出版・アート・カルチャー 美容・健康

日々のやさしい養生法をつぶやくTwitterで人気! 京都・お灸堂「すきさん」が伝える、心と体の養い方150のハウツー『京都・お灸堂のほどよい養生』販売予約開始!

株式会社 学研ホールディングス
今日の体調・お悩みに合わせてページをめくり、今すぐできる東洋医学の養生法150通り

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長兼COO:南條達也)は、2021年12月16日(木)に発売予定の『すぐできて、体が整う手当てと習慣150 絵でわかる 京都・お灸堂のほどよい養生』の販売予約を開始いたしました。




■「小さいことで体は意外と変化します。養生は裏切りません」

いつもなんとなく調子が悪い、肩や腰がつらい、眠れない、若い頃に比べて疲れやすくなった、気持ちが落ち着かない。
アラフォー以降の大人が抱えやすい体と心の悩みは、何か特別なことをしなければ解決しないと思いがちです。でも、そんなことはありません。
「ふだんの積み重ねがそのしんどさを作っているわけですから、それをなんとかするカギはふだん、見過ごしてしまうようなささいなことの中にあるのです」。
そう話すのが、日々の簡単で続けやすい養生法をつぶやくTwitterが人気の鍼灸師、京都・お灸堂院長の「すきさん」。
がんばってジムに通ったり、ストイックな食事法を実践したりする必要はありません。ちょっと体を温めたり、ほぐしたり、伸びをしたり、「それだけ!?」と思うほどささいな養生で体は思った以上に楽になる。養生は裏切らないのです。
そんな養生を効かせるコツは、今の体調や心の状態、お悩みに合わせたポイントやタイミングを、ほどよく押さえていること。著者・すきさんが、京都・お灸堂のノウハウをたっぷり詰め込み、東洋医学の養生のハウツーを150通り紹介します。
よくある悩み別に、楽になる養生法を紹介。東洋医学といっても、ややこしいことは抜き。「太ももをのばす」「おなかに手を当てる」など、すぐできることばかりです。

■「気分が悪いのではなくて、体調が悪い。体を整えることで、メンタルも楽になります」

東洋医学では、心と体のつながりをかなり重要視しています。心の問題が体の不調の大きな原因であり、その逆も然り。イライラしたり、不安になったり、それは気分が悪いのではなくて、体調が悪いことの表れであると考えるのです。
この本でも、「心」を整えることを大切にしています。原因と考えられる体の問題をケアしたり、考え方に東洋医学の知恵を取り入れることから、メンタルを快適にするヒントを紹介していきます。

体のケアに、心のあり方に東洋医学を取り入れることで、心が楽になります。
本書を日々、そばに置いて気になるページをめくり、ほどよい養生を取り入れてみてください。元気でいることが、今までよりぐんと楽になります。

【著者紹介】
すきさん
鍼灸師。京都市の「お灸堂」院長。全国でも数少ないお灸と養生の専門サロンとして、県外からも多くの来院者が訪れている。施術や鍼灸指導の傍ら、すぐできて毎日続けられる心地よい養生法をTwitterで発信。メディアでも注目を集め、監修書に『きょうの灸せんせい』(秋田書店)がある。Twitter @sukikara_okyudo

[商品概要]
『すぐできて、体が整う手当てと習慣150 絵でわかる 京都・お灸堂のほどよい養生』
著:すきさん
定価:1,430円(本体 1,300 円+税10%)
発売日:2021年12月16日(木)
判型:A5 判/144ページ
電子版:あり
ISBN: 978-4-05-801735-7
発行所:(株)学研プラス
学研出版サイト:https://hon.gakken.jp/


【本書のご予約はコチラ】
Amazon  https://www.amazon.co.jp/dp/405801735X
楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/16934616/
セブンネット https://7net.omni7.jp/detail/1107248588
紀伊國屋書店 https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784058017357
honto https://honto.jp/netstore/pd-book_31298214.html
【電子版】
Kindle https://www.amazon.co.jp/dp/B09L866BFJ/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)