医療・医薬・福祉 その他

最新医療研究が示す「AIによって人間らしさを取り戻す医療現場」

GEヘルスケア・ジャパン株式会社
アメリカとイギリスの医療従事者の約80%がAIによって燃え尽き症候群が減少し、45%患者との診療時間が増えている。

*本報道資料は、2019年12月16日(現地時間)に米国にて配信されたプレスリリースの和訳版です。 ▼米国プレスリリース https://www.businesswire.com/news/home/20191216005182/en/New-Research-AI-Catalyst-Making-Healthcare-Human


東京 – 2019年12月26日 – 人工知能(AI)は、医療現場における生産性向上を始め、患者アウトカムに至る医療システム全般に重要なメリットをもたらすものと期待されていますが、実は人間らしい医療(冷たく機械的ではなく医療従事者と患者間で心と心が通い合う医療)を取り戻すカギを握っている可能性があります。期待できる効果としては、医師が患者の診療により時間を費やすことが可能になり、また異なる診療科が相互に協力するチームを組むことで予防医療を提供できるようになるとされています。

このたびMITテクノロジー・レビュー・インサイツがGEヘルスケアと共同で行った、米英の医療従事者900人以上を対象にした新たな研究によれば、調査対象である医療従事者のおよそ半数がAIによって彼らの患者の診療時間の増加が可能になっていると返答しています。加えて、すでにAI運用を導入している医療ビジネス経営者の78%以上は、業務や運営管理の合理化の促進かつ効率化を達成しながら、AIがワークフローの改善に助力し、医療現場の未来を変革する助けになっていると返答しています。

GEヘルスケア会長兼CEOのキーラン・マーフィーは、「もし、私たちが医療現場で効果的に医療装置のすべてをコントロールすることができれば、医療業界こそ人間の生活に最も大きなメリットをAIから享受することが可能」であり、「この研究が示すように、私たちはすでに継続的に効果が出ているのを目にしており、 AIが医療システムの効率化を促進するのにとどまらず、医療従事者と患者の医療エクスペリエンスを真の意味で進化させはじめているのを目の当たりにしています。」 としています。

GEヘルスケアとMITテクノロジー・レビュー・インサイツは、今回のAIが医療従事者と患者の現状にもたらす影響の調査という研究に基づいて、AI導入の障害と将来的な機会については70%の医療機関がAI導入について納得しており、すでにAIを導入しているか、検討中であることが判明した、としています。

キーラン・マーフィーは、「今日、AIの医療に関するポテンシャルについて憶測の域を離れ、実績を追跡することができる規模でAIの導入は進んでいます。」 と言い、さらに「医療従事者が患者の予防医療を進めることにより時間を使う傾向が、医療エコシステム全般に出現していることを大変励みに感じています。ヘルスケアデータアナリティクスとAIの最前線を走る企業として、これは人工知能テクノロジーが私たちの生活にもたらすきっかけにすぎないと考えています。」と、続けました。

効率化の促進から医療ケアの変革へ
今回の調査対象中81%がAIによって競争力が高まることで、業績を改善すると見ており、また、80%はすでに収益が向上したか、今後するだろうと確信しています。さらにより注目すべきなのは、AI技術をすでに導入した施設群からは、医師の業務の中で事務仕事から患者に向けられる任務へと作業配分の再均衡化のカギを握るのがAI技術であり、結果としてより多くの時間が患者や診療科を超えた同僚との協力作業に費やされていると報告されています。

今回の調査の対象者の一部は、電子データを更新するような事務作業は1週間の仕事量の10%に上ると答えています。逆に、AIが導入されている施設からの回答は、そうでない同業者たちが報告書などに費やす事務作業時間が約66%少ないと答えています。加えて、医師の45%がAIによって患者の診療や手術に使う時間を増やすことが可能だと回答し、また半数近くはAIによってより確かな診断と予防医療にフォーカスすることができると答えています。

