医療・医薬・福祉 その他

全国で2か所目!横浜市初のこどもホスピスが11月21日に開所します!「横浜こどもホスピス~うみとそらのおうち」

横浜市
11月21日、全国で2例目の地域コミュニティ型こどもホスピスが、横浜市金沢区に開所します!



https://childrenshospice.yokohama/index.html

横浜こどもホスピスは、療養生活を送る子どもや家族を支える地域コミュニティ型の通所施設です。令和3年11月21日(日)に横浜市金沢区に開所します。

■利用対象者
・いのちに関わる病気で治療中心の生活を送る子どもと家族
(例)小児がんで入院治療又は在宅療養中、先天性心疾患で入退院を繰り返している、進行性の筋ジストロフィーなどの神経筋疾患で長期の療養生活が必要となるなど

■コンセプト
・子どもと家族が、生き生きと過ごせる場所
・家族一緒に、子どもたちの「やりたい」「やってみたい」を叶える場所
・家族一緒に、楽しい想い出がつくれる場所

■運営主体
認定 特定非営利活動法人 横浜こどもホスピスプロジェクト(代表:田川尚登氏)
・看護師や保育士が常駐し、子どもに合わせた個別のプログラムを提供します。
・ボランティアが多く参加し、子どもと家族を支えます。
・遺贈をはじめ、多くの企業や個人からの寄附や助成金によって運営しています。

■横浜市の支援
・市有地の無償貸付(30年間)
・事業費(看護師の人件費)の一部補助(開所後5年間/年間500万円を上限)
本市は、地域との連携や交流を通じ、支援の輪を広げ、横浜こどもホスピスが地域に根差した施設になること、また、開所をきっかけに、治療中心の生活を送る子どもや家族に対する理解を進め、子どもや家族が安心して暮らせるまちづくりを目指します。

【参考】横浜こどもホスピスプロジェクトからのお知らせ

1.利用対象者
LTC※の子どもとその家族
・居住区又は治療している医療機関が横浜市内にある方を優先
・0~18歳(開設当初は0~6歳を対象とする予定)
※LTC:Life-threatening conditionsの略。英国等では、生命を脅かす疾患や病態、早期の死を免れることが困難な病気とされています。

[LTCの例]
・小児がんなど根治的治療によって治癒するかもしれないが功を奏さない可能性もある病態
・神経筋疾患など早期の死は避けられないが、延命治療による延命が得られる可能性のある病態 ・代謝性疾患や染色体異常など進行性で根治的な治療がないため、緩和ケアに限られる病態

2.利用の流れ(1日2~3家族の利用を想定しています)
1.会員登録
2.ヒアリング(子どもや家族の希望や体調を最優先に個別のプログラムを決定)
3.来所(遊びや学び、食事、入浴、休息などの個別プログラムを提供)
4.退所・ご帰宅

3.地域貢献・普及啓発活動
〇医療・福祉・教育関係者、学生、地域住民等を対象としたこどもホスピスや小児緩和ケアに関する勉強会「小児緩和ケアネットワークカンファレンス」を実施しています。
〇地域行事への参加や交流、施設でのワークショップの開催、ボランティア活動を通し て、「顔の見える関係」をつくっていきたいと考えています。
〇横浜こどもホスピスに関する情報は、URL(https://bit.ly/2ZZpsyI)からご覧いただけ ます。

https://childrenshospice.yokohama/index.html

■法人問い合わせ先(寄附・見学・取材等)
認定特定非営利活動法人 横浜こどもホスピスプロジェクト
本多 貴子
045-274-8686





開所日と同日に法人により落成式が開催されます。
●配信日:2021年11月21日(日)
●1部 落成式 10:30~(45分程度)
<代表挨拶・来賓祝辞・テープカットなど>
2部 記念イベント 13:30~(60分程度)
司会:応援アンバサダーの大和田美帆さん
<代表挨拶・スターライツによる歌・建設報告とホスピス内覧ツアー>

●視聴方法:配信日に、横浜こどもホスピスプロジェクトfacebookの ホーム画面より『ライブ配信』を選択しご視聴ください。
(URL:https://www.facebook.com/yokohama.childrens.hospice/

●参加費:無料 ※事前予約不要
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)