美容・健康

京都老舗の亀田利三郎薬舗から 年末年始のスモールギフトにぴったりな天然生薬配合「笑のゆ 寅」2021年11月26日 数量限定発売

株式会社亀田利三郎薬舗
いにしえより伝わる小豆の力で、身を清め、新しい年を祝う

一世紀以上の歴史をもつ、 漢方が主成分の家庭薬「六神丸」でお馴染み 京都老舗の亀田利三郎薬舗(京都市北区)は、 「漢方をよりよく より多くの人に」という願いを込めて開発した天然漢方スパハーブ「笑のゆ 寅」(しょうのゆ とら)を数量限定で発売します。


古くから愛される家庭薬「六神丸」でおなじみの京都・亀田利三郎薬舗は、誰もが簡単に続けられる<入浴>とい
う健康法をおすすめしています。
笑のゆ寅
『夏は暑く、冬は寒い』という京都の季節に対する知恵と、老舗医薬品メーカーの技術で、体の芯まであたため、ストレスを和らげる。そのための薬湯が、天然生薬配合の「天然漢方スパハーブ」です。生薬たっぷりのお湯にゆっくり浸かり、夜、その日の疲れをリセット、あるいはすっきりと1日を始めるための朝風呂にも。



天然漢方スパハーブは、生薬を十分に楽しんでいただくため、不織布の中に生薬のみが入ったスタイル。ケミカルなものは一切入っておりませんので、安心してお使いいただけます。
今年も、定番の6種類に加え、限定品「笑のゆ 寅」を発売いたします。
パッケージには来年の干支をあしらい、年末のスモールギフト、御年賀にもぴったりです。
「笑のゆ寅」は、<シナモン>と<クローブ>2種入りで、どちらにも小豆を使用。

日本では昔から小豆の赤い色が邪気を祓うと信じられており、今でもお祝いの席にお赤飯が欠かせないのは、それ故です。また、小豆は漢方では赤小豆(セキショウズ)と呼ばれ、解毒・利尿作用に加え、美肌効果も高いとされています。

【製品概要】
商品名 笑のゆ 寅  (2021年11月26日発売開始、数量限定品)
定価 1,100円(税込)1セット/2個入り(シナモン×1、クローブ×1)
配合成分 【シナモン】小豆、桂皮(ケイヒ)、当帰(トウキ)、 川芎(センキュウ)、陳皮(チンピ)、艾草(ヨモギ) 【クローブ】小豆、丁子(チョウジ)、当帰、川芎、艾草

【配合成分の特徴】
小豆(アズキ)
小豆

漢方では赤小豆(セキショウズ)と呼ばれ、 蕁麻疹や脚気に効果があり、 解毒作用、 排膿作用、 利尿作用も。 肌にも良い効果があると、 美容目的に用いられることもあります。
また、 小豆は邪気を祓う力があるとされており、 慶事にお赤飯等が出されるのもこのため。


桂皮(ケイヒ)
桂皮

シナモンとして幅広く知られ、 日本では「ニッキ」とも呼ばれています。 健胃、 駆風、 矯味、 発汗、 解熱、 鎮痛薬として、 中枢神経系の興奮を鎮静、 水分代謝を調節する作用があります。


丁子(チョウジ)
丁字

温裏、 健胃、 止嘔などの作用があり、 腹痛、 嘔吐、 下痢、 しゃっくりなどに用いられます。 香辛料としても用いられ、 クローブとも呼ばれています。


陳皮(チンピ)
陳皮

マンダリンオレンジ、 もしくはウンシュウミカンの果皮を乾燥させたもの。 血圧降下作用もあり、 漢方では芳香性健胃、 鎮咳薬として、 食欲不振、 嘔吐、 疼痛などに効果があるとされています。


当帰(トウキ)
当帰

セリ科の多年草。 血液循環を高める作用があり、 充血によって生じる痛みの緩和に有効とされています。 膿を出し、 肉芽形成作用があります。


艾草(ヨモギ)
艾草

寒と痛みを追い出す作用、 咳・喘息の痰飲を除く作用があり、 浴用としては冷え、 腰痛、 痔の治療に用いられることも。


川芎(センキュウ)
川芎

セリ科の多年草。 消炎効果、 鎮静効果、 血行促進効果があり、 くすみ予防や肌荒れ予防として化粧品に使われることも。 肌に潤いを与えるなど美肌効果も期待されています。


【ご使用方法】
ビニールから取り出し、 不織布の袋のまま、 湯を入れ始めるときから一緒に入れてください。
2時間ほど湯船につけてご利用いただくと、 より効果的です。

大正元年以来100年ぶりの新製品 天然漢方スパハーブ 六神シリーズ
伝承薬「六神丸」でおなじみの亀田利三郎薬舗が、 老舗の知恵で開発したご家庭で簡単に薬湯で体をいやせるスパハーブです。 東西南北天地になぞられた6種類。 季節に合わせるも良し、 体調に合わせるも良し、 香料や添加物を含まない安心したお風呂で、 健康維持に、 もちろん美容にも。
天然漢方スパハーブ(六神シリーズ)


■製品に関するお問い合わせ先■
株式会社 亀田利三郎薬舗 TEL075-462-1640   〒603-8322 京都市北区平野宮本町95
https://www.kameroku.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)