医療・医薬・福祉

quantumがデザインしたクルマイス「Wheeliy(ウィーリィ)」、ヨーロッパ最大規模の近現代美術館、ピナコテーク・デア・モデルネに収蔵

quantum
株式会社モルテンと共同開発した、アクティブに活動する人向けのクルマイス

株式会社QUANTUM (本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:高松充、以下「quantum」、読み方:クオンタム) が、医療・福祉機器メーカーの株式会社モルテン(本社:広島市西区、代表取締役社長:民秋清史、以下「モルテン」)と共同で開発した日常を旅するクルマイス「Wheeliy(ウィーリィ)」は、ドイツ ミュンヘンの美術館 ピナコテーク・デア・モデルネ (Pinakothek der Moderne) にパーマネントコレクションとして収蔵されることとなり、このほど、同館にて展示が開始されました。





ピナコテーク・デア・モデルネ (Pinakothek der Moderne)は、現代美術、グラフィックアート、建築、デザインを展示する4つの美術館の集合体であり、コンテンポラリーアートの分野ではヨーロッパでも最大級の美術館です。
WheeliyはThe Design Museum (Die Neue Sammlung)内のXDEPOT ( https://dnstdm.de/en/xdepot/ )
と呼ばれるスペースに展示されています。

なお、現在はX-D-E-P-O-T. DIGITALによって、オンライン上でも展示をご覧いただけます。
https://dnstdm.de/en/x-depot-digital/

Wheeliyはこれまでにも「iFデザインアワード」「Red Dot Design Award」「グッドデザイン賞」など、国内外のデザインアワードで高い評価をいただいてきましたが、美術館の収蔵品への追加という形で評価をいただいたのは今回が初の機会となります。





※展示中のWheeliy
Wheeliy at X-D-E-P-O-T, Die Neue Sammlung - The Design Museum, Munich, Germany. Photo: Patrizia Hamm.


美術館(ピナコテーク・デア・モデルネ)からのコメント

Why we chose Wheeliy :

“Wheeliy combines functional and intuitive handling with the highest design standards. It shows the power of good design that is employed to provide elegant and intelligent tools to help us in our everyday lives and tasks.“

“Wheeliyは、機能的で直感的な操作性と、最高水準のデザイン性を兼ね備えています。
私たちの日常生活や仕事を助けてくれる、洗練されたスマートなツールを提供するために、優れたデザインの力が採用されたことを示しています。”


ピナコテーク・デア・モデルネ ( Pinakothek der Moderne )について


( https://www.pinakothek.de/ )

ドイツのミュンヘンに位置する国立美術館の集合体。バイエルン州絵画コレクションの現代美術コレクション ( Sammlung Moderne Kunst ) 、デザインミュージアム( The Design Museum / Die Neue Sammlung )ミュンヘン建築ミュージアム( Architekturmuseum der Technischen Universität München ) 、州立ミュンヘングラフィックコレクション( Staatliche Graphische Sammlung München)の4つから成り立つ。


●Wheeliy(ウィーリィ)について( https://www.molten.co.jp/health/wheeliy/




Wheeliy(ウィーリィ)は、quantumとモルテンが共同開発した、障がいがあっても多くの介助を必要とせず、アクティブに活動する人向けのクルマイスです。quantumはコンセプトの設計とプロダクトデザインを全面的に担当しました。

視力を矯正する器具であった眼鏡が、暮らしやファッションの中で当たり前の存在である「メガネ」になったように、車椅子の枠を超え、街の景色になる「クルマイス」を作りたい。そんな思いに基づいて開発した「Wheeliy」は、車椅子に不慣れな方がどう操作すればいいか直感的に理解できるようにアクセントカラーのイエローを配置するなど、周囲のサポートも含めたクルマイスでの快適な移動を追求したデザインになっています。

2019年4月に販売開始、また同年9月にはパワードライブ機能とパワークッションを搭載したモデルを発表しました。


●quantumについて (https://www.quantum.ne.jp)



quantumはクリエイティビティを軸とした事業開発によって、新しいプロダクトやサービスを創り出すスタートアップスタジオです。2016年の創業以来、venture buildersとして自社事業を立ち上げるとともに、70社を超える企業やスタートアップ、大学と事業開発に取組み、共同創業により多様な新規事業を生み出してきました。

これからもquantumは起業家精神を大切にするカルチャーの中、クリエイティビティと実装力を駆使して、連続的に”Zero to Impact”に挑戦していきます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)