出版・アート・カルチャー 医療・医薬・福祉

【発売】新しい時代の共生のカタチ~地域の寄り合い所 「また明日」2019 年12月19日発売。

株式会社風鳴舎
乳幼児と要介護老人が共に生きる、街の寄り合い所を追った書籍。泣いて笑えるヒューマンドキュメント。

保育所、認知症デイホーム、地域の寄り合い所、3つの機能を合わせ持つ施設「また明日」。外では要介護老人・幼児と呼ばれる人々が、自らの意思で助け合うこの家。本書では、施設の中で繰り広げられるひとつひとつのドラマを追いながら、これからの時代に必要な『共に生きられる社会』を探っていきます。


News Release                     2019年12月19日  
  株式会社風鳴舎

乳幼児と要介護老人が共に生きる、街の寄り合い所を追った書籍。
新しい時代の共生のカタチ~地域の寄り合い所 「また明日」
2019 年12月19日発売。



【概要】

本の書影
保育所、認知症デイホーム、地域の寄り合い所、3つの機能を合わせ持つ施設「また明日」。外では要介護老人・幼児と呼ばれる人々が、自らの意思で助け合うこの家。
本書では、施設の中での生活の1ページひとつひとつを追いながら、これからの時代に必要な『共に生きられる社会』を探っていきます。
介護施設職員の対応問題、保育園の待機児童問題。
『守られている人々の面倒をどう見るのか』に、沢山の人が頭を悩ませている時代。しかし、この「また明日」という施設では、全く逆の発想で人々が暮らしています。
外では要介護老人と呼ばれるお年寄りが、ここでは子どもの世話に混ざり、家では保護者に守られる子どもが、ここではお年寄りのことを気遣います。
赤ちゃんに離乳食を与える認知症のおばあちゃん
2歳の子がおばあちゃんに「どうぞ」
今日はあたしが「あーん」してあげる
施設で、何かをやるように指示をするということはありません。みんな自発的に、周りを助けているのです。
お年寄りは、周りに小さい子どもがいれば、世話をしてあげたくなる。
子どもは、歩くのが大変そうなお年寄りがいれば、手を引いてあげたくなる。
『誰かを助けたい』という気持ちは、人が誰しも持っている、自然な感情です。
助け合う関係のなかで、肩書きは意味を持たず、ただひとりの人として生きられる場所。
「また明日」は、そんな人としての自然な関係が育まれている施設なのです。

本の中では、写真付きで、「また明日」での生活の一場面一場面を追いながら、お年寄りや子どもたちの心の動きを描いています。さらに、そこから学び取れるヒントや、東大名誉教授の汐見稔幸先生(保育・教育学)と森田眞希さん(「また明日」代表)の対談も収録。
また明日での生活をヒントに、これからの社会に必要な共生の関係について考えていきます。

【また明日とは】


NPO法人 地域の寄り合い所 また明日は、認知症対応型通所介護を行うデイホームと、乳幼児の小規模保育所、そして独自の地域福祉事業である寄り合い所を運営しています。
建物はもともとはアパートの1階5戸分だったものを、全ての壁を取り払い一つの部屋にしたユニークな造り。世代を越えた交流の中で、子どもの存在がお年寄りの笑顔を引き出し、また、お年寄りが育児ママの緊張を緩める。そこにはお互いに与え合う関係があり、時には泣き、時には大笑いする穏やかな時間が流れています。「また明日」は、これからの時代の新しい共生のカタチ、地域共生社会のモデルといえるものです。

【著者紹介】
太田美由紀(おおた・みゆき)
1971年大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部卒。編集者・ライター。育児、教育、福祉を中心に、誕生から死まで「生きる」を軸に多数の雑誌・書籍に関わる。2011年よりNHK Eテレの子育て番組『すくすく子育て』の制作に携わる。 また、同年より新宿区教育委員会家庭支援課による家庭教育ワークシートプロジェクトメンバー。東京都子育て支援員、子育てコーディネーターとして子育て相談の現場でも活動。2017年より狛江市子ども・子育て会議市民委員。Forbes Japan webオフィシャルコラムニストとして「ドキュメント 教育革命の最前線から」執筆連載中。「新しい時代をつくる子育て・教育とは何か」「人間とは何か」に迫るため、取材・執筆・編集等の活動を続けている。

【報道関係者様へ】
本書を取り上げていただける場合は発行物・Web媒体・テレビ等で下記の素材をご利用いただけます。
https://drive.google.com/drive/folders/1RhsXZHeecaJHaW1wG4PbvZvRYkr-cRMg

ご利用にあたりましては、以下の点をお守りください。
・ご利用の際には、事前に必ず風鳴舎までご連絡ください。
・本書に関する報道、および本書が主題である報道においてのみ写真・動画をご利用いただけます。
・施設の利用者や運営者への否定的・批判的な報道、および本書への否定的な報道においてはご利用いただけません。
・写真の利用の際には、発行物および映像に、必ず『新しい時代の共生のカタチ~地域の寄り合い所 「また明日」より 撮影:藤田浩司』と入れてください。
・動画の利用の際には、発行物および映像に、必ず『新しい時代の共生のカタチ~地域の寄り合い所 「また明日」特設サイトより 制作:小川凜一』と入れてください。

不明点や、上記以外での利用については、お問い合わせください。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
お問合せ先:株式会社風鳴舎 http://fuumeisha.co.jp
〒 171-0021 東京都豊島区西池袋 1丁目 11 - 1メトロポリタンプラザビル14階
tel03-5963-5266 fax03-5963-5267 担当:青田 aota@fuumeisha.co.jp (090-1210-8725)
------------------------------------------------------------------------------------------------------
■「また明日」特設サイト:http://fuumeisha.co.jp/mata-asita/
■「また明日」Facebook: http://bit.do/mataashita
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)