医療・医薬・福祉 暮らし

千葉県へ新型コロナウイルス感染妊産婦入院調整支援システム「COVI-CO」を導入

株式会社Smart119
感染妊産婦の危機をICTで救う

千葉大学発医療スタートアップ企業である株式会社Smart119(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長/CEO:中田孝明)は、千葉県の新型コロナウイルス感染妊産婦の入院調整業務に、同社が運営する災害時危機管理体制強化サービス「Smart:DR」(スマート ディアール/特許番号:第6166114号)から応用開発した新型コロナウイルス感染妊産婦入院調整支援システム「COVI-CO Covid-19 Coordination Powered by Smart:DR」が導入され、運用を開始したことを発表します。


新型コロナウイルス感染症患者の急増により、日本全国の多くの医療現場、自治体では、病床数の確保と症状に応じた治療を行うために、「災害医療」と同等の体制を敷いています。
こうした状況下において、千葉県では本年8月、新型コロナウイルスに感染した妊娠29週の妊婦の救急搬送先が見つからず自宅で早産し、新生児が死亡した痛ましい事案がありました。同県では、この事案をきっかけとして、新型コロナウイルス感染妊産婦の入院調整業務の、更なる円滑化を検討してきました。


Smart:DRは、災害発生時に、病院、救護所、医療従事者と災害本部などの間で情報共有し、迅速な災害医療の確立と、状況変化に即応できる体制づくりを支援するシステムです。このシステムをカスタマイズし、千葉県において、新型コロナウイルス感染妊産婦の入院調整支援システム「COVI-CO Covid-19 Coordination Powered by Smart:DR」を開発しました。
主な機能は以下の通りです。


患者情報等共有機能(開発中)
受入依頼情報共有機能
医療機関の受入可否返信機能
受入可否返信結果の自動集計機能


かかりつけ産科医、県医療調整本部、母体搬送コーディネーター、周産期母子医療センターなどで情報共有されます。

◆COVI-CO運用の一例 ※千葉県の実際の運用体制とは異なります

◆COVI-CO 画面一例 ※開発中の画面です
1.新規収容依頼


2.収容依頼(LINE・メール)



3.収容依頼・集計


これにより、新型コロナウイルス感染妊産婦の入院調整業務に関する情報伝達・情報共有がより早く、正確に行えるようになる見込みです。

株式会社Smart119の代表取締役である中田孝明は、今回千葉県に向けて開発したシステムに関して、「もし他自治体においても同様のニーズがある場合、千葉県と同様に迅速にシステム提供する事が可能」と述べています。


◆Smart:DRの特徴
・スタッフへの緊急連絡、安否確認
・緊急時の集合状況をリアルタイムに把握でき、最適な人員配置を支援
・医学的見地に基づいた健康管理情報を自動集計
・返信は、ワンクリックで完了でき、ログインが不要
・掲示板機能を有し、平時においても活用できる

◆Smart:DRウェブサイト
https://smart119.biz/dr/

◆関連プレスリリース
2021年9月7日 【災害訓練で実証】「配置部署図機能」を追加した「Smart:DR」が、組織的な災害医療に貢献
https://prtimes.jp/main/action.php?run=html&page=releasedetail&company_id=56624&release_id=52&owner=1

2021年7月15日 医療機関・医療従事者用災害対策システム「Smart:DR」スマートフォンアプリをリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000044.000056624.html

2021年6月9日 【機能向上】災害時危機管理体制強化サービスSmart:DRに、「掲示板機能」を追加
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000042.000056624.html

2021年3月11日 りんくう総合医療センターが新型コロナ・ワクチン接種後の副反応チェック・健康管理システムを利用開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000056624.html

2020年12月25日 【新型コロナの病院内クラスターを防ぐ】医療機関用災害対策システム「Smart:DR」に「職員健康管理機能」を追加
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000056624.html


<株式会社Smart119について>
株式会社Smart119は「現役救急医が設立した、千葉大学医学部発スタートアップ」です。
『今の「119」を変える』ため、音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」を開発・運用。
千葉市において、日本医療研究開発機構 (AMED) の救急医療に関する研究開発事業を実施。
緊急時医師集合要請システム「ACES」、災害時の病院初期対応を「Smart:DR」の開発・運用を行なっています。Smart119は「安心できる未来医療を創造する」を目指します。




【株式会社Smart119概要】
会社名: 株式会社Smart119
住所: 千葉県千葉市中央区中央2丁目5-1千葉中央ツインビル2号館 7階
設立: 2018年5月
代表者: 中田 孝明
事業内容:
音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」の開発・運用
緊急時医師集合要請システム「ACES」の開発・運用
災害時病院初期対応システム「Smart:DR」の開発・運用
URL: https://smart119.biz
Twitter: https://twitter.com/Smart119_jp
メールアドレス: press@smart119.biz (担当:中村)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)