ネットサービス・アプリ 美容・健康

FCNT、セガエックスディーと“一人ひとりの健康支援”を目指したヘルスケアサービスにおける実証実験を開始

FCNT株式会社
~ 大阪府四條畷市主催の健康寿命延伸啓発イベントで「ララしあコネクト体験会」を実施 ~

https://www.fcnt.com/news/20211112.html


FCNT株式会社(本社:神奈川県大和市、代表取締役社長 高田克美、以下FCNT)は、株式会社セガエックスディー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長執行役員 CEO、谷 英高、以下SEGA XD)と、“一人ひとりの健康支援”を目指したヘルスケアサービスにおける実証実験を開始することをお知らせいたします。
第一弾として、大阪府四條畷市向けにFCNT製スマートフォンに搭載の健康支援アプリケーション「ララしあコネクト(注1)」の体験会を実施いたします。

11月13日(土)に、大阪府四條畷市と連携し、健康支援アプリケーション「ララしあコネクト」の体験機会を提供する中で、来場者の声をもとにより“使いたくなる”UX(ユーザーエクスペリエンス)の検討に取り組んでまいります。

「ララしあコネクト」をはじめとしたFCNTが提供するサービスに対し、エンタテインメントビジネスに裏付けされたSEGA XDの「つい、使いたくなる」ゲーミフィケーションのナレッジをかけ合わせることで、ユーザーに新しい体験を提供し、アプリケーションを通じた健康管理促進と、事業機会創出の可能性を両社で見極めてまいります。

FCNTは、一人ひとりが安心した生き生きと暮らせる未来のために、人々の常識を超える発想と先進テクノロジーで、人・モノ・コトをもっと快適につなぎ、新たな価値を創造してまいります



大阪府四條畷市 健康寿命延伸啓発イベントにおける「ララしあコネクト」体験会について

四條畷市がすすめる「しぜんと生きる健“幸”(けんこう)のまち」をコンセプトに、普段からできる健康づくりをサポートする健康寿命延伸啓発イベント『健康寿命延伸のすすめ』にて、FCNTの「セルフケア」を支援する健康支援アプリケーション「ララしあコネクト」を、らくらくスマートフォンのタッチ&トライ形式で、来場者に楽しみながら健康状態の維持や生活習慣の改善が出来る事をご体験いただきます。

<イベント概要>
イベント名 『健康寿命延伸のすすめ』
日時    11月13日(土)午前10時~午後3時
場所    四條畷市 市民総合センタ-展示ホール他
URL    https://www.city.shijonawate.lg.jp/soshiki/27/33276.html



健康支援アプリケーション「ララしあコネクト」について


毎日使うスマートフォンで簡単に日々のセルフヘルスケアが行える「ララしあコネクト」は、歩数・歩速、睡眠や血管年齢、スマートフォンの画面を見ているだけで測定できる心拍数、通話の際の声から測定できる心の健康度などを管理できるアプリケーションです。また、歩数情報等から認知機能低下を予測する「脳の健康ケア」機能も備えています。




セガエックスディー社について


SEGA XD は、セガのエンタテインメントビジネスにおけるナレッジやアセットを応用して、企業や社会の課題解決をするエンタテインメントソリューション企業です。
共同出資・新規事業投資や、事業戦略立案、企業ブランディングからシステム開発・サービス運営・プロモーションまでトータルでサポートします。
人の心を突き動かす「衝動」で企業や社会の課題を解決し、人々が毎日笑顔で楽しく過ごせる世の中を目指していきます。
https://segaxd.co.jp/



関連Webサイト


・つなぐ技術で、みんなと未来へ。「ヘルスケア篇」

https://www.fcnt.com/cp/healthcare/(「FCNT×ヘルスケア」紹介サイト)







商標について

・「Lalasia(ララしあ)」はFCNTの商標です。

・「らくらくスマートフォン」はFCNTの商標です。


・その他、記載されている商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。






注釈

(注1)
「ララしあコネクト」は2018年以降のFCNT製スマートフォン全機種に搭載しています。
「ララしあコネクト」アプリケーションでの測定は、医療での使用を目的としたものではありません。



※FCNT株式会社は2021年4月1日に富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社から社名を変更しました。 FCNT株式会社ホームページ https://www.fcnt.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)