AIは、過去10年間ほど医療の現場や機関が直面してきた医療従事者の燃え尽き症候群増加という難題の改善に確実に役立ってきました。実際、今回の調査対象の80%がAIは障壁の除去や燃え尽き症候群を軽減するのに役立ったと答えています。これは将来に向けての改善への道を拓くものであり、AIが可能にするテクノロジーが組織全体の規模でデータ分析の改善に役立ち、診断や治療予測精度を上げ、引いては医療スタッフを事務作業の負担から解放することができるものと評価しています。また、今回の調査対象者の大半がAIは医療従事者を駆逐するのではなく、拡張を提示するものと確信していると回答しています。

その他の主な調査結果
• AIアプリケーションを使用している医師は、即効的に臨床エラーの減少を経験。
• AIを持っている医療従事者の75%が疾患治療予測の改善を経験。
• AIを持っている医療従事者の78%がAIの導入によってワークフローがすでに改善。
• AIを持っている医療従事者の60%が、事務作業よりも手術・治療により多くの時間を使うことを期待。
• AIを持っている医療従事者の68%が臨床分野よりも、スタッフとのコミュニケーションに時間を使うことで、患者ケアやプレシジョン・ヘルスから潜在的メリットがもたらされることを期待。

今回の結果に見られるように、80%近くの医療機関が、医療用画像診断機器に始まり、患者データとリスク分析に至るまでの多様な技術を含め、AIに対して今後2年以内に投資を追加する計画だと示しており、このトレンドは増加の一途を辿ると期待できます。さらにAIをすでに使用中か今後使用予定である医療機関の4分の3の割合で、今後2年以内に施設でAIアルゴリズムを開発する計画があるとされています。

調査結果と調査手法の詳細については下記リンクを参照ください。
https://www.technologyreview.com/hub/ai-effect/


GEヘルスケアについて
GEにおけるヘルスケア事業として190億ドルの売上げを誇るGEヘルスケアは、医療画像からモニタリング、バイオ製品製造、また細胞・再生治療に至るまで幅広い技術を提供するヘルスケアプロバイダーです。インテリジェント機器やデータ分析、ソフトウェア、サービスを通じて、予防から診断、治療、経過観察・予後管理までをカバーする「プレシジョン・ヘルス」の実現を目指しています。100年以上にわたる医療業界における経験と全世界で50万人以上の社員を有するGEヘルスケアは、世界中の患者や医療従事者、研究者およびライフサイエンス関連企業に対し、より良いアウトカムを効率的にお届けしています。

GEヘルスケア・ジャパン株式会社は、GEヘルスケアの中核拠点の1つとして1982年に創設されました。予防から診断、治療、経過観察・予後管理までをカバーする「プレシジョン・ヘルス」の実現を目指し、インテリジェント機器やデータ分析、ソフトウェア、サービス等を提供しています。国内に研究・開発、製造から販売、サービス部門までを持ち、日本のお客様のニーズにお応えしつつ、日本が直面する医療課題の解決に取り組んでいます。日本における社員数は約2,000名、本社および60カ所の事業拠点があります。
ホームページアドレスは http://www3.gehealthcare.co.jp/

調査方法
2019年10月、MITテクノロジー・レビュー・インサイツはGEヘルスケアと共同で、アメリカ合衆国ならびにイギリスの900人以上の医療機関で働く医療従事者を対象に質問調査票による回答調査を実施。回答者に医師、医療従事者、医療実業家や事務長などが含まれる横断的調査。

MITテクノロジー・レビュー・インサイツはMITテクノロジー・レビューのカスタム出版部門として、世界の最先端テクノロジー機構による支援をうけている世界で最長歴を誇るテクノロジー雑誌であり、先端技術や今日のビジネス問題についてのライブイベントの主催やリサーチを行っています。インサイツではアメリカや海外での定性・定量調査やアナリティクス、また記事やレポート、インフォグラフィックス、ビデオや放送を含む多岐にわたるコンテンツを出版。また、増え続けるMITテクノロジー・レビュー・グローバル・パネルを通じて、全世界のトップ企業の経営層、イノベーターやリーダーへの比類ないアクセスによりサーベイならびに掘り下げられた面接調査を可能にしています。詳しくは下記にご連絡ください。
insights@technologyreview.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)