医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

超聴診器を開発するAMI株式会社が、CYBERDYNE社主催の「CEJ C-Startup Pitch 2019」にて最優秀賞を受賞

AMI株式会社
「急激な医療革新を実現する」をミッションに掲げ、心疾患診断アシスト機能付遠隔医療対応聴診器「超聴診器」を開発するAMI株式会社(本社:熊本県、代表取締役:小川晋平。以下「当社」という)は、2019年12月16日(月)に発表された、人や社会のための革新的な技術を創生し産業変革に挑む企業を支える取り組み「CEJ C-Startup Pitch 2019」で最優秀賞を受賞したことをお知らせします。



当社は「急激な医療革新を実現する」をミッションに、超聴診器の開発や、超聴診器を軸とした遠隔医療システムを開発するベンチャー企業です。この度、当社は心電・心音の同時計測技術と独自アルゴリズムによるデータ処理により、心疾患の診断をアシストする革新的な聴診器「超聴診器」をテーマに、サイバーダイン社が主催するCEJ C-Startup Pitch 2019 最優秀賞を受賞致しました。当社は今後、大学病院での臨床研究を2020年に開始し、2022年に医療機器としての承認を取得する予定です。また、CYBERDYNE社の山海社長による技術アドバイスを頂きながら、超聴診器の産業化を目指していきます。


■C-startupとは
人と社会のための革新的技術の創生、新産業創出、スタートアップ企業/アントレプレナーの支援を一体的に扱い、好循環のイノベーションスパイラルを実現させ、社会課題を解决しながら産業変革・社会変革を達成するための取り組み。サイバニクス産業創出に取り組むサイバーダイン社及び、同社とグローバル・ブレイン社、みずほ銀行の子会社であるみずほキャピタル社の3社が共同で設立したCEJキャピタル社が開催。

■AMI株式会社について
AMI株式会社は、急激な医療革新の実現を目指して、超聴診器や遠隔医療システムの研究開発を続けています。私達は、技術を極限まで高めることで、革新的な医療を世界中に届けることができると確信しています。より正確に・より多くの人に・誰もがどこにいても、質の高い医療を受けられる世界の実現を目指しています。

◎商号: AMI株式会社
◎代表者: 代表取締役 小川晋平
◎所在地: 〒867-0068 熊本県水俣市浜松町5番98号
◎設立: 2015年11月
◎事業内容:医療機器の開発・製造・販売
◎HP: https://ami-kumamoto.com/

<お問い合わせ>
TEL:0966-83-9632
FAX:0966-83-9633
E-mail:amikouhou@acute-medical-innovation.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)