医療・医薬・福祉 美容・健康

【8割以上のワイヤー矯正経験者が満足と回答】今からでも遅くない!おしゃれも楽しめるワイヤー矯正のメリットとデメリットが明らかに

医療法人社団 銀座矯正歯科
1,015人のワイヤー矯正経験者に実態調査

医療法人社団 銀座矯正歯科は、ワイヤー矯正経験者を対象に「ワイヤー矯正」に関する実態調査を実施しました。


「歯列矯正」というと、おそらく多くの方は針金を用いた器具を装着する「ワイヤー矯正」を思い浮かべるのではないでしょうか。

今でこそ、マウスピース矯正などの新たな歯列矯正の選択肢もありますが、やはり最も経験者数が多いとされるのがワイヤー矯正と言えるでしょう。(21年5月実施「歯列矯正治療」に関する調査:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000040496.html

細かい調整が可能なので、様々な症例に合わせて治療ができるなどの長所もたくさんあるそうですが、その一方で「あのワイヤー器具を着けるのはちょっと抵抗が…」という方も多いのではないでしょうか。

治療に入ってから後悔しないためにも、せっかくなら自分に合った矯正方法を選びたいと思いませんか?

そこで今回、医療法人社団 銀座矯正歯科https://www.speeddigitalorthodontics.com/)は、ワイヤー矯正経験者を対象に「ワイヤー矯正」に関する実態調査を実施しました。

実際にワイヤー矯正を経験された方の本音を伺いながら、その特徴について詳しく見ていきましょう。


ワイヤー矯正を選んだきっかけと理由

はじめに、ワイヤー矯正を始めたきっかけに関して伺っていきたいと思います。

■矯正を始めようと思ったきっかけ
・子供の頃前歯がすきっ歯で出ていたことから親に勧められた(30代/女性/兵庫県)
・歯並びが悪く、食事の際に唇を噛んだりすることが多かったため(40代/女性/熊本県)
・歯並びにコンプレックスがあったから(40代/女性/愛知県)
・歯並びが悪く、虫歯治療していた歯医者さんに、矯正専用の歯科を紹介して頂いた(50代/女性/埼玉県)

などの回答が寄せられました。

厚生労働省の報告では、現代人の2人に1人は歯列矯正が必要だとされています。
幼少期に親御さんの判断で矯正を始めた方がいらっしゃる一方で、成人されてから矯正を始めた方は、歯科医からの指摘や、コンプレックスを感じていることがきっかけとなっているようです。

矯正の方法はいくつかありますが、ワイヤー矯正を選択したのはなぜでしょうか。


そこで、「ワイヤー矯正を選んだ理由を教えてください(上位3つまで)」と質問したところ、『最もメジャーな矯正方法だと思ったため(53.0%)』と回答した方が最も多く、次いで『医師に勧められたため(41.9%)』『最も被施術者数が多く安心できると思ったため(22.9%)』と続きました。

同じワイヤー矯正でも、目立たない歯の裏側にブラケットを取り付ける裏側矯正や、取り外しができ、痛みも少ないマウスピース矯正等もありますが、ワイヤー矯正はメジャーであり、歯科医師の勧めや、被施術者数も多く症例も豊富で万が一の対応にも迅速な対応を行えるのではないか、といったメリットがあることから選ばれているように思われます。


一番多いのは金属ブラケット!ワイヤー矯正の種類と満足度は?

先程の調査で、ワイヤー矯正を始めたきっかけや、選んだ理由について分かりました。

では、実際に取り付けたワイヤー矯正の種類は何でしょうか。


「行ったワイヤー矯正の種類を教えてください」と質問したところ、約6割の方が『金属ブラケット(58.0%)』と回答しました。

金属ブラケットは透明のブラケットよりも厚みが薄く歯への負担も少ないそうです。
また、金属部分が目立つことを利用してモジュール結紮(けっさつ)の色を変えておしゃれを楽しむこともできます。
さらにメジャーな矯正方法でもあることから、選ばれている方が多いのかもしれません。

成人してからの矯正は、歯の状態にもよりますが、終了までに1年以上かかることもあるようです。
長期間の治療を終えて、現在の満足度はどのくらいなのでしょうか。

そこで、「ワイヤー矯正を終えた現在の満足度はどのくらいですか?」と質問したところ、8割以上の方が『とても満足している(34.2%)』『ある程度満足している(52.5%)』と回答しました。

歯並びが綺麗にそろい、今までの悩みやコンプレックスが解消されて満足している、ということが窺えます。


ワイヤー矯正のメリット/デメリットとは?

