美容・健康

【限定3枠!】都内で大人気のCBD専門カフェCBD(coffee)がFCオーナーを募集開始します。

グローバルタッチ 株式会社
CBDの知識、アルバイト育成方法、集客ノウハウをお渡し、共にCBD産業を盛り上げていけれる全国の仲間を募集します

日本初のCBDをスムージーやコーヒーと一緒に楽しめて、試せるCBDカフェ兼セレクトショップであるCBD(coffee)(本社:東京都港区/代表取締役:下村亨太)は、全国にCBDの文化を広めるため、都外地域を対象に、フランチャイズオーナーの募集を開始いたします。




CBD(coffee)とは
CBD(coffee)は日本で初めてCBDカフェとCBDディスペンサリーを融合させたカフェです。
体と心の解放をテーマに健康的を起点にしたドリンクメニュー展開とCBDをドロップできたり全てのCBD製品を無料でテイスティングできるサービスを展開しており、雑誌、新聞、テレビ、催事など様々なメディアに取り上げて頂いております。現在都内に2店舗(駒場東大前店/麻布十番店)あり、1店舗目を開店してから1年半が経とうとしており、CBD(coffee)サービスであるドリンクにCBDをドロップする際の写真は主にインスタグラムを中心に広がっています。
CBDという成分を新しい文化にする事が我々の使命です。


(駒場東大前店)



(麻布十番店)




CBD(coffee)がフランチャイズオーナーを募集します。こんな方におすすめです。
この度CBD(coffee)はこの度全国に展開するためCBD(coffee)FCオーナーを全国から募集します。
CBD(coffee)のFCオーナーは、下記のいずれかに当てはまる方であれば大歓迎いたします。

・CBD事業に興味ある方
・CBD事業に興味はあるが、どこから手を出していいかわからない方
・多大なリスクは背負いたいくないが、CBD市場を事業者目線で観察してみたい方
・法令遵守でCBD事業に挑戦してみたい方
・リラックス文化を広めたいと思っている方
・CBD(coffee)のお店のコンセプトが好きな方


CBD(coffee)が愛され続けてきた5つの特徴
ポイント1.
店頭での体験を重視したカウンセリング
・CBD自体に対する不安
・乱立する数多のCBD製品から自分の悩みに合った製品を探すことができない不安
これらを解決するために、店頭ではカウンセリングを通して、商品を提案しております。お客様ファーストで寄り添い続けることができたのはこのカウンセリングに最も力を入れているからです。
こちらのカウンセリングやCBDの知識は誰でもできる様にマニュアル化されており、それが根強いファンを生んでおります。



ポイント2.
法令遵守の製品ガイドライン、お客様マニフェスト
CBD(coffee)は以下の3つを取り扱い商品の製品ガイドラインを作成し、お客様マニフェストとして提示しています。
市場には違法に輸入した製品や、記載通りの成分が入っていない粗悪製品もあるのが現状です。そして良い商品を見極めるのはとても難しいです。
まだまだCBDという成分に不安が付き纏っているからこそ、お客様には安全な商品を安心して頂ける様に製品ガイドライン、お客様マニフェストを設けております。
現在、お客様マニフェストでは、「18歳未満の方」「妊娠中、授乳中の方」「車を運転中運転前の方」には販売を控えさせて頂いています。



ポイント3.
信頼ブランドの確立を目指して
CBDは法律の規制により、非常に扱いに注意が必要です。例えば、CBDは薬機法により、効果効能を唄うような宣伝をしてしまうと問題とされてしまいます。消費者からも、業界からも信頼されるためには、細かい宣伝文句にも注意を払う必要があります。
そこでCBD(coffee)では、CBD業界、CBDにお詳しい新城弁護士との顧問提携し宣伝文句や店頭でのカウンセリング文言チェック、HPへの文言チェックなどを行いクリーンで信頼いただけるブランドを目指しています。
お店を始める時にこのような事は最初はわからないと思います。このような文言も全てマニュアル化、ノウハウ化されており共有致します。
【新城弁護士に書いて頂いた当ショップのブログ記事↓】
https://maryjponline.myshopify.com/blogs/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB%E8%A7%A3%E8%AA%AC-cbd%E3%81%A3%E3%81%A6%E6%9C%AC%E5%BD%93%E3%81%AB%E5%90%88%E6%B3%95%E3%81%AA%E3%81%AE-%E6%B3%95%E5%BE%8B%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%AD%E3%81%8C%E6%AD%A3%E3%81%97%E3%81%84%E7%9F%A5%E8%AD%98%E3%82%92%E6%95%99%E3%81%88%E3%81%BE%E3%81%99



ポイント4.
CBD(coffee)のブランディングの確立
CBDがより親しみやすくクリーンなイメージで広がる様にイラストレーター松本せいじさんにCBD(coffee)のイメージキャラクターをCBDの利用シーンをイメージして描いて頂いております。こちらのイラストを使った店頭でのオペレーションを作ることができます。





ポイント5.
商標獲得
現在、「CBD(coffee)」「CBDドリンク」「CBDソーダ」で商標を獲得しております。
こちらもブランドを守る、ブランド力を上げることに貢献しており、CBD(coffee)は"CBDドリンク"という観点から日本一のブランドを目指します。





