美容・健康 医療・医薬・福祉

【岡山大学】第15回「岡山リビングラボ」オープンイノベーションプログラム(O2IP)「認知機能低下防止に向けた新聞社独自WEBサイトのコンテンツに関するアイデア」〔11月26日(金)〕

国立大学法人岡山大学

2021(令和3)年 11月 8日
国立大学法人岡山大学
https://www.okayama-u.ac.jp/





オープンイノベーションプログラムの概要
地域内外の企業、自治体や大学の関係者、地域住民など多様な参加者がヘルスケア/生活関連分野のテーマについて自由に討議し、革新的なサービス・商品のアイデア等を創出することを目指します。



【日 時】
 2021年 11月 26 日(金)13:30~17:00

【テーマについて】
 わが国の高齢化に伴い、国や自治体、企業、個人における認知症への関心が高まりを見せています。多くの自治体や企業においては、認知症の予防や早期発見につながる様々な取り組みの実施やサービス・商品等の提供を行っています。

 有効な治療方法が現状ない認知症ですが、認知症の予防に取り組むとともに、認知症のリスクを早期に発見し、適切な介入(脳トレーニング等)を行うことによって、認知機能の低下を遅らせる、また留めたりすることが可能となります。認知症の発症や進行を遅らせることで、高齢期における国民の健康長寿とQOL向上が実現されると考えられます。

 一方で、認知症予防の取り組みやサービス等について、人によっては認知症に対する負のイメージを持ち、目をそらし、遠ざける場合もあります。このため、認知症予防につながるサービス等の利用がなかなか一般に広がらないという問題もあります。

 認知症は誰でもなるものであるという認識を持ち、若いころからも認知機能の低下防止につながるサービス等を適切に利用するという社会全体の共通認識を醸成していくことが求められます。こうした共通認識を醸成するうえで、新聞やテレビ等のマスコミの果たす役割は大きいと考えられます。

 九州でトップシェアを持つ西日本新聞社(本社:福岡市)では、上記のような役割を果たす取り組みを行っています。本年9月から、地域住民の認知症に対する関心や認識を高め、認知機能低下防止につながる様々なコンテンツを掲載した「脳活新聞( https://noukatsu-shimbun.jp/ )」を紙媒体とWEBサイトで発行しています。脳活新聞は多くの読者層から好評を博しています。

 この度、西日本新聞社では、知名度や信頼を活かし、地域住民にさらに利用してもらえるように同WEBサイトのリニューアルを予定しています。(2022年4月予定)脳活新聞の掲載コンテンツのほか、機能拡張のための様々なサービスを搭載する予定であり、現在、そのサービスアイデアを検討しています。

 今回のプログラムでは、同WEBサイトリニューアルに際して「搭載するサービス等のアイデア」、「地域住民に同サイトを幅広く利活用してもらうためのアイデア」を参加者全員で検討します。

【プログラム】
(1)趣旨説明、オリエンテーション(13:30~13:35)
(2)テーマに関する共催企業のプレゼンテーションおよび質疑応答(13:35~14:00)
(3)アイデアの方向性等説明(14:00~14:10)
(4)テーマについてのグループディスカッション(14:10~16:00)
(5)グループごとの事業アイデア発表・講評(16:00~17:00)

【プレゼンター】
 株式会社西日本新聞社 メディアビジネス局 メディアビジネス部

【参加者】
 テーマに関心をお持ちの方であれば、どなたでも参加可能です。
 ただし、オンライン(ZOOM)参加の場合、当日オンライン接続可能な端末(可能であればスマートフォンよりもパソコン、タブレット)をご自身でご用意いただける方に限られます。
 申込多数の場合は、先着100名様(オフライン会場20名、オンライン会場80名)に限らせていただきます。

【開催形式】 
 オフラインとオンラインの併用
 (新型コロナの感染状況により、オンラインのみとなる場合があります)

【オフライン会場】
 ももたろうスタートアップカフェ
 (岡山県岡山市北区駅前町1-8-18 ICOTNICOT 2階 Wonder Wall)
 https://momosta.com/access

【主 催】
 岡山大学大学院ヘルスシステム統合科学研究科(岡山リビングラボ)
 おかやまスタートアップ支援拠点運営委員会(ももスタ)

【共 催】
 株式会社西日本新聞社

【留意事項】
 今回のプログラムにおける事業アイデア(知的財産権)については、参加者全員に帰属します。ただし、今後の事業化に際しては、関係者間で必要な契約等を締結することを想定しています。
 岡山大学大学院ヘルスシステム統合科学学域の学生は、今回の「オープンイノベーションプログラム」に参加した時間を博士前期課程「ヘルスシステム統合科学演習」の演習時間に参入することが可能です。なお、レポートの形式・内容については、指導教員の先生にご相談ください。

【参加申込方法】
 以下のフォームにアクセスし、お申し込みを行ってください。
 (申込締切:2021年11月25日(木)12:00)。
 https://forms.gle/xMpRiX93JLtoQTsc6


◆参 考
・【岡山大学】第14回「岡山リビングラボ」オープンイノベーションプログラム(O2IP)「自治体のヘルスケア・アプリの高付加価値化や地域での普及につながるアイデア」〔10月28日(木)〕
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000288.000072793.html
・【岡山大学】第12回「岡山リビングラボ」オープンイノベーションプログラム(O2IP)「認知症予防や早期発 見につながる取り組みの普及に向けて」〔6月28日(月)〕
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000129.000072793.html
・【岡山大学】第11回「岡山リビングラボ」オープンイノベーションプログラム(O2IP)「働き盛り世代のための認知機能チェックサービスの普及に向けた取り組み」〔4月20日(火)〕
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000061.000072793.html
・【岡山大学】第10回「岡山リビングラボ」オープンイノベーションプログラム(O2IP)「新たな健康ポイントの仕組みの普及促進につながるアイデア」〔3月25日(木)〕
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000072793.html
・【岡山大学】岡山リビングラボ 2021年度「ヘルスケア事業化セミナー」(全10回シリーズ)を開催します!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000126.000072793.html
・【岡山大学】岡山リビングラボ「イノベーション・新事業創出を目指す人のための実践プログラム(イノベーター育成プログラム)」
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000211.000072793.html


◆参考情報
・岡山大学大学院ヘルスシステム統合科学研究科
 https://www.gisehs.okayama-u.ac.jp/
・おかやまスタートアップ支援拠点運営委員会(ももたろうスタートアップカフェ)
 https://momosta.com/
・株式会社西日本新聞社
 https://c.nishinippon.co.jp/




◆本件お問い合わせ先
 岡山大学 学術研究院 ヘルスシステム統合科学学域 特任准教授 志水武史
 E-mail:shimizu.takeshi◎okayama-u.ac.jp
     ※◎を@に置き換えて下さい

 岡山大学メディア「OTD」(アプリ):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000072793.html
 岡山大学メディア「OTD」(ウェブ):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000215.000072793.html
 岡山大学SDGsホームページ:https://sdgs.okayama-u.ac.jp/
 岡山大学Image Movie (2020):https://youtu.be/pKMHm4XJLtw
 産学共創活動「岡山大学オープンイノベーションチャレンジ」2021年11月期共創活動パートナー募集中:
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000314.000072793.html

 岡山大学『企業の人事担当者から見た大学イメージ調査2022年度版』中国・四国1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000122.000072793.html
 岡山大学「THEインパクトランキング2021」総合ランキング 世界トップ200位以内、国内同列1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000070.000072793.html


国立大学法人岡山大学は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を支援しています。また、政府の第1回「ジャパンSDGsアワード」特別賞を受賞しています
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)