医療・医薬・福祉 教育・資格・人材

ATTEND biz、歯科医院のビジネスを「治療」→「予防」へスイッチするツール、「スイッチワン」を開発。

株式会社Lbose
企業のデジタルプロダクト開発支援を行う「ATTEND biz(アテンドビズ)」(運営:株式会社Lbose、代表取締役:小谷 草志)は、株式会社デンタル・スイッチが運営を行う、歯科医院のビジネスを「治療」から「予防」へスイッチするツール「スイッチワン」を開発しました。本サービスは本日2021年11月10日から正式に提供を開始いたします。




■サービス概要
スイッチワンは、歯科医院のビジネスを「治療」→「予防」へスイッチする新たなデジタルツールです。予防医療の診療フローや説明内容がPC・タブレット上に表示されることで、経験の浅いスタッフでも、来院者に対して適切な診療、コミュニケーションを行うことができます。患者の診療記録をデジタルで管理することができるため、歯科医院のDX化も推進します。
https://www.dental-switch.co.jp/

■サービス開発の背景
現在、子供の虫歯の減少、子供の絶対数の減少などから歯科医院の「治療」を中心としたビジネスモデルは大きな転換を求められています。そこで注目が集まっているのが「治療」→「予防」へのビジネスモデル転換です。一方で本格的な予防歯科サービスを提供するとなると、予防の実務を担う歯科衛生士への負担や、顧客との密なコミュニケーションの必要性など、様々な課題が浮上してきます。このような状況を受け、歯科衛生士の負担を減らし、顧客との密なコミュニケーションを図ることができるツール「スイッチワン」を開発しました。

■サービスのポイント
1.専用WEBアプリケーションで患者様のステータスを把握
新規患者情報を入力することができ、現在の診察ステージや、治療・メンテナンス状況を管理することが可能です。デジタルで情報を管理することで、引き継ぎなどもミスなく行なっていただけます。


2.診断や検査の流れをタブレットで直接説明
患者様への説明用に、診療の流れや検査の説明など様々なコンテンツを用意しています。患者様への説明に徹底的にこだわったオリジナルコンテンツをその場で見せることにより、現在の治療ステータス、今後の治療方針など患者様に理解いただくとともに安心して来院いただけるような工夫をしています。



3.来院後の自宅メインテナンスのフォロー機能
LINEプラットフォームを活用し、現在のステータスに応じたコンテンツを配信。親子で歯科予防を促し、次回来院までにすべきメインテナンスをリマインドすることが可能です。

■株式会社Lbose 代表取締役 小谷草志より
はじめてスイッチワンの構想を聞いた時、歯科業界の課題に対して歯科医院のビジネスを転換するような大きな可能性を感じました。ATTEND bizはクライアントが持つ業界内での知見やノウハウと僕らが持っているデジタルプロダクトやUXに対する知見やノウハウが相互作用することで新たなプロダクトを開発しています。今回のスイッチワンはまさにその結晶です。今後、追加機能開発も予定しているので、フレキシブルなチームでの開発だからこそできるデジタルツールとしてより良いものにしていきたいと思います。

■ATTEND bizの強み
・プロジェクトをリードするプロダクトマネジャー(PM)と開発メンバーをセットでアサイン
ATTEND bizは「新規事業でWebサービスやアプリを開発したいが、社内に開発体制や知見がない。」という企業へ、弊社専属のプロジェクトマネージャーが伴走し、企画設計・プロトタイプ開発・運用改善など新規事業立ち上げのフェーズに合わせた柔軟な開発体制を提供しています。

・月額制度
新規事業開発等の開発に月額制で伴走させていただくため、企画設計・開発・運用改善といった事業の進捗、環境の変化などに合わせ、開発内容やチーム編成などについて柔軟な変更が可能です。

■会社概要
社名:株式会社Lbose
所在地:熊本県熊本市中央区桜町1-25
創業:2017年10月
代表者:代表取締役 小谷草志
事業内容:新規事業開発チーム「ATTEND biz」の運営
URL:
https://www.lbose.co.jp
https://attendbiz.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
PR:楠橋(くすはし) Email:ako.kusuhashi@gmail.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)