医療・医薬・福祉 インテリア・雑貨

アイリスオーヤマ エッセンシャルワーカーにマスク計3,500枚を提供 快適な職場環境づくりをサポート

アイリスオーヤマ株式会社
 アイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長:大山 晃弘)は、安心・快適な職場環境づくりをサポートするため、医療機関や保育所などに勤務するエッセンシャル・ワーカーに「ナノエアーマスク」計3,500枚を提供しました。




 新型コロナウィルス感染拡大の中で、医療や介護の現場を支えているエッセンシャル・ワーカーは、感染対策において常に不安を抱えています。そこで当社は、日常的にマスクを着用して対面で仕事をしているエッセンシャル・ワーカーにJIS適合マスクを提供し、安心・快適な職場環境づくりを支援することを決定しました。

 その一環として、「アイリスオーヤマ マスクプロジェクト(以下、本プロジェクト)」の特設サイトにて、本プロジェクトに賛同する「マスクプロジェクト サポーター」を一般募集したところ予想以上の応募があるなど、大きな反響を得ました。

 そこで、勤労感謝の日に向けて公開する特設サイト上で、提供した「ナノエアーマスク」を職場で使用したサポーターの感想やその模様を「サポーター活動報告」として掲載します。

【特設サイト】
公開開始日:2021年11月22日(月)
URL:https://www.irisohyama.co.jp/mask/mask-project/

【サポーターの皆さま】
≪保育園≫ ナオミ愛児園
≪美容室≫ Le grand chateau
≪歯科医院≫ 医療法人社団心音会こどもの歯科
≪高校≫ 愛媛県立内子高等学校小田分校
≪デイサービス≫ りらっくす重症児デイサービスばんび

 緊急事態宣言や蔓延防止等重点措置は全面解除されていますが、引き続きマスクの着用は推奨されています。当社は今後も、生活者の不満を解決する商品開発を続けることで安心・快適なマスク生活を実現し、エッセンシャル・ワーカーの快適な職場環境づくりも支援します。

■サポーター活動報告(一部抜粋)



■アイリスオーヤマ マスクプロジェクトについて
本プロジェクトでは、「マスク生活に、もっと安心と快適を」をコンセプトに、3つのコミットメントを掲げ、多様なステークホルダー(利害関係者)とともに、世界的に長期化し、収束が見通せない新型コロナウイルス感染症による様々な社会課題解決を目指しています。

アイリスオーヤマ マスクプロジェクト 3つの宣言
1.アイリスオーヤマが生産・販売する全てのマスクでJIS適合を実現することで、日本中に安心・快適をお届けします。
2. グローバルにアイリスグループのマスクを生産・供給することで、世界中に安心・快適をお届けします。
3. 企業・団体等への支援活動を通じて、安心・快適な社会の実現に貢献します。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)