美容・健康 医療・医薬・福祉

産・学・官が結集した注目の研究成果・技術・製品を紹介する学術フォーラム≪日本抗加齢協会第4回学術フォーラム 「臓器連関とアンチエイジング」≫にてシンポジウム・講演・ブース出展

森下仁丹株式会社
【会期】2019年12月20日(金)21日(土)  【会場】秋葉原 UDX NEXT

 森下仁丹株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長 森下雄司、以下「当社」)は、2019年12月20日(金)21日(土)の2日間で秋葉原 UDX NEXT(東京都千代田区外神田)にて開催される「日本抗加齢協会第4回学術フォーラム」に参加し、講演やブース出展を行います。


 今回行われる第4回学術フォーラムのテーマは「臓器連関とアンチエイジング」です。初日の20日(金)は「令和時代の健康食品」と題して行われるシンポジウムにて当社特別顧問の駒村純一が座長を務め、2日目の21日(土)には当社ヘルスケア事業本部ヘルスケア研究開発部の川上が「抗メタボ効果が期待できる機能性食品素材」と題して講演いたします。また出展ブースでは、当社のサプリメントブランド「ヘルスエイド(R)」より「ビフィーナ(R)」をはじめとした機能性表示食品と「カシス-i(R)」[カシス-i(R)EX」などを展示いたします。

当社参加プログラム
■<シンポジウム>「令和時代の健康食品」12月20日(金) 13:05 ~14:35
令和時代の健康戦略や機能性表示食品の現状等を議論するシンポジウムにて、当社特別顧問の駒村純一が座長を務めます。
■<講演>「抗メタボ効果が期待できる機能性食品素材」12月21日(土) 10:35 ~12:05
アンチメタボによる抗加齢医学を考えるシンポジウムに、当社ヘルスケア事業本部 ヘルスケア研究開発部の川上宏智が登壇いたします。
■ ブース出展 (ブース番号:4.)
「ヘルスエイド(R)」シリーズから機能性表示食品「ビフィーナ(R)」「ローズヒップ」「サラシア」に加え、「カシス-i(R)」[カシス-i(R)EX」などの当社商品を展示

日本抗加齢協会第4回学術フォーラム 開催概要
会 期 :2019年12月20日(金)21日(土)
会 場 :秋葉原UDX NEXT(〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1)
テーマ :臓器関連とアンチエイジング
主 催 :特定非営利活動法人日本抗加齢協会
後 援 :一般社団法人抗加齢医学会
会 長 :太田 博明 (藤田医科大学病院国際医療センター客員病院教授/山王メディカルセンター女性医療センター長)
プログラム委員長: 山岸 昌一 (昭和大学医学部内科学講座糖尿病・代謝・内分泌内科学部門 教授)
(公式HP http://www.ko-karei.com/forum/



森下仁丹株式会社について
社名:森下仁丹株式会社
代表:代表取締役社長 森下雄司
創業:1893年(明治26年)2月
設立:1936年(昭和11年)11月
主な事業:医薬品、医薬部外品、医療機器ならびに食品等の製造および販売
URL:https://www.jintan.co.jp/
業祖 森下博が「社会への奉仕」を信念とし、1893年の創業来、人々の健康や豊かな暮らしの一助となる製品をご提供して参りました。当時、懐中の総合保健薬として開発し、その後は口中清涼剤として親しまれる銀粒の「仁丹」、その製造から着想を得て、独自に開発し事業領域を拡大しつつある「シームレスカプセル技術」と、これまでの生薬研究の蓄積と独自技術の確立・育成を通して、幅広い領域で企業活動を行なっています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)