広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

世界の内視鏡装置市場-タイプ別(リジッド、フレキシブル、カプセル)、アプリケーション別(関節鏡検査、気管支鏡検査、結腸内視鏡検査、腹腔鏡検査など)、エンドユーザー別、地域別―予測2022-2030年

Kenneth Research
Kenneth Researchは調査レポート「世界の内視鏡装置市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」を2021年10月 28日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。 レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10086113


レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

世界の内視鏡装置市場は、2022年に432憶米ドルの市場価値から2030年末までに736憶米ドルに達すると予測されます。また、2022-2030年の予測期間中に8%のCAGRで拡大すると予測されます。




[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/endoscopy-devices-market/10086113

人口は内視鏡の需要を推進する重要な要因です。世界の内視鏡検査装置市場は、胃腸疾患、泌尿器疾患、婦人科疾患、呼吸器疾患(診断と治療のために内視鏡検査を必要とする)の有病率の増加によって推進されています。医療環境における内視鏡と観察システムの採用の増加、および技術の進歩は、成長を推進しています。加齢性疾患の有病率の大幅な増加と診断および治療手順における内視鏡機器の需要の増加は、市場の発展を推進する要因です。

多くの病気の診断と治療にこのタイプのデバイスを使用することは、最小限の介入を可能にし、回復時間を短縮するために不可欠です。高齢者は、腸穿孔、胆石、骨盤膿瘍、子宮内膜症、肝膿瘍など、内視鏡手術を必要とする病気にかかりやすいです。人口調査局の調査によると、65歳以上の米国の人口は2018年に5200万人と推定され、2060年までに9500万人を超えると予想されています。これにより、内視鏡手術の需要が高まることが見込まれます。

低侵襲手術の採用により、関節鏡検査、腹腔鏡、気管支鏡、膀胱鏡などの外科手術でさまざまな内視鏡の使用が促進されました。開腹手術と比較して、これらの手術は患者をより早く、より少ない外傷で回復させることができます。したがって、低侵襲手術は開腹/侵襲手術よりも人気があり、低侵襲内視鏡装置の需要は今後数年間で増加する可能性があります。

世界の内視鏡装置市場のセグメンテーション洞察
世界の内視鏡装置市場は、タイプ別(リジッド、フレキシブル、カプセル)、アプリケーション別(気管支鏡検査装置、結腸内視鏡検査装置、腹腔鏡検査装置、胃腸内視鏡検査)、製品別、エンドユーザー別などによって分割されています。

l 製品別:
2020年には、内視鏡観察システムが収益の最大のシェアを占めました。これは、癌、胃腸疾患、肺疾患、泌尿器系疾患などの複雑な疾患、および低侵襲手術の診断と治療に役立つため、医療専門家による高解像度ディスプレイシステムの嗜好の高まりに起因する可能性があります。

l アプリケーション別:

2020年には、胃腸内視鏡検査が最大の応用分野であり、収益の50%を占めていました。胃腸疾患の負担の増加と高齢者人口の増加により、胃腸内視鏡検査の需要が高まっています。消化管腫瘍は、世界で2番目に多い癌関連死の原因です。

レポートは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

世界の内視鏡装置市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカなど地域によって分割されています。

2020年には、膀胱がんや結腸がんなどの病気の高い有病率、および低侵襲手術への嗜好の高まり、および高齢者人口の増加により、北米が市場の重要な収入シェアを占めました。さらに、診断と手術のためのロボット支援内視鏡の使用の増加は、市場の成長をさらに促進しました。

米国は北米の収益の最大のシェアを占めています。結腸直腸癌の有病率の増加により、米国における腹腔鏡検査および結腸内視鏡検査の需要は増加し続けています。これは、国の主な収入シェアに起因する可能性があります。

アジア太平洋地域は、9%の予測期間中の最大の複合年間成長率で、最も収益性の高い地域であると予想されます。インドと中国の成長する経済は、この地域に大きな貢献をすると推定されています。これは、大幅な経済成長、癌の有病率の増加、医療インフラの改善、および高度な診断療法の需要の増加に起因する可能性があります。

世界の内視鏡装置市場は、地域に基づいてさらに区分されます。


アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
北米(米国およびカナダ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

世界の内視鏡装置市場における主要企業
世界の内視鏡装置市場における業界のリーダーはOlympus Corporation、 Fujifilm Holdings Corporation 、Ethicon Endo-Surgery、 LLC Stryker Corporation、 Richard Wolf、 GmbH Boston、 Scientific Corporation 、Karl Storzなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。さらに、レポートは、主要なプレーヤーの収益、企業が提供する製品、およびいくつかの主要な財務指標に関する計算分析を提供します。また、企業の本社、設立年、従業員の総数、企業の概要、企業が取った事業戦略など、その他のいくつかの支援情報も市場のレポートに含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10086113

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)