医療・医薬・福祉 美容・健康

【募集】トラウマ・センシティブ・マインドフルネス David Treleavern氏ウェビナー 12月5日(日)13:00

Kuu株式会社
マインドフルネスの実践中、誰かがトラウマに苦しんでいる可能性があります

マインドフルネス、ヨーガ、瞑想の実践は、私たちに、たくさんの恩恵を与えてくれる一方、マインドフルネスはとてもパワフルであり、トラウマに敏感な方には、安全に配慮した伝え方が大切になります。世界の流れにおいて、瞑想指導に関わる方はトラウマへの安全な関わり方について学ぶことが必須となってきています。 この度、トラウマ・センシティブ・マインドフルネスの第一人者であるDavid Treleavern氏をお招きしてのウェビナーを開催致します(日本語通訳あり)。




トラウマ・センシティブ・マインドフルネスは、マインドフルネスを提供する人(瞑想やヨガの先生など)や、マインドフルネスの実践や介入を行うウェルネスの専門家を対象に、トラウマに配慮したケアの最善の方法を最新の実証研究に基づいて紹介するものです。

講義や実践を通して、以下のことようなことを学びます。

・なぜ瞑想がトラウマ経験者の調節障害を引き起こすのかを理解する。
・マインドフルネスの介入を行う際に、トラウマ性ストレスの症状を認識する準備を行う。
・マインドフルネスとトラウマに関する最新の実証的研究を知り、現地で応用できる介入方法について知る。

学校や心理療法の現場では、マインドフルネスを活用する機会は増えてきています。私たちの大多数は一生のうちに大なり小なりトラウマ的な出来事を経験し、中にはPTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症する人もいます。トラウマはストレスの一種でありであり、マインドフルネスはストレスを軽減するツールとして実証されているので、マインドフルネスをトラウマに用いることは良いことのように見えますが、実際には留意すべきことがあります。

新たな研究では、マインドフルネスの介入がトラウマ生存者の助けになったり、妨げになったりすることが示唆されており、マインドフルネス教育者にとって重要な問題となっています。マインドフルネスの潜在的な危険性を最小限に抑え、同時にその強力な利点を活用するには、どのような準備が必要なのでしょうか。

今回のウェビナーは10月28日の前編に続いて行われる後編で、重要なコンセプトとなる「耐性の窓(Window of Torelance)」を中心に取り扱います。

1)日時
2021年12月5日(金)
13:00-15:00

2)場所
Zoomによるウェビナー

3)言語
英語(日本語通訳付き)

4)講師 David Treleaven氏
David博士は、マインドフルネスとトラウマの交わる領域で活動する著作家であり教育者です。また、マインドフルネスをベースとした実践、介入、プログラムにおけるケアの基準を設定することを目的としたグループであるTSM(Trauma-Sensitive Mindfulness)コミュニティの創設者であり、高い評価を得ている「Trauma-Sensitive Mindfulness」の著者でもあります。

主催
International Mindfulness Center Japan
※David氏とパートナーシップを組み、トラウマ・センシティブ・マインドフルネス・ジャパンを発足させます。

お申し込み
https://webinar-05-dec-2021-david.peatix.com/view

International Mindfulness Center Japanについて
代表:井上清子
MBCT(マインドフルネス認知療法) Certified Teacher
MBCL(マインドフルネスに基づくコンパッションのトレーニング) Certified Teacher
当センターは、国内に置ける科学的エビデンスに基づくマインドフルネスの普及のために設立されました。
https://www.mindfulness-japan.org/



提供しているサービス


マインドフルネスストレス低減法(MBSR)8週間コース
マインドフルネス認知療法(MBCT)8週間コース
マインドフルネスに基づくコンパッションのトレーニング(MBCL)8週間コース
痛みのためのマインドフルネス(MBPM)8週間コース
8週間プログラム習慣化コース
Online Mindfulness Study Group(定例の練習・勉強会)
マインドフルネスストレス低減法(MBSR)講師養成講座
トラウマ・センシティブ・マインドフルネス 12ヶ月講座


2021年11月開講コース(募集中)




詳細はHPより御覧ください。
https://www.mindfulness-japan.org/
---------------------------------------------------
連絡先
International Mindfulness Center Japan
Kuu(株) 担当:宮本
email:info@mindfulness-japan.org
LINE: https://lin.ee/rLlDvvC
https://www.mindfulness-japan.org
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)