広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

アテレクトミー装置市場、2021年から2026年にかけて約5%のCAGRで成長見込み

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「アテレクトミーデバイスの世界市場:業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2021年~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を11月12日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/imarc1029321-atherectomy-devices-market-global-industry-trends.html


市場の概要
アテレクトミー装置市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。2021年から2026年にかけて市場は約5%のCAGRで成長すると予測されています。

アテレクトミー装置は、末梢血管のインターベンション治療に使用される低侵襲(MI)器具の一種です。アテレクトミー装置は、プラーク、石灰化病変、過剰な細胞物質などを、穿孔、研削、剃毛、やすりがけ、蒸発させることにより、動脈内の血流を回復させる目的で設計されています。一般的に使用されているアテレクトミー装置には、方向性アテレクトミー装置、軌道性アテレクトミー装置、光照射アテレクトミー装置、回転性アテレクトミー装置、サポートアテレクトミー装置などがあります。これらの装置は、バッテリー駆動のモーターが取り付けられた管状のカテーテルの中に回転刃が入っており、カッターを回転させてプラークや石灰化した病変を除去します。その結果、アテレクトミー装置は、病院、外科センター、外来診療所などで幅広く使用されています。



市場の成長要因
世界中で末梢動脈疾患(PAD)、動脈硬化、糖尿病、肥満が増加していることに加え、高齢者人口が増加していることが、市場成長の主な要因となっています。さらに、患者や医療従事者の間でMIアテレクトミー切除術が好まれるようになったことも、市場の見通しを良くしています。これらのデバイスは、感染症のリスクを低減し、手術中の痛みや外傷を最小限に抑え、患者の回復を早めることができます。さらに、薬剤塗布バルーン(DCB)の開発など、さまざまな製品イノベーションも成長を促す要因となっています。DCBは、抗増殖薬を投与し、重度の石灰化を伴う病変を治療するために、DAART(Directional Atherectomy and Anti-Restenosis Therapy)で永久的なインプラントの代わりに使用されます。その他、広範な研究開発(R&D)活動や医療インフラの改善などが、市場をさらに押し上げると予想されます。

主要な市場区分
世界のアテレクトミー装置市場は、製品、アプリケーション、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

製品別の市場構成
・指向性アテレクトミー装置
・軌道式アテレクトミー装置
・フォトアブレイティブ・アテレクトミー装置
・回転式アテレクトミー装置
・サポート装置

アプリケーション別の市場構成
・末梢血管
・心血管
・神経血管

エンドユーザー別の市場構成
・病院
・外来手術センター
・研究所・学術研究機関

地域別の市場構成
・北アメリカ
・アジア太平洋地域
・ヨーロッパ
・ラテンアメリカ
・中近東・アフリカ

市場の競合状況
世界のアテレクトミー装置市場における主要な企業としては、Abbott Laboratories, Avinger, B. Braun Group, Biomerics, Biotronik, Boston Scientific, C.R. Bard (BD), Cardinal Health, Koninklijke Philips, Medtronic, Minnetronix Inc, Straub Medical AG (BD), Terumo Corporationなどが挙げられます。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc1029321-atherectomy-devices-market-global-industry-trends.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)