医療・医薬・福祉 教育・資格・人材

中高生向けwebイベント「再生医療は社会に向けてどのような発信をすればよいのか」考える

一般社団法人日本再生医療学会
 再生医療とは、病気や事故などによって失われてしまった体の細胞や組織、臓器を再生させ、機能を回復させることを目指した新しい医療です。病気や怪我に新しい治療法をもたらすのではないかという大きな期待を受け、世界中でたくさんの研究が行われ、さまざまな可能性が生まれています。その一方、新しい医療であるがゆえに、社会で広く使われるまでには、本当に安全か、本当に効果があるのかを確かめる必要がありますが、そうした過程について、医師や科学者ではない人々が知る機会はなかなかありません。  日本再生医療学会では、よりよい再生医療を作り、そして選ぶための情報の現在を考え、将来を作ることを目指す企画を中高生向けに開催します。第1部では、先端の再生医療研究に触れたり、新しい技術がもたらすイメージを考えながら、日本再生医療学会が社会との関係をどのように考えているかのお話をお届けします。第2部では、実際にみなさんに再生医療と社会との関係について議論をしてもらい、最先端の研究者と考える場を設けます。この機会に、「社会といっしょに再生医療をつくる」ことについて、みなさんで考えてみませんか。


【イベント日時】2021年11月28日(日)13:00-17:30
【プログラム】
<第1部/講演>13:00-14:00 ※敬称略
司会:東島 仁(千葉大学)
講演1:「iPS細胞から臓器を創り出す!」
     武部貴則(東京医科歯科大学/横浜市立大学/シンシナティ小児病院)
講演2:「再生医療とSFのはなし」
     八代嘉美(日本再生医療学会)

<第2部/ワークショップ>14:30-17:30
司会:八木絵香(大阪大学)
有識者:武部貴則(東京医科歯科大学/横浜市立大学/シンシナティ小児病院)
    八代嘉美(日本再生医療学会)

第2部はグループに分かれて、「再生医療は社会に向けてどのような発信をすればよいのか」について、ディスカッションするワークショップを行います。2つテーマを同年代の参加者と議論を行い、最先端の研究者と考えていきます。

【申し込みURL】 ※2021年11月20日(土)15:00 締切
以下URLより、詳細確認の上、申し込みください。

https://www.jsrm.jp/news/news-10554/

第1部:講演
第2部:ワークショップ(定員30名)
※第2部は、抽選とさせていただき、当落については、当選者へは11月25日までに当日の接続URLのご案内をもってかえさせていただきます。

【開催方法】オンライン(ZOOM)

【その他】
・参加費は無料です。
・本イベントは、中学生、高校生を対象としておりますので、それ以外の方のご参加はご遠慮ください。
・撮影、録画、録音は禁止です。書き起こし、撮影した資料をSNS等で公開するのはご遠慮ください。
・第1部講演資料は後日、日本再生医療学会HPに公開する予定です。

【イベントに関するお問い合わせ】
NCイベント運営事務局(株式会社T’s Garden内)
E-mail:nc-events@ts-garden.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)