医療・医薬・福祉

ヒーリングコミュニケーションデバイス かまって「ひろちゃん」 発売

ヴイストン
主としてシニア層に向けた、癒やしをもたらす新しいデバイス

ヴイストン株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:大和信夫)は、主にシニア層に向けて開発した全く新しいヒーリングコミュニケーションデバイス かまって「ひろちゃん」 を発売します。


かまって「ひろちゃん」
■主な特徴
かまって「ひろちゃん」は、赤ちゃんを“あやす”ことによって癒やしの効果が得られる、新しいヒーリングコミュニケーションデバイスです。「ひろちゃん」は、本物の赤ちゃんと同じように、様々な声で泣き笑いをすることで、機嫌の状態を表現します。ユーザーは、「ひろちゃん」を「だっこ」したり「たかいたかい」したりすることでコミュニケーションをはかり、「ひろちゃん」のご機嫌を取ることができます。

「ひろちゃん」の機嫌は、ユーザーからのお世話によって、スムーズな変化を行います。ユーザーからのアクションの結果が、「ひろちゃん」の機嫌という形でただちに確認できるため、癒やし効果の醸成に繋がります。

「ひろちゃん」は笑い声や泣き声で機嫌を表現するため、ユーザーの年齢や性別、スキルや経験に依存しない、万人に共通の認識を得ることができます。赤ちゃんを“あやす”というシンプルな操作方法と相まって、シニア世代のみならず、様々なユーザーに幅広くお使いいただけます。

本製品は、2019年12月18日(水)~12月22日(日)の間、2019国際ロボット展のヴイストン株式会社ブースにて展示いたします。小間番号:S3-07(共同出展:i-RooBO Network Forum内)。

(1) 分かりやすい反応、リアルで自然な音声
かまって「ひろちゃん」はぬいぐるみ素材でできており、内部には加速度センサーとスピーカーが搭載されています。ユーザーが「抱っこ」や「たかいたかい」などのお世話をすると、その揺れを検出し、「ひろちゃん」の機嫌が変化します。ユーザーが「ひろちゃん」に構うことで機嫌は良くなりますが、放っておくと(加速度センサーの値に変化が現れないと)、「ひろちゃん」の機嫌は悪くなり、最終的には泣き出してしまいます。


「ひろちゃん」の発する声は、実際の赤ちゃんの声を録音して製作されており、100種類以上のバリエーションを搭載しています。発話の内容は、最も機嫌がよい「笑い声」から最も機嫌が悪い「泣き声」まで、シームレスに変化するようになっています。

「たかいたかい」などに反応
(2) 愛着を持てる外観・デザイン
かまって「ひろちゃん」は、笑い声や泣き声で感情を表現するため、顔に表情があると、ユーザーでの感情の読み取りを阻害してしまう可能性があります。そのため、あえて顔がないデザインとしました。顔のデザインが決まっていないことで、ユーザーのイメージを自然に投影できるようになり、いっそう愛着が湧く効果も期待できます。製品開発時にご協力いただいた施設様でも、顔がないデザインは顔があるデザインと同様に好評であったという結果が出ています。

また、本体がぬいぐるみ素材であるため、ユーザーでのオリジナル衣服の作成・着用が容易となっています。ユーザーがそれぞれ独自の衣服を着せることで、「ひろちゃん」はさらに親近感の湧く存在となります。弊社公式Webサイトにて、かまって「ひろちゃん」の専用型紙データを公開いたします。
オリジナル衣装 作成例
(3) シンプルな操作方法、導入しやすい価格設定
かまって「ひろちゃん」は、「赤ちゃんをあやす」という極めてシンプルな操作方法で使用することができます。動きの検出には内部の加速度センサーを用いているため、“あやし方”に決まりはありません。「だっこ」や「おんぶ」、「たかいたかい」など、個々のユーザーそれぞれの方法で接することができます。(加速度センサーで検出できないほど小さな動きの場合、かまって「ひろちゃん」は機嫌が悪くなる場合があります。その際には、もう少し大きな動きであやすようにしてください)

本体には、左右の手のひらに電源ボタンと音量調節ボタンがあるのみで、様々な年齢層のユーザーに広くお使いいただけます。電源には単3アルカリ乾電池を採用し、本体背面のネジを取り外してから交換する仕様とすることで、不用意に電池が外れることを防いでいます。

かまって「ひろちゃん」は、発売時のメーカー定価を5,000円(税別)としました。個人での購入はもとより、ケアハウスなどでの導入にも適した、リーズナブルな価格設定となっています。
「あやす」だけのシンプルな操作方法
(4) 主な利用場面
かまって「ひろちゃん」は、年齢を問わず様々な方にお使いいただけますが、特にシニア世代の癒やしを求める方々や、ケアハウス、介護施設などでお使いいただけるよう配慮しています。
かまって「ひろちゃん」の開発にあたりご協力いただいた介護施設でのテストでは、施設スタッフの方などに対して反応が薄い方でも、「ひろちゃん」が泣きだすと自発的にあやし始めたり、「ひろちゃん」が笑い出すとつられて笑みを見せるといった場面も見られました。かまって「ひろちゃん」を導入いただくことで、ユーザー本人の癒やしのみならず、施設スタッフの方の労務軽減に繋がる効果も期待できます。
使用イメージ
■販売について
ヴイストン株式会社の公式 Web ショップにてご注文を受け付けます。
出荷開始は 2020 年 1 月末を予定しております。
・かまって「ひろちゃん」 / 5,000円(税別)
 製品ページ: https://www.vstone.co.jp/products/hiro/

■本体仕様
・サイズ:約W230×D170×H320 (mm)
・重量:約460g(電池搭載時)
・素材:ぬいぐるみ部分:ポリエステル、衣服:綿、内部筐体:ABS
・電源:単3アルカリ乾電池×3(別売)
    ※無操作時には3分後に自動で電源OFFとなります
・搭載センサー:3軸加速度センサー×1
・インターフェース:電源ボタン×1(左手)、音量変更ボタン×1(右手)、スピーカー×1(腹部)
・付属物:取扱説明書、衣装・パンツ(それぞれ着脱可能)
※製品の仕様は予告なく変更となる場合があります。

■開発協力
株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)
石黒浩特別研究所 存在感メディア研究グループ グループリーダー
住岡英信 様

販売サイト:https://www.vstone.co.jp/robotshop/
ヴイストン株式会社

記載されている製品名などの固有名詞は、一般に各社の商標または登録商標です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)