医療・医薬・福祉

抗CD25抗体-IR700複合体であるRM-1995を用いた制御性T細胞を標的としたイルミノックス治療(光免疫療法)の開発について、AMED「スタートアップ型(ViCLE)」に採択

楽天メディカルジャパン株式会社
楽天メディカルジャパン株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長:三木谷 浩史 / 以下、楽天メディカルジャパン)は、「抗CD25抗体-色素複合体(RM-1995)を用いた制御性T細胞を標的とした革新的がん治療法の開発」について、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(以下、AMED)による令和3年度「医療研究開発革新基盤創成事業(CiCLE)」(第6回)における「スタートアップ型(ViCLE)」に採択されましたのでお知らせします。


ViCLEとは、スタートアップ型ベンチャー企業が出口戦略をもって短期間に行う医薬品や医療機器、再生医療等製品、医療技術などの実用化に向けた研究開発や環境整備を支援する最長5年にわたるプログラムです。今後、当社は、本課題に係る委託研究契約についてAMEDと協議を進めますが、合意に至った場合、2022年度から臨床開発に向けた研究を開始します。

楽天メディカルジャパンの代表取締役会長である三木谷 浩史は、次のように述べています。「当社は、『イルミノックス・パレット』と呼ぶ創薬研究プログラムをもとに、さらなるパイプラインの拡充を進めています。そのうちの一つである、抗CD25抗体-IR700複合体『RM-1995』を用いたTregを標的としたイルミノックス治療の開発について、AMEDのViCLEに採択され、大変嬉しく思います。我々は、化学・生物学・物理学の結合によるイノベーションで開発されたイルミノックス治療(光免疫療法)の適応拡大を目指します」

楽天メディカルジャパンについて
楽天メディカルジャパン株式会社は、米国・カリフォルニア州サンマテオに本社を構える楽天メディカル社の日本法人です。楽天メディカル社は、イルミノックス(R)プラットフォームと呼ぶ技術基盤を基に、薬剤と光を組み合わせた、がんをはじめとした様々な疾患に対する新しい治療法の開発を行うグローバルバイオテクノロジー企業です。同プラットフォームを基に開発された医薬品・医療機器の前臨床試験では、特定の細胞の速やか、かつ選択的な壊死をもたらすデータが示されています。楽天メディカル社は、がんを克服するというミッションを掲げ、がん患者さんがより良い生活を送れる社会の実現を目指しています。米国本社と研究開発拠点に加え、日本、オランダ、台湾、スイスと、世界5 カ国に6 拠点を構えています。詳しくは、https://rakuten-med.com/jp/をご覧ください。

RM-1995(抗CD25抗体-IR700複合体)について
当社が創製したRM-1995は、抗CD25抗体と光感受性物質であるIRDye(R) 700DX(IR700)を結合させた薬剤です。RM-1995は、腫瘍局所の制御性T細胞(Treg)表面のCD25に結合し、波長690 nmのレーザ光照射により励起されたIR700が光化学反応を起こし、Tregを破壊し、抑制が解除された活性化 CD8+T細胞が腫瘍微小環境に集まることにより、腫瘍細胞を攻撃する効果が期待されます。非臨床試験において、Tregを標的としたがん光免疫療法の抗腫瘍効果とその作用機序は示されています¹⁾。
参考:¹⁾ Sato N, et al. Spatially selective depletion of tumor-associated regulatory T cells with near-infrared photoimmunotherapy. Sci Transl Med. 8(352), 2016
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)