美容・健康 暮らし

ちょい足しで子どもの栄養バランスを整える。食物繊維が豊富な野菜4種類を含んだ添加物不使用の野菜パウダー「こども野菜プラス」を新発売。

三笠産業株式会社
普段の食事や飲み物・おやつにさっと一振り。赤ちゃんの離乳食から使え、お子様に不足しがちな栄養をサポート


微粉砕技術で豊かな未来を創る三笠産業株式会社(本社:山口県山口市 代表取締役社長 佐伯誠)は12月17日(火)より新商品「こども野菜プラス」を新発売します。

「こども野菜プラス」は、食物繊維が豊富な国産野菜4種類(ごぼう・ほうれん草・ブロッコリー・キクイモ)を主原料とし食品原料のみを顆粒状(パウダー状)に改良した添加物不使用の野菜加工食品です。

食物繊維の食事摂取基準は6~7歳の男児で11g/日、女児で10g/日と言われています。※1
「こども野菜プラス」は子どもの多くが不足しがちと言われる食物繊維をパウダー化し、普段の食事、飲み物、おやつに一振りするだけで手軽に栄養補給を行えるのが特徴です。
東京大学付属病院小児科医・赤坂ファミリークリニック院長の伊藤明子先生の監修のもと商品開発が行われました。
※1 厚生省「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」報告書P152



<商品特徴>
国産野菜の栄養素をそのままに
「こども野菜プラス」は、国産野菜をまるごと使用することにより、食物繊維を豊富に含んでいます。特にゴボウや菊芋に含まれる水溶性食物繊維は、腸内細菌の維持に重要と言われていますが、子どもから大人まで多くの日本人が慢性的に不足している栄養素です。「こども野菜プラス」は1日2包で、子どもの不足している食物繊維を補うことができます。

■そのままでは扱いが難しい野菜も気軽に摂取
ごぼうや菊芋は、食物繊維を豊富に含んでいますが、繊維質が気になりあまり食べてくれない、調理がしにくいなどの悩みの多い野菜です。「こども野菜プラス」は、飲み物に混ぜたり、料理に振りかけたりするだけで、手軽に摂取することができる製品です。手間も必要ないので、特に忙しい方などに便利です。

ヨーグルトにさっとひとふり
ホットケーキの粉にさっとひとふり

■添加物不使用
着色料・香料・保存料は一切使用しておりません。食品原料のみを使用しているのでお子様でも安心です。

■保存が容易で鮮度の心配なし
バリア性の高い個包装で常温でも長期保存が可能です。原料に使用している野菜パウダーは国内自社工場製造で、過熱水蒸気(高温の水蒸気)を使用した独自製法によって殺菌処理を行ったものです。製品は全て菌検査等の品質検査を実施し、長期保存が可能かどうかの確認を行っています。

■野菜嫌いな子どもでもムリなく摂取
未殺菌の野菜パウダーは加熱処理をしないと利用できませんが、当社では独自製法によって殺菌処理された野菜パウダーを使用しております。そのため「こども野菜プラス」は、加熱しなくてもそのまま混ぜたりかけたりすることが可能となっています。また、ハンバーグやお好み焼きに混ぜたり、卵焼きやホットケーキに混ぜることができるので、野菜嫌いな子どもでも好きな料理に混ぜることで、しっかりと野菜を摂取できます。

■監修いただいた伊藤明子先生からのメッセージ
風邪など感染症にかかりやすいお子さんは、血液中の微量栄養素(ビタミン・ミネラル)の濃度が低いことが研究で示されています。また、食物繊維は腸内フローラ(腸内の善玉菌たち)の環境をよくして善玉菌のエサとなって善玉菌を増やしてくれます。腸内環境がよくなることは免疫強化にもつながり、「腸脳相関」といって腸がよくなると脳機能にとってもよいです。
このパウダーは、下処理や洗浄、加熱など一切不要で、そのまますぐにどんなお料理や飲み物にも使えるので、忙しいママたちには離乳食のみならず、幼児期・学童期の日頃の献立に手軽に使っていただくことで、ビタミン、ミネラル、食物繊維が採れるので安心です。 当クリニックに野菜嫌いのお子さん、便秘のお子さんがいらっしゃると、お食事のご指導や処方などとともに野菜パウダーをお勧めしますが、お母様方はどの野菜パウダーを選んでよいのか皆さん、迷われます。その点、この野菜パウダーは有能なお野菜が複数まとまっているので迷わずに選んでいただけます。

<使用方法>
■1日2袋を目安に食事や飲み物に混ぜてお召し上がりください。

ホットケーキやヨーグルト、オレンジジュースなどお子様の好きな食べ物や飲み物に混ぜれば、野菜ぎらいのお子さまでもお召し上がりいただけます。

【商品概要】
(商 品 名)こども野菜プラス
(原材料)ごぼう粉末、きくいも粉末、ほうれん草粉末、ブロッコリー粉末、アカシア食物繊維、有機アガベイヌリン
(商品ラインナップ)1種類
(内 容 量)2g×30包×2袋
(税抜価格)5,340円
袋外観
1包は2gです

ごぼう
ほうれん草
ブロッコリー
菊芋


【販売場所】
■こども野菜プラス販売特設サイト
https://www.benriyasai.jp/LP/kodomoyasaiplus/

=三笠産業株式会社 会社概要=
(会社名)三笠産業株式会社
(設立)1949年(昭和24年)10月
(資本金)¥91,963,850
(代表者)佐伯 誠
(所在地)本社 〒754-0005 山口県山口市小郡山手上町1番10号

■オフィシャルサイト
微粉砕技術で豊かな未来を創る 三笠産業株式会社
http://www.mikasasangyou.co.jp/

■ECサイト
みかさの国産野菜パウダー
https://www.benriyasai.jp/

■こども野菜プラス販売特設サイト
https://www.benriyasai.jp/LP/kodomoyasaiplus/

■本リリースに関するお問い合わせ先
三笠産業株式会社 愛菜(あいさい)事業部
電話:0120-831-012
FAX:0120-123-864
メール:info@benriyasai.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会