システム(RTLS)の市場規模、2028年に188億7,840万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「リアルタイム位置情報システム の世界市場予測(2028年まで):COVID-19の影響、提供別、テクノロジー別、業界別、アプリケーション別、地域別分析」(The Insight Partners)の販売を11月4日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/tip1028735-real-time-location-system-market-forecast-covid.html




リアルタイム追跡システム(RTLS)の市場規模は、2021年の40億9,730万米ドルからCAGR24.4%で成長し、2028年には188億7,840万米ドルに達すると予測されています。低消費電力で高精度の測位データと、高精度かつ高範囲の情報を提供するUWB(Ultra-Wideband)技術ベースのRTLSソリューションの普及が、同市場の成長を後押ししています。医療、製造、物流などのエンドユース産業では、効率の向上、リードタイムの短縮、コストの削減のために、UWB技術をベースにしたRTLSソリューションが求められています。また、スポーツ、エンターテインメント、自動車などの分野でもRTLSソリューションの需要が高まっています。屋内でのトラッキングが可能になったことで、ヘルスケア分野でもRTLSの導入が進んでおり、今後数年間で市場の成長が見込まれています。Bluetooth Low-Energy(BLE)ソリューションは、価格が安く、既存のシステムやデバイスとの統合が容易で、最大1.5メートルの検出精度を実現します。そのため、多様なヘルスケアアプリケーションでの採用が増加しています。このように、BLEソリューションの使用が増えていることが、リアルタイム追跡システム市場の成長を後押ししています。さらに、RTLSは、ワークフローのボトルネックを分析して解消するだけでなく、時間とコストの節約にも役立ちます。

COVID-19パンデミックがリアルタイム追跡システム市場に与える影響

リアルタイム追跡システム市場のプレーヤーは、COVID-19が発生するまでは、エンドユーザーから大きな需要を得ていました。COVID-19の発生による各国政府の封じ込め政策は、一部の国では完全な封鎖が行われ、いくつかの国では部分的な封鎖が行われました。そのため、企業は規制を受けながらも営業することができました。リアルタイム追跡システムのサプライチェーンは、ソフトウェア面では市場関係者による定期的なアップデートが行われていたため、影響を受けませんでした。しかし、ハードウェア面では、製造施設が閉鎖され、限られた労働力で運営されたため、混乱を余儀なくされました。さらに、主要産業の収益が減少したため、このシステムの導入は低い水準に留まりました。一方で、経済が再開され、厳しい規制が緩和されたことで、2021年には市場はプラスの成長を見せ始めています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tip1028735-real-time-location-system-market-forecast-covid.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)