広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

AI対応X線画像ソリューション市場、2031年までに6億3,970万米ドル規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「AI対応X線画像ソリューションの世界市場 (2021-2031年):製品タイプ・ワークフロー・エンドユーザー・展開区分・用途・主要国別」(BIS Research Inc.)の販売を11月10日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/bis1026951-global-ai-enabled-x-ray-imaging-solutions-market.html




AI対応X線画像ソリューション市場の概要
人工知能(AI)は、コンピュータ化されたアルゴリズムを用いて複雑なデータを分析する新しい技術です。人工知能は医療分野で積極的に利用されています。世界のAI対応X線画像ソリューション市場の製品には、医療用画像処理において人間の認知行動を模倣するために使用されるハードウェアおよびソフトウェアソリューションが含まれます。機械学習や深層学習アルゴリズムは、X線のようなイメージングモダリティで使用する際にAIに似せて構築・教育されるAIベースのソフトウェアソリューションの例です。一方、AIベースのハードウェアソリューションには、プロセッサ、マイクロプロセッサ、チップなどがあり、医療用画像処理においてAIベースの重要な活動を行います。
世界のAI対応X線画像ソリューション市場は、2031年までに6億3,970万米ドルに達すると予測されています。また、2021年から2031年の間に20.2%のCAGR(年平均成長率)を記録すると見込まれています。

市場の成長要因
現在、市場の成長を促進する要因として、AIの応用範囲の拡大、資金調達活動の増加、臨床意思決定の複雑化などが挙げられています。

市場の課題
現在、市場の成長を阻害している課題としては、医療データに関するプライバシーとセキュリティへの懸念、訓練を受けたスタッフの不足、医師のAI導入への障壁、規制のハードル、AIシステムの法的影響などが挙げられます。

市場の機会
市場の成長を後押しする可能性のある機会としては、急速に進化する機械学習や深層学習の技術、業界を超えたパートナーシップの増加などが挙げられます。

COVID-19の影響
COVID-19パンデミックでは、コロナウイルスに感染した肺を医師が確認できることから、COVID-19患者を選別するためのX線検査の使用が増加しました。このことは、医療従事者がより短時間で患者をスクリーニングできるようにするためのAI対応X線画像ソリューションの需要に直接影響を与えました。また、AI対応X線画像処理ソリューションの導入により、X線画像処理のワークフローが改善されました。このパンデミックは、世界のAI対応X線画像ソリューション市場に長期的な影響を与えると予想されます。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/bis1026951-global-ai-enabled-x-ray-imaging-solutions-market.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)