医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

「Society 5.0」を実現する次世代医療基盤(プラットフォーム)の構築 AIブロックチェーン技術を実装した※世界初多企業連携型ヘルスケアネットワーク

メディカル・データ・ビジョン株式会社
 メディカル・データ・ビジョン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩崎 博之、以下「MDV」)は「Society 5.0 #1」を実現する為、HMV(hyper medical vision)プラットフォームを構築した。


 HMVプラットフォームは、1st から4th までの4階層の機能レイヤーと2種類のSaaS APIを(図-1)提供する。   
 ブロックチェーンを4階層へ分割しシームレスに連携することで、様々なサービスを共通のID/Passで利用し個人の分散されている健康情報を統合し、受け渡す許可や自身が間違いなく本人であることを証明する個人認証情報の一元管理及びeKYC連携 #3が可能となる。

 病院施設がHMVプラットフォームを利用している場合、世界中で攻撃を繰り返しているハッカー集団等がシステムへ侵入しコンピューターウイルス「ランサムウエア」によりカルテ情報等を暗号化し復旧と引換えに金銭を要求するような事象や震災等の有事へ対して、データ保全の役割も期待できる。

 2nd OpenID Layer (PadBlock) で提供される機能は、個々人に最も適したサービスが常に提供可能となり、自分の個人情報である医療機関での診療や検査の情報をユーザが安全に管理し様々なサービスへ許諾をリアルタイムにコントロールし利用する事が可能となる。(図-2)

図-1


図-2


Logo

 また、他事業者はこのプラットフォームのSaaS APIを利用することで多くのユーザへ対してサービス利用を促し、あたかも他のサービスが密連携しているかのように提供することが可能となる。

 1st Blockchain Layer/2nd OpenID Layer/3rd AI&Bigdata Layer/4th Application Layerの機能から構成されたHMVプラットフォームは、ヘルスケア、医療分野だけではなく他業種事業者の新規参入へ対してスピーディにアイディアに特化したサービス構築が可能となる環境を提供する。3rd AI&Bigdata Layerで提供されるAI解析機能やスマートウォッチを連携したQOL収集、分析機能等も含めて利用可能となる。
 「利用率6.8% #2」この数字は現在の日本でのオンライン診療の普及率である。
 患者のエビデンスが無い(少ない)、院内電子カルテと連携していない、対面診療へ比べてできることに限界があるなど様々な理由が原因としてあげられている。

 世界的なムーブメント「SDGs目標3 すべての人に健康と福祉を」の重要課題、健康寿命の延伸は上記のような様々な障壁があり実現性が困難というのが共通認識である。

 「2030年、37兆円」この数字は日本再興戦略が予想している国内に於けるヘルスケア産業の市場規模である。 
 「2020年、16兆円」に比べわずか10年で2.3倍以上の成長率である。
 その成長率の要素となっているのは、運動・スポーツ、栄養管理や食、生活支援などの拡大、プラスしてスマートフォン、スマートウォッチに代表されるウェアラブル端末などIoTの進化と利用拡大が市場拡大を後押しすると予想されている。

 普及の為には、個々人に適した様々なサービスが安全安心を担保され提供されることが急務である。
タイムリーに適切に幅広く提供されることで、医療機関で行われた診療や検査の情報を個人の速やかな同意/許諾のもとシームレスに関連しているサービスへ情報が連携される。このようなパーソナライズされた質の高いヘルスケアサービスの提供、パーソナライズド・ヘルスケア(PHC)の実現が「HMVプラットフォーム」で可能となる。

 AI/ブロックチェーン技術を活用した世界初多企業連携型ヘルスケアネットワークを目指している新たな試み「HMVプラットフォーム」は、様々な障壁を打ち破ることのできる「Society 5.0 #1」対応の次世代医療基盤である。

 サービスの提供開始はMDVが提供しているオンライン診療:オンラインドクターバンク、ウェラブルデバイスを使って臨床研究データおよび患者QOLデータを集め解析するサービス「コルシカ」、MDVグループの子会社である株式会社システムビィー・アルファと共同開発したクラウド型AI機能搭載の健診システム「アルファ・サルース」から順次プラットフォーム対応サービスとしてリリースする。

 2021年12月より、ヘルスケア、スポーツジム、医療法人、情報銀行等の参加を受付開始する。

#1出所:内閣府 Society 5.0:https://www8.cao.go.jp/cstp/society5_0/index.html
※世界初多企業連携型ヘルスケアネットワーク:2021年11月17日現在 当社調査
#2出所:デロイトトーマツ「オンライン診療等の認知率と利用率」:
https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/articles/news-releases/nr20210816.html
#3eKYC:electronic Know Your Customer 電子(オンライン)での本人確認

<本件に関するお問い合わせ>
企画 柳沢、平井 Mail:hmvpr@mdv.co.jp Tel:03-5283-6911(代表)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)