医療・医薬・福祉

高齢者の転倒による骨折を減らす、転んだときだけ柔らかい床とマット「ころやわ」のMagic Shieldsが、1.4億円の資金調達を実施

株式会社Magic Shields
病院・高齢者向け施設からの発注増加に伴い、生産設備の拡充やセンサーを含めた新商品開発、人材採用を実施

株式会社 Magic Shields(本社:静岡県浜松市、代表取締役:下村明司、以下Magic Shields)は、インクルージョン・ジャパンをリード投資家として、Monozukuri Ventures、信金キャピタル、グロービスを引受先とする第三者割当増資により、1.4億円の調達を実施しました。このたびの調達により累計調達額は約1.8億円となります。 このたびの資金調達を通じて「ころやわ」の量産体制を拡大し、全国の病院・高齢者施設での普及と、転倒骨折ゼロを目指します。




■資金調達の背景・目的
高齢化の進展による大腿骨近位部骨折の増加を背景に、2021年11月時点で「ころやわ」導入先は120施設を超えています。当社は調達した資金を活用し、病院・高齢者向け施設からの発注量増加にあわせた生産設備の拡充およびセンサーを含めた新商品開発、人材採用を実施いたします。

また更なる事業拡大に伴い、Magic Shieldsは「ころやわ」を世界に広める仲間を募集しております。
技術、マーケティング&コミュニケーション、バックオフィスなどあらゆる職種を募集しておりますので、ご関心ある方は「Wantedly」から弊社へご連絡ください。
<Wantedly 企業ホーム>
https://www.wantedly.com/companies/coroyawa

■第三者割当増資の引受先


インクルージョン・ジャパン株式会社(ICJ2 号ファンド投資事業有限責任組合)
株式会社Monozukuri Ventures(Monozukuri 2 号投資事業有限責任組合)
信金キャピタル株式会社(しんきん-やらまいか投資事業有限責任組合)
株式会社グロービス(グロービス・ベンチャー・チャレンジ2号ファンド)


■各引受先からのコメント(順不同)


インクルージョン・ジャパン株式会社 取締役 村上 大輔 様

このたび、Magic Shieldsに出資させていただきました。転倒骨折のリスクを軽減し、健康寿命の延伸に貢献するMagic Shieldsの挑戦を後押しすることができ、とても嬉しく思います。 転倒骨折を回避しようと行動範囲が狭くなること、周りで見守る方が常に緊張を強いられている状況がころやわによって転んでも大事に至らず、より安心安全な生活を過ごせる未来が目に浮かびます。これまで小売業やサービス業の経営に関わってきた経験を活かして、顧客体験価値の最大化に向けて、全力で支援してまいります。


株式会社Monozukuri Ventures CEO 牧野 成将 様

弊社では日本から世界に通用するモノづくりベンチャー創出に貢献したいとの想いで「Monozukuri Hardware Cup」というイベントを開催しています。日本に限らず先進国では高齢化社会が進行する中で、同社の「ころやわ」は世界的にも通用するプロダクトであるとの評価を得て2021年の準優勝に輝きました。それが縁となり同社の試作量産化の支援、更には世界展開にも貢献したいとの想いで今回の投資に至りました。


信金キャピタル株式会社 投資育成部 部長 上田 俊明 様

転倒骨折防止として衝撃吸収性と歩行安定性を両立する当社「ころやわ」は、医療・介護業界での普及が期待できるとともに、自動車内装ほか様々な領域での活用も想定されます。今回、浜松磐田信用金庫様が出資する「やらまいかファンド」での引受けにて、2020年3月金庫様主催1回チャレンジ・ゲート最優秀賞受賞の浜松発有力企業として、金庫様と連携してその成長をお手伝いしていきます。


グロービス G-CHALLENGE 投資担当 大崎 司 様(兼 コーポレートエデュケーション マネージャ)

2020年度GLOBIS Venture Challenge大賞受賞企業として投資をさせていただきました。
「ころやわ」は、高齢者の転倒骨折という今後増加・深刻化する社会課題を解決できる、素晴らしい商品です。「高齢者の転倒骨折をゼロにする」、そんな素敵な世界を一日でも早く実現できるよう、Magic Shieldの皆さんと一緒にチャレンジし続けていきたいと思っています。

■社外取締役の選任
経営体制強化と今後の事業成長のため、今回引受先のひとつであるインクルージョン・ジャパン株式会社から新たに社外取締役として村上大輔氏を選任しました。

■Magic Shieldsについて
Magic Shieldsは2019年に設立された、自動車工学と医学をベースに新素材と構造「メカニカル・メタマテリアル」の研究開発、および製造・販売を行うスタートアップです。世界で増加している高齢者の転倒による骨折を減らすため、Magic Shieldsは転んだときだけ柔らかい「可変剛性構造体」を使った「ころやわ」を開発し、床やマットとして病院や高齢者向け施設へ提供しています。

高齢者の転倒骨折は、骨折したご本人やご家族、医療機関・介護施設だけでなく、社会保障費を負担するすべての人にとって、大きな負担となっています。大腿骨骨折だけでも、ご家族の看護や介護負担と社会保障費を合わせ、その損失は年間約2兆円に上るとされています。
日本国内だけでも毎年100万人が転倒骨折し、その数は2000年以降、約2倍に急増しています。高齢者の転倒骨折は、「要介護」となる大きな原因のひとつなのです。

これに対し従来は人手を用いて「転ばせない、一人で歩かせない」対策が行われてきました。しかし見守りや付き添いができる看護師や介護士、同居の家族は不足しており、完全に転倒を防ぐことは難しいのが実情です。また「転ばせない、一人で歩かせない」ことにより、認知症など他の病気の進行や、心身が衰弱していく負の連鎖が発生し、悪循環となっていました。

私たちMagic Shieldsは 「すべての人が骨折を気にすることなく、自分の意思で自由に動ける」社会を実現することで悪循環を断ち切り、日本国内をはじめ、世界中で「大腿骨骨折が原因で『寝たきり』になる人をゼロにする」ことを目指します。

■「ころやわ」の特長
「ころやわ」は、これまで両立が困難とされていた「歩行安定性」と「衝撃吸収性」という2つの性質を、世界で初めて合わせ持つ新素材・構造を採用しています。120施設を超える医療機関・介護施設で導入されており、「ころやわ」上での骨折は確認されておりません(2021年11月1日時点)。

歩行安定性

「ころやわ」は、歩行時の踵やつま先、杖・車いす使用時の沈み込みが少なく、凹まない硬さであり、「歩行時/車いす移動時の安定性」を実現しています。


衝撃吸収性

椅子やベッドからの転落、車いすへの移乗や歩行からの転倒時には、大きく沈み込み、大腿骨の骨折リスクを軽減する「衝撃吸収性」を実現しています。転倒時にはフローリングに対して約半分に衝撃を抑え、骨粗鬆症の大腿骨骨折の目安荷重(221kgf)を下回ります。





「ころやわ」製品情報 https://www.magicshields.co.jp/product-/


■会社概要
株式会社 Magic Shields
〒430-0933 静岡県浜松市中区鍛冶町100-1 ザザシティ浜松中央館 B1F FUSE
代表取締役 下村 明司
設立:2019年11月
企業URL:https://www.magicshields.co.jp/

※記載情報は、発表日現在のものです。情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

株式会社Magic Shieldsのプレスリリース一覧
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/78980
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)