教育・資格・人材 医療・医薬・福祉

製薬業界向けAI 翻訳の精度を向上させる「製薬カスタムモデル共同開発」の第二期メンバー募集を開始

みらい翻訳

 株式会社みらい翻訳(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 栄藤: 稔、以下: みらい翻訳)、NTTコミュニケーションズ株式会社(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 庄司: 哲也、以下: NTT:Com)、および株式会社翻訳センター(本社: 大阪府大阪市、代表取締役社長: 二宮: 俊一郎、以下: 翻訳センター)は、3 社が主催する「製薬カスタムモデル共同開発」(以下: 本取り組み)において、2019 年12 月19 日より、新たな製薬企業メンバーの公募を開始します。
 本取り組みの参加メンバーは、NTT: Com のAI 翻訳プラットフォームサービス「COTOHA(R):Translator」上で、製薬関連文書の翻訳に特化した高精度の自動翻訳を利用することができるようになります。
 今回の公募に先立ち、第一期メンバー(12 社)からコーパスの提供を受けて行ったクローズドテストにおいて、既に翻訳精度の大幅な向上効果が確認できました。
 第二期メンバーの募集は、この成果を踏まえ、さらに取り組みの拡大を目指すものです。

1. 背景
 製薬業界では、治験薬概要書や治験実施計画書などの膨大な文書を翻訳する必要があり、その稼働の軽減が課題となっています。これらの文書は、難解な専門用語や複雑な文章を含むため、AI による自動翻訳が利用できるようになった昨今でも、実用的な精度での翻訳は容易ではありません。
 本取り組みによって、製薬業界向けAI 翻訳の精度向上を通じた業界全体におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)を促進します。

2.本取り組みの概要
 AI 翻訳の精度を高めるためには、機械学習用に収集するコーパス※1 の数を増やしていくことが重要です。一社で収集できるコーパスの数は限られていても、参加企業間でコーパスを持ち寄ることで、大きな精度向上が期待でることから、企業メンバーの募集を行います。第一期で収集したコーパスに、第二期で収集するコーパスを追加し、拡充することにより、さらなる精度向上を図ります。
 なお、各社のコーパスについては、機密が保たれるように運用し、本取り組みに参加いただいたメンバーの間でのみ利用します。

3. 募集期間
2019 年12 月19 日から

4. 対応言語
日本語から英語、および英語から日本語への翻訳

5. 主催各社の役割



※1:自然言語の文章を体系的に収集した大規模なデータベースのこと。とくに自然言語処理においては、
  構造化され、付加的な情報とともに集積されたものを指します。
※2:みらい翻訳の機械翻訳エンジンの一部は、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の研究成果を
  利用して、みらい翻訳にて製品化したものです。

*文中に記載の社名、商品名およびロゴは各社の商標または登録商標です。

■本件に関するお問い合わせ先(参加のお申し込みなど)
株式会社みらい翻訳
セールス&マーケティング部 藤原
info@miraitranslate.com

NTT コミュニケーション株式会社
アプリケーション&コンテンツサービス部 AI 推進室 小川 幾島 池田
pharma_cotoha-trans@ntt.com

株式会社翻訳センター
経営企画室 敦巻、相津
ir@honyakuctr.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会