デジタル製品・家電 美容・健康

「百貨店の新しいあり方」として注目される松山三越の5階・6階に出店する「エイジングケアパーク E3」(6階:女性限定フロア)にAFS社除菌ロボット採用

株式会社アルファクス・フード・システム
松山三越(愛媛県松山市)のリニューアルオープンは、地方百貨店再生の切り札として全国から注目を集めています。中でもこの度、5階・6階に出店する「エイジングケアパークE3(イースリー)、以下E3」(運営:株式会社E3(三福ホールディングス)本社:愛媛県松山市、代表取締役社長 中矢 孝則)は、「物」を売ることの代表格であった百貨店が「コト(体験)」を売る仕組みへと、シフトチェンジなるかどうかの生命線であると、多くの人が関心を寄せています。


E3は、アンチエイジング権威、愛媛大学医学部・伊賀瀬先生監修のもと、アンチエイジング診断コーナーや体験ブース、フィットネスはもちろん、岩盤浴やヨガなど、エイジングケアに効果的なありとあらゆる機器や人が配備され、その規模は何と1000坪級。まさに日本で初めてのエイジングケアパークです。オープン(12月上旬グランドオープン予定)は、新型コロナウイルス感染症を考慮し、密状態を回避するため段階的になりますがその6階の女性限定フロア(オープンは11月6日)の空間除菌と環境表面ケアには、株式会社アルファクス・フード・システム(本社:山口県山陽小野田市、代表取締役社長 田村 隆盛、以下AFS社という)の薬剤噴霧型除菌AIロボット「サービスショットα5号機」が採用されました。


◆◇ 「エイジングケアパークE3(イースリー)」のご紹介 ◇◆
エイジングケアは「人生100年時代」の昨今において「健康な状態で長生きすること」には必要不可欠な予防医学です。E3は、愛媛・松山にいながらにして、さまざまなアンチエイジングの最新情報に触れ、9つのエイジング診断やカウンセリングで心身の今をチェック。美しい音、心地よい香りの中、睡眠・運動不足・ストレスに効果的な岩盤浴での仮眠やヨガをゆったり楽しむことのできる効果的で楽しいエイジングケアについて、多方面からアプローチできる「総合エイジングケアパーク」です。
E3入口


室内


走行する除菌ロボット
走行する除菌ロボット


◆◇ サービスショットα5号機の紹介 ◇◆
 サービスショットα5号機は、薬剤噴霧型の除菌AIロボットです。  


噴霧する薬剤はナノプラチナです。ナノプラチナは、ナノ白金とも呼ばれ食品添加物としても用いられているばかりか、化粧品やサプリメントとしても利用されており、人体に無害で除菌効果に優れた物質です。
除菌効果以外にも、通常の薬剤では薬剤を覆うジェルボールが3,4日程度で乾いて効果が無くなってしまいますが、ナノプラチナは物質ですので乾いても無くなることはなく、表面環境の細孔に蓄積され除菌効果が7カ月以上持つことから、噴霧を入念に行う事で除菌コーティングの効果も見込めます。
 また、α5号機は後ろに10.1インチのタッチパネルモニタを搭載し、他の薬剤噴霧ロボットと比較しても最も形状がロボットに近く人目を惹くことから、そのモニタを活用しながらインフォメーションや動画などを流しながら噴霧を行うことができます。

◇株式会社アルファクス・フード・システム
AFS 社は、1993 年の創業時より一貫して外食チェーン向けに業務基幹システム「飲食店経営管理システム(R)」
勤怠集計管理システム「Timely」を主力にASP/クラウド型でトータルソリューションを提供しており、大
手外食チェーンを中心に導入店舗数は累計約26000店(約1,800社)で利用されています。また、手作業が前
提となる食材・備品発注作業を当日在庫等に考慮して完全に自動的に補充発注できる「自動発注システム」(特
許取得)を開発提供しており、世界的な食品ロス削減に貢献しています。
社名: 株式会社アルファクス・フード・システム(ALPHAX・FOOD・SYSTEM CO.,LTD)
東証JASDAQ上場(証券コード 3814)
https://www.afs.co.jp/
所 在 地:山口県山陽小野田市千崎128番地(江汐公園内)
代 表 者: 代表取締役社長 田村 隆盛
事業内容:外食企業向けITシステム提供
1.ASP/クラウド型基幹業務サービス「飲食店経営管理システム(R)」の販売・サポート
2.システム機器の企画・販売
3.ハードウェア・ソフトウェアの全国メンテナンスサービス
4.自社製品・サービスの開発・検証を兼ねたホテル・レストランの運営
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)