企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

「ロボットトータルケアシステム」を開発

株式会社コスモ技研
~ 《管理・通知・メンテナンスをトータルサポート》 ~

株式会社コスモ技研(本社:愛知県小牧市、代表取締役社長:松下貴志)は、既存ロボット納入先に対して 『ロボットトータルケアシステム』を開発致しました。《2021年10月1日より》 同業務で2023年12月期に20年12月期比で2倍以上の売上高3億円を目指します。



【サービス開始の経緯】
 厚生労働省は労働安全衛生法第28条第1項にて、
危険防止の措置、作業行動から生ずる労働災害の防止の措置を講じるよう定めており、
事業者が産業用ロボットを運用するうえで、メンテナンスの必要性が記載されている法律です。 (労働安全衛生法第20条第1項には「6ヶ月以下の懲役又は、50万円以下の罰金に処する」と明記されています)

 産業用ロボットも毎日長時間稼動するため、始業前や始業後の点検や法定点検を毎日実施する必要があります。ロボットの整備不良はライン停止の原因にもなります。しかしながら、工作機械などに比べ定期点検を徹底するユーザーが少ないのが現状です。一方、点検保守を自社でできずロボットメーカーに依頼するSIerが多いことも事実です。
 そんな中でコスモ技研では社員30人中20人が兼務で保守点検の対応を可能としました。増員と教育で原則自社での対応を可能にしました。顧客に納入した設備の累計稼働時間を計り、点検保守履歴も管理する新システムも稼働し、次の点検保守時期を個々にお客様にご案内します。定期実施の意識付けに各項目と理想頻度が分かる点検表もロボット納入先に配布し、改めてメンテナンスの重要性をお知らせします。



【ケアシステムによるユーザーメリット】
1)ユーザーにかわりロボットの適正管理ができる
・適正なタイミングで点検項目が通知(アドバイス)
2)設備の安定稼働に役立つ
・適正なメンテを実施することで、正常稼働を維持
・納入設備の「見える化」に役立つ
3)トラブルも未然に防げる
・クレームが出にくい体制がつくれる
・ユーザーのブランド維持
4)ユーザーからの閲覧が可能
・安心安全に役立つ
お客様にかわり、コスモ技研がより安心安全に
ロボットの稼働ができるようにサポート致します。

【ロボット点検表】 ※下記の表は一部抜粋したものです。



【コスモ技研とは】
コスモ技研は、ロボットによる無人化システムを中心とするFAエンジニアリング会社です。
AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)を活用した、難易度の高い無人化システムを化学、重工業、
工作機械、航空、医療、医薬、食品など各分野の顧客の基幹システムと連携した形で提案しています。
30人の従業員は全員が技術者。
機械設計から電気制御、ソフトウェア開発、組立て、据付調整まで全てカバーし、『顧客満足度No. 1』を
目指す技術者集団です。 直近の売上高は約30億円。顧客ニーズに的確に対応したオリジナルシステムで差別化。
顧客のリピート率は97.8%を達成しています。


【会社概要】
会社名:株式会社コスモ技研
所在地:愛知県小牧市入鹿出新田285
代表者:代表取締役社長 松下 貴志
設立:1999年11月9日
URL:https://www.cosmo-gi.com
事業内容:「ロボットによる無人化FAシステム」
化学・重工業・工作機械・航空・医療・医薬・食品業界等のスマート工場エンジニアリング
【お客様並びに本リリースに関する報道のお問い合わせ先】
《問い合わせ先》
TEL:0568-71-6571(受付時間:平日 9:00 ~ 17:00)
e-mail:info@cosmo-gi.com
部署:営業技術部 / 担当:柴田・二村
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)