広告・マーケティング 美容・健康

【2021】サウナーに聞いた!好きなサウナの種類や温度などサウナ利用の調査結果報告

バスリエ株式会社
お風呂に関わる企画・開発・販売などを行うバスリエ株式会社(千葉県我孫子市、代表取締役:松永 武「以下、バスリエ」)が行ったサウナに関する調査の分析結果をお知らせします。



いま、日本では空前のサウナブームです。数年前まで男性のイメージが強くありましたが、気持ち良さにはまる女性も急増しています。
そこでバスリエでは、サウナーのみなさんはどのようにサウナを楽しんでいるのか、何を求めてサウナに通うのかを調査しました。



サウナって本当に効果あるの?男女別の意識の違いは?



<調査結果ハイライト>
1.利用頻度は男性>女性

2.ドライとミスト、男性人気はドライ!女性は半々
3.水風呂は女性でも2人に1人は利用している
4.サウナの利用目的はサッパリ&リラックス!
5.サウナの嬉しい睡眠効果&美容効果



1.利用頻度は男性>女性
Q:サウナの利用頻度はどのくらいですか?

サウナ利用の頻度は、全体で見ると月数回利用という人が6割以上。


男女別で見てみても月数回という人が6割以上ですが、男性は週3~4回が15.65%に対し女性は0.85%と大きな差が出ました。
頻度で見ると、男性>女性となることがわかります。

Q:ドライサウナの好きな設定温度は?





全体で見ると約半数が70~85℃。
男女で比べると、

60~70℃ 男性14.78% 女性30.77%


70~85℃ 男性52.17% 女性44.44%


85~95℃ 男性21.74% 女性11.97%



ということで、女性よりも男性のほうがより高い温度を好むことがわかりました。

なお、頻度別で好みの温度を見てみると、以下のとおり、頻度が多いほうがより高い温度を好むという結果も出ています。





2.ドライとミスト、男性人気はドライ!女性は半々
Q:ドライサウナとミストサウナ、どちらがお好きですか?








全体で見るとドライ・ミストとも大きな差はないのですが、男性では6割がドライ派、女性でも5割近くがドライ派で、ミストサウナよりやや多いという結果となりました。

やはり一般的にはサウナ=ドライというイメージが強いようです。

3.水風呂は女性でも2人に1人は利用している
Q:水風呂には入りますか?





水風呂というと女性の中では苦手でどうしても入れない、という人もいるのではないでしょうか。
調査からは男性は7割もの人が水風呂を利用している一方、女性は半数くらいという結果となりました。それでも2人に1人は入っているので、女性だからといって水風呂が必ず苦手、ということはないと思われます。

4.サウナの利用目的はサッパリ&リラックス!
Q:頻繁に入る月は何月ですか?


上位から順に12月、1月、2月となっており、やはり寒い冬の時期に多く入っていることがわかります。
一方下位を見てみると6月、5月、4月ということで、一番暑い時期が必ずしも頻度が低いというわけではないという結果となりました。
逆に熱中症や夏バテ予防のため夏こそサウナ!というひとも一定数はいると考えられます。

Q:サウナを利用する目的は何ですか?







目的に関しては、男女での違いが顕著になりました。
男性の目的は“サッパリするため”、続いて“リラックスするため”と続きますが、女性は“リラックスするため”の次に僅差で“ダイエット・美容のため”と続いています。
男性でも“ダイエット・美容目的”と回答しているひとは見られますが、女性と比較すると大きく差が出ています。

では実際、サウナーのみなさんは、サウナで良い効果を感じているのでしょうか?

5.サウナの嬉しい睡眠効果&美容効果
Q:睡眠の質が上がったと感じることはありますか?




なんと、6割以上の人が、睡眠の質改善に効果を感じていました。

Q:ダイエット効果や美容効果を感じたことはありますか?



快眠効果ほどではないものの、半数以上の人が美容・ダイエット効果を感じていました。

上記結果から、多くの人がサウナにより良い効果を感じていることがわかりました。
実際にサウナに入ることで自律神経を整えたり、またリラックス・リフレッシュすることにより、睡眠の質を上げることができます。
また、全身の血行促進で体内の老廃物を排出しやすい身体づくり・代謝UPで痩せやすい身体づくりもできます。



総括


サウナというと、ひと昔前は男性が仕事帰りに寄り道・・・
というイメージもありましたが、サウナブームが起こっている昨今、女性利用も大幅に増えてきていると思われます。
今回の調査から、頻度だけ見れば若干男性のほうが利用が多く見えるものの、そこまで大きな差ではないことがわかりました。また設定温度・水風呂利用に関してもそこまで大きな差は見られませんでした。

またサウナの利用目的については、サッパリ&リラックスするためという回答が上位にあります。
実際にサウナに入ると、発汗効果や血流改善で老廃物の排出できる体づくりができ、温浴効果による疲労回復にも繋がります。
またこれ以外にダイエットや美容・睡眠の質改善の効果もあり、サウナーの多くの方はこれらの効果を感じているとのことです。

本編では、上記調査結果と合わせて、サウナの効果の詳細やお風呂との違い等を解説しています。
是非合わせてご覧頂けたらと思います。

サウナの効果やおすすめの入り方を解説しています。
https://www.bathlier.com/expand/o-recipe/survey/sento.html

アンケート調査にご協力をお願いします!
https://www.bathlier.com/chousa/sauna.html

【調査概要】
調査期間:2021年6月~2021年10月
調査対象者:サウナに興味のある男女200名
調査方法:インターネット調査



会社概要


■会社名 :バスリエ株式会社
■代表者 :代表取締役 松永 武
■設 立 :2008年8月1日
■所在地 :270-1176 千葉県我孫子市柴崎台1-7-20
■TEL :04-7183-3252
■FAX :04-7182-2937
■URL :https://www.bathlier.co.jp
■Email: info@bathlier.co.jp
■事業内容:浴用品の企画・製造・販売
■広報担当:大角(おおすみ)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)