医療・医薬・福祉 美容・健康

SheepMedicalは、SDGsの目標達成に向けた貢献が期待できるとし、三井住友銀行より 「SDGs推進融資」を受けました

SheepMedical株式会社
未病をキーワードに歯科矯正と予防医療のデジタルトランスフォーメーションを推進するSheepMedical株式会社は、株式会社三井住友銀行(頭取CEO:高島 誠)より「SDGs推進融資」を受けましたことをお知らせします。


“100年楽しく生きる、新しい日常の提案者"という経営ビジョンを掲げる当社は、歯科矯正事業ならびに未病をテーマとした予防医療の新規事業において、下記の貢献が期待できると判断され、SDGs推進融資が実施されました。

「SDGs推進融資」は、株式会社三井住友銀行が提供する融資商品の一つであり、融資実行に際し、株式会社三井住友銀行と株式会社日本総合研究所が、企業のSDGsに関する現在の取組状況を確認した上で、本業を通じたSDGs貢献への道すじ(ロジック)を分析し、SDGs(Sustainable Development Goals, 持続可能な開発目標)の取組推進に向けたアドバイス等を提供されるものです。


■ SDGsの目標達成に向けた貢献が期待できると評価された事業

1.歯科矯正用アライナーの製造
<評価ポイント>
アライナーの製造知識やノウハウ等をアジア現地拠点に移転することによる、質の高い歯科技工技術の普及への貢献


<詳細>
SheepMedicalでは、歯科矯正用マウスピースの製造をアジア現地拠点にて行っています。日本の優れた歯科技工ノウハウとマウスピース製造方針をベトナムにある子会社において現地の社員に伝授の上製造販売しており、また、フィリピンに子会社においても研修を開始しております。今後もアジア諸国において、1)アライナー製造者数の増加、2)ノウハウの蓄積、3)歯科矯正の普及、4) 歯科技工及び医療技術の質の向上にも寄与できるよう、事業強化を行ってまいります。

[ベトナム技工所]
当社ベトナム支社の技工所では現地社員が歯科技工技術でキャリアアップをしています

これにより、SDGsの目標3及び目標9の達成に向けた貢献が期待できると評価されました。




2. 腸内細菌検査等インナーケア事業

<評価ポイント>
未病の予防に資する製品開発による人々の健康増進への貢献


<詳細>
SheepMedicalでは、「未病の予防」をテーマとして、1)腸内細菌の検査器の製造販売、2)カスタマイズサプリ等の腸内フローラの改善につながる製品を開発・販売する等の事業活動を行っています。腸内環境改善につながる製品の利用者が増えることで、肥満率が改善し、糖尿病などの生活習慣病の予防につながり得る点が評価されました。

これにより、SDGsの目標3の達成に向けた貢献が期待できると評価されました。




■ SheepMedicalのSDGs推進

SheepMedicalでは、歯科矯正及び予防医療事業を通じ日本及び世界の社会課題を解決することで、SDGsの目標達成に貢献することを目指しております。今後も、調達や製品製造後のサプライチェーン全体をCSRに配慮したものに順次切り替えて「作りっぱなしにしない」「自社の利益のみではなく社会・環境との共存を目指す」姿勢を堅持し、グローバル全体で、社員自身が「100年楽しく生きる、新しい日常の提案者」で在るための環境整備を通じたSDGs推進とあわせ、企業が社員と共に成長し、社会と共生してゆくことを推進してまいります。

・当社のSustainability ページ: https://www.sheepmedical.com/sustainability

CSRに配慮した調達の実践の例:板橋技工所をCO2フリー電力に切り替えました



■ SheepMedicalについて https://www.sheepmedical.com/



SheepMedical社は、日本における歯科矯正用アライナー事業のリーディングカンパニーとして、「未病」をキーワードに歯科矯正と予防医療のデジタルトランスフォーメーションを推進しています。SheepMedicalは未だ世にないけれども、社会問題を解決するような健康に関するプロダクトを生み出し、世界と未来に貢献いたします。世界で最も早く高齢化が進み、また世界一健康な日本から、世界の健康寿命を伸ばす為のプロダクトを提供してまいります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)