美容・健康

産後の骨盤矯正・体型改善を夫婦で一緒に取り組める!「ペアメンテ」がいい夫婦の日キャンペーンを開催

株式会社co-nect
夫婦で一緒に運動ができる「ペアメンテ」が半額で受けられるキャンペーンを開催致します。

オンラインフィットネス「co-nect」(運営会社:株式会社co-nect、 東京都新宿区、代表取締役:中山友貴)は11/19(金)~11/30(火)の間、夫婦で運動を一緒に取り組める「ペアメンテ」の半額キャンペーンを実施


現在、日本では年間約20万件もの離婚が行われています。
これを受けてco-nectでは、夫婦の仲をより良くするための取り組みを実施します。


キャンペーン実施の背景


【日本の離婚状況】
2020年に発表された2019年の離婚件数は20万8496組でした。(注1)
2020年には少しは減少しましたが、約20万件もの離婚が行われています。
注1:https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/kakutei19/dl/15_all.pdf(厚生労働省)

年代別の離婚割合は下記の図の通りです。(注2)


注2:https://ricon-pro.com/columns/81/ (国立社会保障・人口問題研究所)

また、平成29年度に行われた裁判所の調査によると主な離婚原因としては男女ともに「性格が合わない」が群を抜いて1位でした。(注3)
注3:https://www.courts.go.jp/app/sihotokei_jp/list?page=2&filter%5Btype%5D=1&filter%5ByYear%5D=2017&filter%5ByCategory%5D=3(裁判所 司法統計)


【夫婦で一緒に運動をするメリット】
運動をすると気分が良くなったり、健康的になれる、ということをご存知の方は多いと思います。
しかし、運動はパートナーと一緒に行うことでより多くのメリットを享受できるのです。
今回は、その中でも重要な3つのメリットを紹介します。

1つ目は夫婦の関係性がよくなります。
2000年に行われた調査では、運動のような活発的な活動を一緒にしたカップルは、平凡な活動を一緒にしたカップルと比較して関係の質が向上した、という結果が出ました。
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/10707334/

2つ目は強い繋がりを感じられる、ということです。
2010年に行われた調査は、ダンスなどペアと同じ動きをする活動や運動を行った場合、お互いの魅力をさらに高め、より強い感情的つながりを感じるようになると報告しました。
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/19646328/

3つ目は運動の継続期間が上がります。
1995年に行われた調査では夫婦でジムに参加した人は1人で参加した人に比べジムでのトレーニングが多く、1年間でやめてしまう割合が少ないという結果が報告されました。
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/8775648/

以上のことから、夫婦で一緒に運動することで、健康になるだけでなく夫婦の関係も良好になることがわかります。



ペアメンテの特徴




▶︎専門トレーナーが姿勢などを診断・分析することで自分に合った運動メニューを実践できます。
▶︎夫婦の関係性を活かしたペア専用メニューで筋力差を考慮したもみほぐしメニューを実施できます。
▶︎お互いの身体へのフィードバックを通して、日常と異なる角度のコミュニケーションが生まれていきます。

男女の身体の違いを理解した専門のトレーナーが担当することで、夫婦でもお家で楽しく取り組めるメニューをご用意しております。

~参加いただいたお客様の声~
「説明がすごくわかりやすくて、ストレッチできました。夫婦で3日に一回くらい定期的にやろうと思います。 多分定期的にやっていくと相手の疲れ具合とかもわかるし、会話も増えてくると思います。携帯触ったりテレビ見たりしなくなるのでとても良い方法だと思いましたー!」(30代夫婦の声)


キャンペーン詳細

■概要
co-nectのサービス「ペアメンテ」の初回体験を通常税込10,978円のところ、半額の5,489円で受けられるサービスを実施します。

■期間
2021年11月19日(金) ~ 2021年11月30日(火)

■予約方法
こちらのURL、またはQRコードよりコネクトのLINEを追加し、トーク画面にて「ペアメンテ希望」とメッセージをお送りください。

本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)