医療・医薬・福祉

愛知県大府市のふるさと納税返礼品に「エアウィーヴ ウェルネスモデル」が登場!

株式会社エアウィーヴ
健康長寿の一大拠点“ウェルネスバレー”形成の一助に。

 株式会社エアウィーヴ(東京都中央区、代表取締役会長兼社長:高岡 本州、以下「エアウィーヴ」)は、創業時本社を構えていた愛知県大府市のふるさと納税の返礼品として、エアウィーヴ通常商品に加え、「エアウィーヴ ウェルネスモデル」の提供を開始しました。  大府市及び東浦町では、健康・医療・介護・福祉に関する研究機関や施設が集積した「あいち健康の森とその周辺地区」を「ウェルネスバレー」と名付けています。健康・長寿に関わる企業等の誘致を進めることで「健康長寿の一大拠点」の形成を目指しています。エアウィーヴは創業時本社を構えていた大府の地の健康長寿を目指す機運の醸成に、エアウィ―ヴ ウェルネスモデルの提供を通じて貢献いたします。



エアウィーヴ ウェルネスモデル とは

 質の高い眠りを研究し続けるエアウィーヴの医療・介護用マットレス。今回愛知県大府市のふるさと納税返礼品に登場したエアウィーヴ ウェルネスモデルは下記2商品です。それぞれ幅は2種類(83cm/91cm)で展開。お使いのベッドの規格に合わせてご使用いただけます。






健康長寿の一大拠点「ウェルネスバレー」

 大府市は1987年(昭和62年)から「健康づくり都市」を宣言し、2009年(平成21年)「ウェルネスバレー基本計画」を策定しており、30年以上にわたってウェルネス推進をまちづくりの基本理念としている地域です。ウェルネスバレーは、国立長寿医療研究センターやあいち健康プラザをはじめ、健康・医療・福祉に関する施設が多数立地しており、健康長寿分野において全国でも有数の集積地となっています。
 これを受け、2019年4月にウェルネス領域に参入したエアウィーヴは、一般商品に加え「エアウィ―ヴ ウェルネスモデル」を提供することにより、大府市が積極的に進める健康都市開発の一助になればと考えております。






愛知県大府市 ふるさと納税返礼品のエアウィーヴ

 大府市では、エアウィーヴのスタンダード商品もふるさと納税返礼品の対象になっております。下記商品以外にも対象となる商品がございますので、詳しくは大府市のふるさと納税ご案内ページをご覧ください。

大府市HP ▶▶ https://www.city.obu.aichi.jp/shisei/zaisei/furusato_nozei/1003708.html


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会