美容・健康

超濃密泡で包み込む クレンジング不要の洗顔料新発売

株式会社ナリス化粧品
ダイヤモンドのように輝く肌を目指すスキンケアブランド「クラリティア」から 摩擦を軽減して、毛穴の奥まですっきり洗い上げるWクレンジングフォーム

株式会社ナリス化粧品(代表者:村岡弘義 本社:大阪市福島区)は、2020年8月17日にデビューしたスキンケアブランド「クラリティア」の追加品として、クレンジングと洗顔の2つの機能を併せ持つ、クレンジング不要の泡だてるタイプの洗顔料「クラリティア Wクレンジングフォーム」を12月21日から訪問販売で新発売し、さらなるお客様満足度の向上を目指します。


「クラリティア」は、ダイヤモンドが原石を磨くことで輝きを増すように、肌本
来が持つ輝きを磨くことで、女性を美肌に導きたいと考えるスキンケアブランドです。
クラリティア Wクレンジングフォーム


時短&超濃密泡が叶える摩擦レスなクレンジング泡洗顔
一般的なスキンケア習慣では、クレンジング料と洗顔料は別のものを使用し、2つのステップに分ける人が多い現状がありますが、当社ではクレンジングと洗顔を1回で行うことのできる「Wクレンジング」機能を持つクリームタイプやフォームタイプのクレンジング・洗顔料の開発技術を得意としています。クレンジングと洗顔を1回で済ませられることは、時短だけでなく、肌へのストレスも緩和することができます。今回実現したのは、超濃密泡。きめ細やかな泡のクッションが、肌を覆うことできめ細やかな泡が毛穴の奥まで入り込み、汚れを吸着することで、摩擦を軽減。金属イオンと脂肪酸の反応により発生する石けんカスである「スカム」を発生させない「スカムフリー処方」で、すっきりと洗いあげます。

植物成分配合。素肌をしっとり洗いあげる
既存品の4品に配合の、肌のハリ感をサポートする植物成分レッドクローバーエキス(アカツメクサ花エキス)や、ワサビ葉エキスをはじめとした保湿成分に加え、アーチチョーク葉エキス・ハマメリス葉エキス・エーデルワイスエキス(すべて保湿成分)と多くの植物成分を配合しています。植物のやさしさと強さ、最新の技術との融合を感じられるラインナップです。

レッドクローバー
ワサビの葉
アーチチョーク
ハマメリス
エーデルワイス

【クラリティア 既存製品一覧】
全品 無香料・無鉱物オイル・無タール系色素・無エチルアルコール・無パラベン(防腐剤)


●商品名:クラリティア Wクレンジング クリーム(クレンジング・洗顔料)
 容量:120ℊ
 価格:3,500円(税抜)3,850円(税込)
 機能・特徴:
 ■メークも毛穴詰まりも、やさしくしっとり洗いあげるクレンジングクリーム。
 〇濃密なクリームタイプで、伸びよく広がるエステ仕立てのWクレンジング。
 〇1本で、クレンジングにも洗顔にも。クレンジング後の洗顔は不要です。
 ・グレープシードオイル(ブドウ種子油)〈保湿成分〉配合でうるおいをしっかり保ちながら、天然シルクファ イバー(シルク)〈粉体基剤〉が、汚れを絡めとって、つるすべ肌に。
クラリティア Wクレンジング クリーム
●商品名:クラリティア クリア コンク(ふきとり化粧水)
容量:165mL
価格:4,500円(税抜)4,950円(税込)
機能・特徴:
古くなった角質をやさしく除去。透明感を届けるふきとり化粧水。
○ハトムギから作られたヨクイニンエキス(ハトムギ種子油)〈保湿成分〉が肌の透明感を底上げ。
○硬くごわついた肌を解きほぐし、なめらかで柔らかな肌に。
●月見草エキス(メマツヨイグサ種子エキス)〈保湿成分〉配合で、健康で美しい肌に。
クラリティア クリア コンク
商品名:クラリティア モイスチャー ローション(化粧水)
容量:165mL
価格:4,500円(税抜)4,950円(税込)
機能・特徴:
■肌のすみずみまで、濃密なうるおいで満たす化粧水。
〇肌に有効な乳化粒子をナノサイズ化する当社独自の処方技術であるiPF技術を採用。
〇保湿成分が、肌(角質層)のすみずみまで、深いうるおいを届けます。
●デイリリーエキス(サッカロミセス/デイリーリリー花発酵液)〈保湿成分〉で、透明感のあるクリアな肌に。 
クラリティア モイスチャー ローション
●商品名:クラリティア エッセンス ミルク(乳液)
容量:120mL
価格:6,000円(税抜)6,600円(税込)
機能・特徴:
■コクのあるテクスチャーで、濃密なうるおいヴェールをまとわせる美容乳液。
〇まろやかなテクスチャーが肌を包み込み、もっちりと手のひらに吸い付く肌触りに。
●FGF様ペプチド(アセチルデカペプチド-3)〈保湿成分〉配合で、ハリ感をサポート。
●エーデルワイスエキス(エーデルワイス花/葉エキス)〈保湿成分〉配合で、強い肌に。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)