広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

グローバル希少疾患診断業界市場調査―疾患タイプ別、特性タイプ別、製品別、エンドユーザー別、年齢層別、テストタイプ、技術別、国のデータ別、地域別:予測2022-2030年

Kenneth Research
Kenneth Researchは調査レポート「グローバル希少疾患診断業界市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」を2021年11月 02日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。 レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10151883


レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

グローバル希少疾患診断業界市場は、2022年に11憶米ドルの市場価値から2030年末までに22憶米ドルに達すると予測されます。また、2022-2030年の予測期間中に12%のCAGRで拡大すると予測されます。




[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/rare-disease-diagnostics-industry-market/10151883

希少疾患の正確でタイムリーな診断の需要は、遺伝子検査の需要を駆り立てます。現在、これらの条件を知らないことが市場の主要な課題の1つです。そのため、希少疾患や超希少疾患のさまざまな側面についての認識を高めるために、さまざまな取り組みが行われています。これには、診断および利用可能な診断方法の臨床実装に関連する課題が含まれます。

いくつかの国では、遺伝子検査のトレーニングプログラムも医療専門家向けに提供されています。これらの病気に関する情報の焦点として、すべての国が希少疾患登録を確立しています。患者の記録とデータベースは、希少疾患の分野での臨床研究において重要な役割を果たし、医療と患者ケア計画の改善に役立ちます。さらに、臨床診療データの収集と解釈における技術の進歩は、市場の発展を促進しました。マミー企業は、さまざまな人種からのデータの効果的な収集を確実にするために取り組んでいます。これは、同じ病気に苦しむ何千人もの患者の診断に役立つ可能性があります。

さらに、Centogeneなどの企業は、遺伝子検査とメタボロミクスおよびプロテオミクスを組み合わせてデータを構築しています。同社はまた、サンプル収集プロセスを簡素化するシステムを導入し、それによって希少疾患の診断における遺伝子検査の適用を促進しました。

グローバル希少疾患診断業界市場の調査レポートには、ヘルスケア業界における技術進歩の成長率に起因する可能性がある市場の成長に関する詳細な分析が含まれています。その結果、多数の健康問題の検出、予防、および治療が改善されました。一方、特に高所得国での医療への支出の増加は、市場の成長を促進している注目すべき要因です。WHO(世界保健機関)によると、低所得国での医療費は2017年の一人当たり41米ドルでした、一方で高所得国の医療費は同じ年に2,937米ドルでした。支出レベルが最も高い地域には、北米、オセアニア、西ヨーロッパが含まります。一方で、西アフリカ、中央アフリカ、東アフリカは、支出レベルが最も低い地域であり、南アジアによって牽引されています。

グローバル希少疾患診断業界市場のセグメンテーション洞察
グローバル希少疾患診断業界市場は、疾患タイプ別、特性タイプ別、製品別、エンドユーザー別、年齢層別、テストタイプ、技術別、国のデータ別、地域別などによって分割されています。レポートは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

グローバル希少疾患診断業界市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカなど地域によって分割されています。

北米は2020年の最大市場シェアの40%以上を占めました。希少疾患の高い発生率、多数の希少疾患登録、大幅の数の希少疾患の研究開発施設の存在、この地域の希少疾患と希少疾患診断への多額の投資が市場の成長を牽引しています。

病気のスクリーニングを受ける患者の数は、今後数年間で増加すると予想され、この地域の市場の成長をサポートします。アジア諸国の意識とターゲット人口の増加により、アジア太平洋地域は2022-2030年の間に最速の複合年間成長率を記録すると予想されます。中国は、医療制度から希少疾患の診断と治療に注意を向けようとしています。中国政府は、Healthy China 2030というタイトルの2030ロードマップに、公衆衛生の優先事項として希少疾患管理を含めています。

グローバル希少疾患診断業界市場は、地域に基づいてさらに区分されます。


アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
北米(米国およびカナダ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

グローバル希少疾患診断業界市場における主要企業
グローバル希少疾患診断業界市場における業界のリーダーは、23andMe Inc., 3billion, Inc., Agilent Technologies, Inc., Beijing Genomics Institute (BGI), CENTOGENE N.V., Eurofins Scientific SE, GENEWIZ, Inc., Illumina, Inc., In-Depth Genomics, Invitae Corporation, Laboratory Corporation of America Holdings, OPKO Health, PerkinElmer, Inc., Quest Diagnostics Incorporated, Travere Therapeutics, Inc.などです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。さらに、レポートは、主要なプレーヤーの収益、企業が提供する製品、およびいくつかの主要な財務指標に関する計算分析を提供します。また、企業の本社、設立年、従業員の総数、企業の概要、企業が取った事業戦略など、その他のいくつかの支援情報も市場のレポートに含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10151883

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)