企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

空気中に揮発した次亜塩素酸水溶液の有効塩素成分が、24時間でイヌパルボウイルス および ネコ汎白血球減少症ウイルスを99%以上抑制

パナソニック

パナソニック エコシステムズ株式会社は、食塩水を電気分解して得られる「次亜塩素酸水溶液」(※1)から揮発した有効塩素成分が、約25立方メートル(約6畳)の空間で、付着するイヌパルボウイルスおよびネコ汎白血球減少症ウイルスを24時間で99%以上抑制する効果があることを検証しました(※2)。

イヌパルボウイルスおよびネコ汎白血球減少症ウイルスは、犬・猫に対して強い感染性を持ち、感染した犬・猫は発熱、下痢、嘔吐、白血球の減少等の症状を示し、免疫が未熟な子犬・子猫では高い致死率を示します。また、一般的な消毒薬に対して抵抗性が高いことも知られています。なお、ヒトへの病原性は認められていません。

イヌパルボウイルス感染症の病原であるイヌパルボウイルスは、小型の球状粒子(径20 nm)であり、潜伏期間が数日から10日前後とされ、酸や熱にも耐性があり、一般の消毒液にも抵抗する強力なウイルスです。感染源は、既に感染しているイヌとの接触、糞便や尿、吐物内ウイルスの経口感染などが考えられます。ウイルスは胎盤を通過するため、妊娠中の母犬が感染すると、流産や死産を引き起こすという報告もあります。

ネコ汎白血球減少症ウイルスは、ネコ汎白血球減少症(ネコ伝染性腸炎とも言う)を引き起こします。潜伏期間は数日から1週間前後とされ、非常に強い感染力を持つウイルスです。感染源は、既に感染しているネコとの直接接触、嘔吐物や下痢便などが考えられます。妊娠中の母猫が感染すると、ウイルスは胎盤を通過するため、流産や死産を引き起こしたり、生まれても脳に障害が残ることもあります。

今回の試験空間約25立方メートル(約6畳)では、付着するイヌパルボウイルスおよびネコ汎白血球減少症ウイルスに対し、24時間で99%以上抑制することが実証されました(※2)。このような方式で揮発させた次亜塩素酸は、不特定のイヌ・ネコが出入りする場所での感染対策としても効果が期待されます。

※1 塩水を電気分解して得られる水溶液。
※2 製品での効果検証ではありません。

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] 空気中に揮発した次亜塩素酸水溶液の有効塩素成分が、24時間でイヌパルボウイルス および ネコ汎白血球減少症ウイルスを99%以上抑制(2019年12月24日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2019/12/jn191224-1/jn191224-1.html

<関連情報>
・パナソニック エコシステムズ株式会社
https://panasonic.co.jp/ls/pes/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)