医療・医薬・福祉 美容・健康

20/20 GeneSystems Japan 株式会社は、AIにより一年以内にがんを発症するリスクを算出する検査=OneKENSAの普及活動を本格始動しました。

20/20 GeneSystems Japan 株式会社
がんは未然に防ぐ時代です。

20/20 GeneSystems Japan 株式会社は、AIによるがんに罹患するリスクを算出する検査=がんリスク分析システム“OneKENSA”ワンケンサの普及活動を本格的に始動しました。 日本URL|https://onekensa.com/ 米国メリーランド州ロックビルにある、本社20/20 GeneSystems, Inc.は世界中のがんによる 死亡数を削減することを大きな目標とするするデジタル診断会社です。 米国URL|https://2020gene.com/ 20/20 GeneSystems,Inc.がこの検査、OneKENSA(日本のみOneKENSA、米国はじめ、その他の国ではOneTEST)を開発し、20/20 GeneSystems Japan株式会社が日本での普及活動を担っております。 日本は先進国の中でもがん罹患数が増え続けており、日本人の死因の第一位はがんです。私たちは、日本人のがん罹患数および死亡者数を減らすことを目指しています。





 
 この検査は一年以内にがんが発症するリスクをAIにより算出できる検査です。結果、早期発見にもつながります。
早期発見が大きなカギとなるがん治療の日本の実状は、早期発見するためのがん健診がきれいに普及できていません。
 OneKENSAでがんリスクを知ることにより、がんに対する考えや、自分の人生をどのようにしたいかなど、考え直すきっかけを作る検査ともなります。
 日本は先進国の中でもがん罹患数が増え続けており、日本人の死因の第一位はがんです。私たちは、日本人のがん罹患数および死亡者数を減らすことを目指しています。

 複数の腫瘍マーカーセットを複合的にAI分析することにより、1年以内にがんになるリスクと、体のどの個所に発症するかを分析し選定する検査です。現在は23種類のがんになるリスクを一般の方を1とし10段階でリスクを判定することが可能です。加えて、もしがんが発症したら、9種類にグループ分けした臓器から最大3グループの発症確率を算出することができます。

 早期発見による治療開始と、ステージ4での発見では、5年生存率は約5倍以上下がってしまいます。がん治療はより早期発見が重要といわれております。OneKENSAは早期発見の前段階の発症前にAIにより1年以内にどのがんになるかのリスクを判定します。

 がんの発症は、発症からさかのぼること約5∼10年前に何かのきっかけがあり、遺伝子のバランスが崩れ、がん予備軍となることがわかっています。きっかけから約5∼10年間は発症するリスクが常について回ってきます。健康診断のように毎年検査することにより、1年以内に発症するリスクをビッグデータより探し当てることができるのです。企業の健康診断などで毎年検査することで、がんのリスクを判定する精度がより高まります。

 がんが発症する前に対処することができたら、ステージ0と比べても生存率は高く、がんに罹患することを防ぐことができる可能性も高くなります。実際にハイリスクが出た方が、この検査をきっかけに医療機関で詳しく検査をした結果、がんの極早期の発症を発見しました。その後の対処(生活習慣の改善や医学的な処置など)で、手術もせずにがんがなくなった事例もあります。極早期や発症前になればなるほど、対処の選択肢は増え、大きな手術などをする必要性も低くなります。この方には、がんをOneKENSAにより早期発見することができたからこのような結果を得ることができたと、実際にお喜びのお声をいただきました。

 がん患者を減らすことは、苦しむ人を減らすこと共に、今取り組むべき最重要課題の国の医療費の節減にもつながります。

 このOneKENSAは、従来からある血液腫瘍マーカーの検査結果の数値を使用するということもあり、医療機関には初期導入費用がほぼ掛からないことも普及を促す要因と考えています。ログイン環境があれば、この検査を導入することができます。(弊社担当者が、検査導入のご意思のある医療機関を事前に登録し、オペレーションの説明を行います)

 さらには、通常の採血による数値を使うことから、検査を希望される方々も特別なことをすることもなく検査を受けることができます。

 本来、腫瘍マーカー検査は、がんの発見に使用する検査ではなく、がんの診断の補助や、診断後の経過や治療の効果をみることを目的に行います。すでに広く普及している普遍的なこの検査のデータを使用することと、ビッグデータに基づく解析を行います。この検査のように普遍的な検査データに基づき解析を行う検査は、ヒューマンエラーが少なくなることが見込まれております。今後の診療現場でこのようなシステムが活かされ、主要な検査はこのようなものに変わっていくと言われております。さらには、検査を受ける人が多くなればなるほど精度は高まっていきます。追加データを収集し、OneKENSAアルゴリズムをさらに精度を高めるために、大規模なReal World Evidence(RWE)臨床試験が進行中です。

 ハイリスク判定が出た場合も、それを改善する方法は多数あります。その中でも生活習慣を変えることによる予防は世界中で取り組まれておりますが、日本では特に遅れているのが現状です。

この検査をきっかけにより適した生活習慣を取り戻す人も多く見られます。そもそも本当に大切なことを取り戻すきっかけとなる検査でもあります。

がんは未然に防ぐ時代だということは、大げさなことではないのです。
がんになるリスクを知ったとき、あなたはどうしますか?

 早期発見ががん治療の鍵です。発症する前にリスクを知ることで未然にがん罹患を防ぐことができるのです。結果として、早期発見にもつながります。
日本は先進国の中でもがん罹患数が増え続けており、日本人の死因の第一位はがんです。私たちは、日本人のがん罹患数および死亡者数を減らすことを目指し、活動を進めてまいります。


 OneKENSAをご希望の方は、医療機関へのご案内をいたします。また詳しい説明をお求めの方もお気軽にお問い合わせください。

詳しくは下記問い合わせ先までご連絡ください。

企業が毎年実施している健康診断のひとつとして実施することもご提案しております。
企業の従業員の方がこの検査を受けることで、その企業で働く方々の健康を守りたいとお想いの経営者の方々や関係者の方々も、ぜひお問い合わせください。

また医療機関の方でこの検査にご興味があり、導入や説明をご要望の方々は、下記問い合わせ先までご連絡願います。

参考論文
●Improving Multi-Tumor Biomarker Health Check-Up Tests with Machine Learning Algorithms
https://www.mdpi.com/2072-6694/12/6/1442

●Cancers Screening in an Asymptomatic Population by Using Multiple Tumour Markers
https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0158285

●Cancer screening through a multi-analyte serum biomarker panel during health check-up examinations: Results from a 12-year experience
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0009898115004131?via%3Dihub


お問い合わせ先

TEL|052-325-2661

Email|kita@onekensa.com

担当|喜多 克彦

20/20 GeneSystems Japan 株式会社

愛知県名古屋市北区平安1-7-23 GVビル5F

日本URL|https://onekensa.com/

米国URL|https://2020gene.com/

※このテストはがんに対して常に変化する体の状態を知るために開発されたがんリスク推定AIです。正確性は100%ではありません。また、他のがん検査の代わりになるものではありません。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)