医療・医薬・福祉

< 最新論文発表会のご案内 >新型コロナウイルス第6波に備える“乳酸菌” と “スイカズラ” が感染予防に有効 最新論文を解説

医療法人社団癒合会

2021年11月
医療法人社団癒合会
報道関係者各位

< 最新論文発表会のご案内 >
新型コロナウイルス第6波に備える
乳酸菌 “スイカズラ” が感染予防に有効 最新論文を解説
開催日時:121日(10:0012:00(受付開始9:30)
会場:AP品川アネックス品川駅より徒歩3分)※オンライン(zoom)参加も受付中

医療法人社団癒合会 高輪クリニック(所在地:東京都港区、医師:陰山康成)は、新型コロナウイルス感染症に乳酸菌のプランタルム菌が予防効果を発揮する可能性を示した論文と、スイカズラを主成分とする漢方薬の金花清感顆粒が新型コロナウイルス感染症の予防および治療薬として機能する可能性を示した論文を発表しました。
この2つの論文についての発表会を、2021年12月1日に開催します。

最も相性のよいマッチングした乳酸菌摂取が高い予防効果を発揮
現在、感染拡大がやや落ち着いているものの、年末から再拡大して第6波がくることが予測されています。未だ収束の見えない新型コロナウイルス感染症の予防には、総合的な免疫力を高めることが重要です。免疫力の約6割は腸管免疫に委ねられていることがわかっています。また、腸管免疫力を左右している最大の因子は腸内フローラのバランスです。感染予防には腸内フローラのバランスがとても重要で、新型コロナウイルスはACE2レセプターに接着して感染をおこしますが、小腸はこのACE2がもっとも多く存在する器官のひとつです。小腸は感染および重症化阻止の肝といえます。

高輪クリニックでは、2015年より人により異なる腸内フローラを検査して、体質改善のために望ましい乳酸菌を見つける乳酸菌マッチング検査を実施しています。腸内環境を整えることで、下痢や便秘などの不調の改善や肌荒れ改善、ダイエット、自律神経を整えてストレスを感じにくくするなどさまざまな効果を得られます。さらに、潰瘍性大腸炎やクローン病といった難病の改善にもつながり、多くの患者様の治療に役立てています。
新型コロナ感染症予防には腸内フローラを整えることが数多くの論文でわかっていました。しかし、特定の乳酸菌の摂取が新型コロナ感染症の予防になることはいまだ証明されていませんでした。このたび私たちは、乳酸菌のプランタルム菌が新型コロナウイルス感染症の予防効果をもたらす可能性があることを明らかにし、さらに最も相性のよいマッチングした乳酸菌を摂取することでより高い効果を発揮することをつきとめました。

スイカズラは治療に加え、予防効果も
「スイカズラ」、中国語名「金銀花」を主成分とする漢方薬『金花清感顆粒』は、新型コロナウイルス感染症の治療薬として2020年中国政府が発表した治療ガイドラインに三薬三方の一つとして薬効が公表されています。今回私たちは、『金花清感顆粒』が新型コロナウイルス感染症の予防だけでなく、治療にも使える可能性があることを明らかにしました。

12月1日に開催する論文発表会では、この2つの論文について高輪クリニック総院長 陰山康成と、東京大学定量生命科学研究所特任教授 秋山徹、東京大学定量生命科学研究所客員准教授 中村勉が、解説および詳細説明を行います。

【開催概要】
開催日時:2021年12月1日(水)10:00~12:00(受付開始9:30)
会場:AP品川アネックス 地下1階Qルーム (東京都港区高輪3丁目23-17 品川センタ-ビルディング)
発表内容:●新型コロナウイルス感染症に対する乳酸菌のプランタルム菌の予防効果
     ●スイカズラを主成分とする金花清感顆粒が新型コロナウイルス感染症の予防、および治療薬として機能する可能性


スピーカー:
医療法人社団癒合会 高輪クリニックグループ 総院長 陰山康成
<プロフィール>
医師・医学博士
岐阜大学医学部大学院卒業
医師、医学博士 救命救急、整形外科での臨床経験を積んだ後、
高輪クリニック開業
東海大学医学部客員准教授
品川メディカルモールセンター長、国際和合医療学会常任理事

東京大学定量生命科学研究所 特任教授 秋山徹
<プロフィール>
1986 年東京大学大学院修了 医学博士
1994 年大阪大学微生物病研究所 教授 
1997年 東京大学分子細胞生物学研究所 教授
株式会社医道メディカル取締役
研究テーマ:がん化、炎症、老化の分子機構、分子腫瘍学
研究テーマに関するキーワード:がん幹細胞,がん多様性、微小環境、老化、炎症
 
東京大学定量生命科学研究所 客員教授 中村勉
<プロフィール>
筑波大学第二学群生物学類卒業
大阪大学大学院医学研究科生理系専攻博士課程修了
専門分野:分子生物学
研究テーマ:炎症の分子機構

主催:医療法人社団癒合会

法人概要】
法人名:医療法人社団癒合会
代表:理事長 会田光一
所在地:東京都港区高輪4-23-6 ハイホーム高輪201 TEL.03-3449-4909
ホームページ:https://takanawa-clinic.com/
設立:2006年2月24日

<報道関係者からのお問い合わせ先>
医療法人社団癒合会 事務局 担当:井上
TEL:03-6712-9747  FAX:03-6433-3166 E-mail:inoue@takanawa-clinic.com
医療法人社団癒合会 事務局 井上 
121日 最新論文発表会 参加申込書


以下、ご記入のうえ広報事務局宛てFAX、もしくはメールにてご返信くださいますようお願いします。

該当するものに ☑ をつけてください。
□ 来場参加 □ オンライン参加
□ 医療関係   □ 報道関係   □その他(        )
御社・団体名:
部署・肩書:
御芳名:                          様
TEL:   -    -   FAX:   -    -
メールアドレス:           @

御要望・御質問等ございましたら、御記入ください。


※メールにてお申し込みの場合は、inoue@takanawa-clinic.com までご連絡願います。


<本件に関するお問い合わせ先>
医療法人社団癒合会 事務局  担当:井上
TEL:03-6712-9747  FAX:03-6433-3166  E-mail:inoue@takanawa-clinic.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)