ここまでの調査で、ワイヤー矯正は金属ブラケットを使用しており、矯正後の仕上がりに満足している方が多いことが分かりました。

ワイヤー矯正は実際に受けてみないと分からないことも多いかと思います。
そこで、ワイヤー矯正を受けて良かったことを聞いてみました。

■ワイヤー矯正を選んで良かったと思ったこと
・細かな調節が聞き、スムーズに歯を移動されることができた(20代/女性/東京都)
・噛み合わせが歯科医に褒められるくらい綺麗になった(30代/女性/神奈川県)
・自分で外すことができないので装着時間を気にする必要がない(30代/女性/東京都)
歯並びがある程度良くなりました。歯磨きしやすく、きちんとケアをしていれば虫歯によりなりにくい点です(30代/女性/埼玉県)
・あまり体に負担がかからなかった(40代/女性/東京都)

などの回答が寄せられました。

矯正によって歯並びが綺麗になるだけでなく、歯磨きが楽になることにより、虫歯や歯周病などの病気にもなりにくくなることが窺えます。

満足されている方が多くいらっしゃいますが、後悔したこと、不満に思ったことはないのでしょうか。


そこで、「ワイヤー矯正を選んで後悔したことや不満に思ったことはありましたか?」と質問したところ、半数以上の方が『大いにあった(12.3%)』『多少あった(44.3%)』と回答しました。

ワイヤー矯正に満足されている方が多くいらっしゃる一方で、後悔や不満を持つ方もいらっしゃるようです。

では具体的にどのような後悔や不満があるのでしょうか。

■ワイヤー矯正を選んで後悔したこと、不満に思ったこと
・進むのが本当に遅い、医師の説明が不十分、顔がおもながになり、たるむ。ほうれい線が目立つようになる。歯磨きを丁寧にしないとすぐ歯石が溜まる(20代/女性/東京都)
・歯とワイヤーの間に食べ物が挟まりやすいので人と外食はしにくい(30代/女性/東京都)
・見た目が良くない。笑うと矯正しているのが見えるのが嫌だった(30代/女性/兵庫県)
・通院が大変でした(40代/女性/兵庫県)
・あちこち痛い時があり我慢したり、歯磨きが大変だった(50代/男性/兵庫県)

などの回答が寄せられました。

見た目や、食べたものが挟まりやすいといったことは事前に分かってはいたものの、実際に矯正してみると改めて不満となってきているようです。
また、歯科医側の説明不足といった、治療が始まってみないと分からない部分もあり、事前に情報をしっかり集めておくことも必要のようです。


ワイヤー矯正経験者の本音…一番多い不満は装置が目立つ!

ここまでの調査で、ワイヤー矯正での後悔や不満が明らかになりましたが、では、ワイヤー矯正のどのようなところがデメリットと感じている方が多いのでしょうか。



「ワイヤー矯正でデメリットだと感じた点を教えてください(上位3つまで)」と質問したところ、装置が目立つ(44.7%)と回答した方が最も多く、次いで歯を磨きづらい(41.1%)』『飲食がしづらい(33.2%)と続きました。

先程の調査で、後悔や不満として挙がっていたように、装置が目立つ、歯磨きや飲食のしづらさといった、常に矯正器具を着けていなくてはならないワイヤー矯正ならではのデメリットが多いようです。


矯正方法の選択で後悔しないためには

ここまでの調査で、ワイヤー矯正のデメリットについて分かりました。

ワイヤー矯正を含め、歯列矯正は終わったら永久的に歯列矯正をしなくても良い、ということではなく、中には歯列が矯正前の位置に戻ってしまうことがあるようです。
では、もしまた歯列矯正をすることになったとしたら、ワイヤー矯正を選ぶのでしょうか。


そこで、「もしまた歯列矯正の治療を受けなければならないことになったら、再びワイヤー矯正を選びますか?」と質問したところ、『はい(54.8%)』『いいえ(45.2%)』と、ほぼ半分に分かれました。