CBD(coffee)の実績
1.2021年7月から、阪急うめだ様、渋谷宮下パーク様、新宿三井住友ビル様でポップアップ出店させて頂き3回とも飲食部門で売り上げ1位を獲得いたしました。
連日行列ができCBD(coffee)のブランドが市場に対して広がってきたことを実感しています。

(阪急うめだ本店)


(渋谷宮下パーク)



(新宿三井住友ビル)


2.大手有名雑誌にも取材されております
JapanTimesやTime out tokyo、ELLEテーブル、ananを筆頭に多くのメディア様に取り上げられております。




3.未来の可能性に先駆けたメニュー開発
https://prtimes.jp/main/action.php?run=html&page=releasedetail&company_id=63724&release_id=33&owner=1

先日プレスリリースでも発表させて頂きましたが、新しいお茶の需要創造を展開している株式会社TeaRoom様とのお茶とCBDのコラボドリンクも販売しております。
世界進出を視野に入れ、日本の伝統的嗜みであるお茶とCBDの可能性を模索し日本、世界へと届けます。
こちらのドリンクは、特に渋谷宮下パークの催事イベントで大人気を博し、2日で約100杯を達成しました。
この様に、メニュー開発においても、常に新しい挑戦をし続けております。




(右から、和紅茶スパークリング/ほうじ茶スパークリング/煎茶スパークリング)

フランチャイズオーナーの募集背景
CBDの市場は一昨年、昨年より急成長しており、多くの企業様、消費者が注目しております。
そしてさらに来年の有識者会議及び法改正案によりこれから市場の活発化がさらに予想されます。



東京では徐々にCBDの知名度は広がってきましたが、まだまだ全国に届けきれておりません。
ネガティブなイメージが多く、お客様の手の届きやすいところ、またカウンセリング重視の専門店も少ないので、我々がCBDの必要性をこのタイミングで全国に届ける決意に至りました。
その先駆けとして今回は、FCという形で我々の仲間になってくださるオーナーの方を募集する形となりました。
とはいえまだ法律の面で、不安定な産業でもあるため、そんな中でも挑戦してみたいという方と一緒に全国展開を目指していきます。


CBD(coffee)のFCオーナー様のメリット
通常、CBD事業者が急増中の現在において、無知、経験不足でこの市場に挑むのはハードルとリスクが伴います。
このハードルとリスクを比較的下げた状態で店舗運営をできるのがCBD(coffee)FCです。
上記のポイントでも記載させて頂いた通り、CBD(coffee)はこの一年でブランディングと、運営のマニュアル化にとても力を入れてきました。
今までご来店頂いたお客様が10000人を超え、会員登録者数は2000人となりました。来ていただいたお客様には店頭でどのような悩みがあるか?どのようにライフスタイルにCBDを取り入れていきたいかを聞きカウンセリングに努めててきておりその全てをデータ化してきたCBD(coffee)だからこそこのようなブランディング、マニュアルが作ることができています。

また、ブランド価値であるCBD(coffee)の「のれん」が使えるので、最初の認知獲得に貢献いたします。
(ロゴ、松本セイジ様のイラスト、店頭デザイン、弊社インスタグラム、ツイッターでの宣伝など)
そしてアルバイト育成、商品選定、ドリンク作成、集客など、店舗運営と売り上げ拡大のためのマニュアルは全て共有いたします。これらのマニュアルは「誰がやっても真似できる」形になっておりますので、初めの店舗運営される方でも安心して始めることができます。
また、本社との定例MTGがありそのことにより「お店の課題」と「解決策」を一緒に模索していき売上向上を狙います。CBDが好き、広げたい想いがあることと経営課題解決力は一緒ではありません。CBDに関してはCBDの事、経営課題は経営課題の事で課題の分離をしそれぞれの面でサポートして参ります。


※CBDの法整備が整うまでハードルもリスクも0になるわけではございません。上手く利用することで"比較的"下がった状態でお店運営を始めることが可能という事だからです。その上でチャレンジしていきたい方のみ募集です。


応募の流れ
・11月公募スタート
・12月15日締め切り
・12月末にオーナー決定(3名)
・来年春から店舗運営スタート

また、FC説明会もご用意しておりますので、応募を希望される際は必ずご参加ください。
ーーーーーーーー
【FC説明会の詳細】
日時:12月4日(土)13時~15時/12月7日(火)13時~15時
場所:東京都内(ZOOM参加も可能です。)
内容:
1.どのようにCBD(coffee)を運営していくのか
2.費用面
3.オープンまでのスケジュール
4.契約内容の説明
説明会参加をご希望の方は以下のフォームをご記入下さい。
https://forms.gle/CwLQq88LQ2Y5c5ro6
ーーーーーーーー
また、日程がどうしても合わない方は、以下のアドレスまで、ご連絡頂けますと幸いです。
ZOOMにてFC公募に際しての説明をさせて頂きます。(応募人数が多い際は日にちを決めてまとめて開催も考えておりますのでご了承ください。)
kota@maryjp.com(下村亨太)

※今回の公募ではオーナー希望3名様の募集になります。
※今回の公募は第1回目の公募で2回目は来年2022年の10月あたりを目処にしております。



店舗概要
場所:駒場東大前/麻布十番
営業時間:10時~20時
定休日:麻布十番店のみ月曜日
HP:https://www.cbdcoffeechill.com/about


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)