食品・飲料

アイセイ薬局、アン ミカ氏、薬日本堂のトリプルコラボレーション 『キレイ創巡』コラボレーション始動

株式会社アイセイ薬局
2021年11月9日(火)ティザーサイト、公式SNSオープン


株式会社アイセイ薬局(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長:藤井江美)は、モデル・タレントのアン ミカ氏と、薬日本堂株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長 河端敏博)とのトリプルコラボレーションとなる『キレイ創巡』コラボレーションを始動いたします。

■背景
この度のトリプルコラボレーションは、調剤薬局を広く展開し健康を総合的にサポートするための取り組みを推進するヘルスデザイン・カンパニーの「アイセイ薬局」と、漢方・養生の資格取得等から得た智慧で自らの健康の礎として漢方・養生の大切さを実感されている「アン ミカ氏」、そして漢方薬局のリーディングカンパニーである「薬日本堂株式会社」の3者が出会い、漢方・養生をキーワードに、もっと多くの人々を健康にしたいという願いから始まりました。

漢方においては「上工治未病(じょうこうちみびょう:名医は未病を治す)」という有名な言葉がありますが、病が芽生える前に未然に防ぐことを第一に考え、そのための「養生(病気にならないことを目指したライフスタイル)」を大事にしています。そして健康であるということは、季節など自然の揺れ動きと共鳴しながら、バランスよく満ち足りて「巡り」が良い状態を指します。今までにない環境の変化はもちろん、日々さまざまな情報にさらされる現代人はとかく「巡り」が乱れがち。自身の内側に耳を澄ませて「巡り」を注視し、バランスを整えることが元気の源であり、心身における健康の土台を創ります。

この漢方・養生の考え方でも重要な「巡り」というキーワードに着目し、プロデューサーのアン ミカ氏の想いから「キレイ創巡」といったネーミングに決定。このネーミングに至る背景には、自身の不調をきっかけに、身体の土台創りや巡りの大切さを実感した経験や、SNSなどを通じて養生や季節ごとの体の整え方を発信してきた際の周囲の反響に基づいています。モデル・タレントとしてのエネルギッシュな活動を支えることとなった漢方・養生。古く難しいといったイメージで捉えられることも多いなかでおしゃれに、分かりやすくお伝えしながら、キレイを創る健やかな巡り習慣をサポートし、より多くの方にポジティブに美しくなっていただくことを目指しています。

■今後の展開予定
現在コラボレーションの第一弾製品(和漢茶)を開発中。発売に先駆けて、2021年11月9日にコラボレーション公式サイトおよび公式Instagramがオープン。アン ミカ氏のメッセージや、今後の展開を順次更新予定。

公式サイト https://t.kireisojun.jp
公式Instagram  https://instagram.com/kireisojun_official

■各者概要
アイセイ薬局について www.aisei.co.jp




1984年の創業以来、開業医との医薬連携を大切にした地域医療への貢献を行っています。調剤事業に加え「ヘルスデザイン・カンパニー」として、健康を総合的にサポートするための取り組みを推進。健康情報誌「ヘルス・グラフィックマガジン」をはじめ、健康情報メディア『HELiCO(ヘリコ)』、ヘルスデザインブランド「KuSu(クス)」などを展開しています。
◆薬局店舗数:396店舗(2021年11月1日現在)


アン ミカ氏について tencarat.co.jp/ahnmika/



アン ミカ(モデル・タレント)
1972 年生まれ。韓国出身大阪育ち。1993 年パリコレ初参加後、モデル・タレント、テレビ・ラジオ・ドラマ・CM出演など、幅広く活躍。また、「漢方養生指導士」「化粧品検定1級」「ジュエリーコーディネーター」など多数の資格を活かし、化粧品、洋服、ジュエリー等をプロデュース。そのほかにも、韓国観光名誉広報大使、初代大阪観光大使も務めている。

薬日本堂株式会社について www.nihondo.co.jp



1969年創業。一人ひとりの体質やお悩みに合わせて美容・健康をトータルにアドバイスする「ニホンドウ漢方ブティック」「カガエ カンポウ ブティック」「薬日本堂」を全国に展開。その他、ニホンドウ漢方ミュージアム、薬日本堂漢方スクール、出版・監修、日本コカ・コーラ社「からだ巡茶」や永谷園「くらしの和漢」シリーズの開発協力を含む他業種とのコラボレーションなど、漢方・養生を軸とした幅広い事業展開を行う。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)