ワイヤー矯正を受けて良かったと回答している方が多くいらっしゃいましたが、再度矯正を受けるとなると、ワイヤー矯正を選ぶかどうか迷われているように窺えます。

では、これから歯列矯正を受けるにあたって、大切なことや重要視すべきことは何でしょうか。

■歯列矯正の種類を選ぶ際に大切な事や重要視すべきだと思うこと
・喋りやすかったり歯を磨きやすかったり日常生活でも過ごしやすいものがいい(20代/女性/群馬県)
・十分な情報提供のもとに、かかる時間や費用、利点と欠点を比較することが大切だと思います(30代/女性/大阪府)
・矯正が終わってからの舌の使い方やクセも一緒に治してくれるところを選んだ方がいいと思う(30代/女性/大阪府)
・歯科医師との相性をしっかりと見極めることが必要だと感じました(40代/女性/神奈川県)

などの回答が寄せられました。

見た目といったワイヤー矯正では変えることのできないこともありますが、事前に調べることのできる情報をできるだけ収集しておくこと、矯正後のフォローをしてもらえるかも重要視すべき大切なポイントのようです。


【まとめ】ワイヤー矯正経験者の本音が明らかに…!アナタにあった矯正治療を選びましょう

今回の調査で、幼少期の親御さんの判断や、大人になってから悩みやコンプレックスを持つようになって歯列矯正を始められおり、メジャーであることから安心感があったり、医師に勧められたりして金属ブラケットによるワイヤー矯正を選択された方が多いことが分かりました。

また、矯正器具が目立つことや、長期間かかること、器具に食べたものが挟まりやすいといったデメリットはあるものの、8割以上の方がワイヤー矯正を行うことで結果に満足されており、矯正終了後の歯列の綺麗さ、歯と口内の衛生を保ちやすいといったことがメリットとして挙げられていました。

現在、透明ブランケットによるワイヤー矯正やマウスピース矯正といった治療法もメジャーになりつつあります。
マウスピース矯正は、ローコストで治療することができるかつ、自由に取り外し可能なため、見た目や食事の際の悩みもワイヤー矯正と比べて少ないでしょう。

とわいえ、ワイヤー矯正と同じようにマウスピース矯正もデメリットに感じる部分があるようです。(21年8月実施「マウスピース矯正」に関する調査:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000040496.html

歯列矯正を検討されている方は、今回の調査結果を参考に、事前にできるだけ情報を収集し、自分に合った歯科医院を探してみて下さい。


目的に合った治療をするなら“銀座矯正歯科”がオススメ!



今回、調査を行った銀座矯正歯科https://www.ginzakyousei.com/)では、患者様の願いをできる限り叶えるために『目的別治療プログラム』https://www.ginzakyousei.com/0540program/)をご用意しております。

■目的別治療プログラム
日本の矯正学では、機能的な噛み合わせと美しい歯並びをつくることが矯正の目的になっていて、“かかる期間”“フェイスライン”を含めた仕上がりなどについてはあまり重きを置いていません。

しかし、患者さまの多くは、明確な仕上がり目標や期間的な制約、あるいは様々な願いを持って矯正治療の扉を叩きます。

そこで、当院では患者さまの願いをできる限り叶えるために「目的別治療プログラム」をご用意しています。
様々なニーズに合わせて、期間や目的、審美的な仕上がりなどをコントロールしながら矯正治療を行うことが可能です。

■矯正治療によるフェイシャルプランニング


フェイシャルプランとは、「歯並びを整えるだけでなく、バランスのとれた美しい笑顔を」と願う患者さまのための治療技術です。
顔全体のバランスを美しく調整するには矯正治療のみでは限界がある場合もあり、顎外科手術が必要なケースもあります。
顔を横から見て、鼻とアゴの先端を結んだ線をEライン(エステティックライン)と言います。
Eライン上に沿って、口もと、アゴの両方がきれいに並んだ状態が一番美しいと言われています。もちろん、人それぞれ好みがありますので、一人一人に合ったご希望のラインに近づける為にどんな治療法が最適かを考えます。

矯正治療をお考えの方は、ご自身の目的に合った治療法を選んでみてください。


過去の調査リリース一覧

・「歯列矯正治療」に関する調査:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000040496.html
・「歯列矯正のイメージと治療に求めること」に関する調査:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000040496.html
・「歯列矯正前後のエピソード」に関する調査:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000040496.html
・「マウスピース矯正」に関する調査:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000040496.html
・「矯正治療によるフェイシャルプラン」に関する調査:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000040496.html

■医療法人社団 銀座矯正歯科:https://www.ginzakyousei.com/
■お問い合わせ:https://www.ginzakyousei.com/contactssl.html
■TEL:03-3567-5454


調査概要:「ワイヤー矯正」に関する実態調査
【調査期間】2021年10月22日(金)~2021年10月23日(土)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,015人
【調査対象】ワイヤー矯正経験者
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)