企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

世界初の新規化合物半導体X線カラーイメージングセンサ開発を行うANSeeNがサイバーダイン社主催の「C-startup pitch 2019 」にて優秀賞を受賞

株式会社ANSeeN
X線の波長≒色情報を活用し、全身のレントゲン検査により網羅的な疾病リスク判別を実現する次世代X線センサを開発する株式会社ANSeeN(本社:静岡県浜松市、代表取締役社長:小池 昭史。以下「当社」という)は、2019年12月16日(月)に発表された人や社会のための革新的な技術を創生し産業変革に挑む企業を支える取り組み「C-startup pitch 2019」で優秀賞を受賞したことをお知らせします。


授賞式の様子(前列左:当社代表取締役CEO 小池)


当社は「見えないものの可視化」をビジョンに次世代X線センサを開発する静岡大学発のベンチャー企業です。この度、当社は従来に比べ超高精細かつ低被爆な画像診断を可能とするX線カラーイメージング技術により、将来的には全身のレントゲン検査により網羅的な疾病リスクを判別することをテーマに、サイバーダイン社が主催するC-startup pitch 2019 優秀賞を受賞致しました。当社は今後サイバーダイン社や山海社長に支援を頂きながら、X線カラーイメージング技術を活用し人々が安心・安全に暮らせる社会を実現してまいります。

頭部ファントムのX線カラーイメージング像(左)とTlBrイメージセンサ(右)
当社は世界初となる、X線カラーイメージングを実現するTlBr素子を採用したイメージセンサを新たに開発しました。半導体素子であるTlBr素子のX線直接変換特性を活用し、従来センサよりも高い解像度で、かつ高い感度を両立することに成功しました。
当社は2020年の非破壊検査向けのX線センサの量産を皮切りに、工業検査向けやセキュリティ向け、歯科・医科向けなど様々な分野へのX線イメージセンサの販売を行ってまいります。

■TlBrとは
Tl(タリウム)、Br(臭素)からなる化合物半導体。極めて高い放射線吸収率を誇り、X線だけでなくガンマ線のイメージングでも高いパフォーマンスを誇ることから、産業だけではなく医療や宇宙分野も含めた幅広い分野における新たなセンサとして注目されている。

■C-startupとは
人と社会のための革新的技術の創生、新産業創出、スタートアップ企業/アントレプレナーの支援を一体的に扱い、好循環のイノベーションスパイラルを実現させ、社会課題を解决しながら産業変革・社会変革を達成するための取り組み。サイバニクス産業創出に取り組むサイバーダイン社及び、同社とグローバル・ブレイン社、みずほ銀行の子会社であるみずほキャピタル社の3社が共同で設立したCEJキャピタル社が開催。

■ANSeeNについて
当社は「目に見えないものの可視化」を掲げ、次世代X線センサを開発する静岡大学発ベンチャーです。1895年にレントゲン氏により発見された物体を透過する未知の光は、未知を意味する「X」と名付けられました。現在では、物体を破壊せずに内部を知ることができる特徴から、特にレントゲン撮影で身近な存在となっていますが、従来のX線センサでは情報の99%は利用されていません。当社は従来のX線センサでは失われているX線の波長≒色情報をて活用し、画像の超高精細化やX線による全身の網羅的な疾患リスク判別への応用を進めています。




◎商号: 株式会社ANSeeN
◎代表者: 代表取締役 小池 昭史
◎所在地: 〒432-8011 静岡県浜松市中区城北3-5-1
◎設立: 2011年4月
◎事業内容:次世代放射線検出器の設計開発・製造販売
◎HP: http://anseen.com

<お問い合わせ>
担当:加瀬・小池
TEL:053-522-7708
FAX:050-3730-3631
E-mail:support@anseen.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)