インテリア・雑貨 デジタル製品・家電

応援購入総額2億円突破!リラクゼーションブランドCOFOが在宅ワーク時代に求められる超本格ワークチェア「COFO Chair」を提供。

FOS株式会社
デスクワークの負担を徹底軽減!雲の上のような座り心地『COFO Chair』

「皆様の生活に寄り添う、テクノロジーを生み出す」という想いのもと、リラクゼーション分野の製品群開発を手掛けて来たCOFOブランド(本社:千葉県、以下「COFO」)のMakuakeプロジェクトが、サポーター数2866人、応援購入総額2億円を突破しました。目標金額を遥かに超える大きな注目が集まるCOFOブランドの本格オフィスチェア。在宅ワーク時代のニーズに合致していると評価が集まる、話題の逸品です。


Makuakeプロジェクトページ:
https://www.makuake.com/project/cofo_chair/
※予約受付は、11月15日(木)まで



COFOブランドが有する専門のエンジニア&デザイナー集団がこの度着目したのは、長時間のデスクワークが当たり前になっているライフスタイル。このスタイルを支える「椅子」に焦点を当て、ユーザー様からもたらされる多彩な課題やニーズをまとめ、独自の構造と厳選した高級素材を組み合わせた次世代ワークチェアを築き上げました。集中力とリラクゼーション空間を促す精緻な機能性を実現しています。


■製品特徴

(1)最大125度リクライニングを行える特殊仕様

デスクワークの作業における「オン」と「オフ」を瞬時に切り替えられる、リクライニング構造を導入。ちょっと休みたいと思った際、自由自在にワークチェアをリクライニングチェアに切り替える事が出来ます。まるで飛行機のビジネスクラスシートのような快適さを体感しながら、メリハリを付けて仕事の効率をアップさせる事が出来ます。



(2)腰全体を安定して支える各部可動式ランバーサポート

COFO Chairは国内ブランドとして「日本人体型」を徹底的に研究。人間工学に基づく可動式ランバーサポートを採用し、腰全体を支える事で長時間の座りっぱなし負担を徹底軽減します。これに加え、頭・首・腕・大腿部回りの各種調整機能も完備。考え抜かれた機能性により、最大限に心地よいホールド感を味わえます。




(3)洗練と工夫を尽くしたデザインと素材群

COFO Chairは長時間座っても爽やかな状態が続く高級メッシュ素材を採用する他、移動音が気にならないPUホイール、耐久性に優れた高品質シリンダーとアルミ合金等、素材の厳選を尽くしています。これに加えてデザイン性を一切損なわずに付属するハンガー&小物フックやフットレスト等のかゆい所に手が届く工夫も充実。「座って作業をする」という行為に関するあらゆるニーズを満たす構成がなされています。




Makuakeプロジェクトページ:
https://www.makuake.com/project/cofo_chair/
※予約受付は、11月15日(木)まで


■COFO代表 江沢氏よりコメント

COFO(コフォ)リラクゼーションブランドは2016年、千葉県を拠点に立ち上げました。20年以上のキャリアを持つプロダクトデザイナーを筆頭に、これまで多様な製品群を世に送り出してまいりました。今回は現代社会における「座りっぱ」の様々な健康課題を解決するべく、「ワークチェアなら、これ一択!」と確信して頂けるワークチェアの開発に乗り出しました。負担軽減をしながら集中力を高める至高のワーク環境を皆様にお届けするべく、長年の堅実な研究を経て遂に完成したのがCOFO Chairです。此度の私たちの製品が、デスクワーク主体の時代に生きる皆様に潤いと活力をお届け出来れば心より幸甚に存じます。今後とも倍旧の御愛顧の程、何卒宜しくお願い申し上げます。


■「COFO」とは
COFOは、機能美とデザイン美の双方を鑑みて開発を続けるリラクゼーション分野のモノづくりブランドです。皆様の豊かな生活を支えるテクノロジーの研鑽を続けております。


<各種関連サイト>
■YouTube https://www.youtube.com/channel/UCcgVegwIAaanL6EmaP7Ag6g
■Facebook https://www.facebook.com/COFOJapan/
■Twitter https://twitter.com/cofo_japan/
■Instagram https://www.instagram.com/cofo_japan/
■Homepage https://cofo.jp/


<COFO会社概要>
会社名:FOS株式会社
設立:平成31年3月
資本金:800万
代表者:江沢 弘輝
所在地:〒289-1225 千葉県山武市沖渡712-2
事業内容:家庭用電化製品、デジタル家電、厨房機器、美容機器、リラックゼーションケア製品、設計・製造・販売/OEM/ODM。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)