ネットサービス・アプリ 美容・健康

【Feelyou】120万回を超えるアクションを集める。セルフケアが地球環境改善へつながっていくことを可視化したAct Of Kindnessにバージョンアップ

株式会社bajji
Well-being in the digital life- デジタル人生にも自分らしさを- をテーマに事業を推進している株式会社bajji(本社:東京都台東区、代表取締役:小林 慎和)は、感情日記アプリ「Feelyou」において、セルフケアが地球環境への意識につながっていくことを可視化した新コンセプト「Act Of Kindness」の導入と、同じ話題でより共感しあえるようハッシュタグ機能をリリースしました。






感情日記公開アプリFeelyou

等身大の気持ちや日々のなんでもないできごとを書くことで自分を整え、みんなで共感しあうことで思いやりの循環を作るアプリです。
2020年7月にリリース、2020年12月Google Play ベストオブ 2020「隠れた名作部門」大賞受賞し、現在は170カ国にユーザーが分布しています。



新コンセプト「Act Of Kindness」について





アプリ内での優しい行動(ありのままの気持ちをシェアした数、共感した数、コメントした数)の累積を「Act Of Kindess」とし、アプリ内でどれだけ「自他にとって優しい行動」がされているかを見える化しました。

Feelyouは、この優しい行動たちが、リアルでの自身や周囲への気遣いさらには地球環境への意識につながっていくことをコンセプトとしています。この流れを体現するために、Act Of Kindnessの数に応じて株式会社bajjiとして植樹を行っていく予定です。

2021年11月12日18時 時点では、1,240,074回の優しい行動が行われています。アプリを通じて、SDGsに関する行動変容に取り組んでいきたいと考えています。




ハッシュタグ機能でできること

これまで、アプリ内でみんなと共通の話題を見つけるには、アプリ内の「コミュニティ」ページに訪れ、コミュニティに参加することが必要でした。今後は、コミュニティに参加するフローをとらなくても、ハッシュタグを入力するだけで共通の話題を見つけることができるようになります。



ブランド紹介

Well-being in the digital life- デジタル人生にも自分らしさを-
「Feelyou(フィールユー)」は、まずは自分をケアすることが周囲への気づかいやSDGs・地球環境への配慮につながっていくという考えのもと、感情日記公開アプリ「Feelyou」、感情に合わせたオリジナル商品を提案するD2Cショップ「Feelyou Shop」を展開しています。

売上の一部は一般財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団に寄付し、財団を通して、森林を生物多様性豊かな「森らしい」姿に再生することや、人が森とともに心豊かな暮らしを育む社会を広げていくことを目指しています。

★アプリ・D2C商品ともに、2021年11月15日に新オープンした「b8ta Tokyo - Shibuya」でも体験いただけます!
「b8ta Tokyo - Shibuya」の詳細はこちらの公式プレスリリースをご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000053185.html


◆感情公開アプリFeelyou
iOS版:https://apps.apple.com/jp/app/id1514725915
Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=life.bajji.feelyou.prd

◆Feelyou Shop
https://shop.feelyou.app/



株式会社bajji 概要

会社名:株式会社bajji(バッジ)
設立:2019年4月8日
代表:小林慎和
事業内容:
・感情日記アプリ「Feelyou」の開発・運営
・セルフケアEC「Feelyou Shop」の開発・運営
・SDGメディアプラットフォーム「mySDG」の開発・運営
・ブロックチェーン技術を活用したSNS「bajji」の開発・運営
・ブロックチェーンのシステム開発受託
所在地:東京都台東区柳橋2丁目1番11号 Barq SHINSO BLDG 403
URL:https://corp.bajji.life/
お問い合わせ:info@bajji.life
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)